~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

名古屋でアムリタお茶会と、日帰り伊勢ワークお申し込みスタート

アムリタです。

毎年恒例、名古屋の石先案内人、Epona Eikoさん主催の"アムリタ祭り"は、今年はついに(?!伊勢リトリート実現の運びとなりました。
随所にAFPワークを織り交ぜながら、「周波数の高い」状態でのお伊勢参りはどんなミラクルをもたらすのでしょうか。宿泊は、鳥羽の素敵なリゾートホテル。残席1名様となっています。

が!!

名古屋からなら日帰りで行ける伊勢とあって、予定があって宿泊は無理でも日帰りなら参加できる、という方向けに、伊勢日帰りバージョンが新設され、お申し込み受付スタートしましたので、ぜひどうぞ!限定4名様となっております。


そして、前日11日には、Epona様の素敵なショールームサロンにて、お茶会開催となりました。「愛を語る」お茶会!いろんなことをお話ししましょう〜〜色〜んなことを聞いてください♡



EponaのEikoさんは、私が日本で初めてAFPの体験会を開催した、今や伝説の

AFP初体験会、記録的大雪で中止事件

の日に、名古屋から新幹線でいらしていて、中止の連絡が間に合わず、イベント中止後の必然のご参加となった、伝説の7人のお一人です!

いや〜あの日は、本当に参ったけれど、不思議なミラクル満載の日だった!

前代未聞の短時間で降り積もった大雪で、道路も電車も交通は全てストップ、イベント会場自体も閉館となってしまい、避難所のように中で過ごした数時間。

でも、この時、なんて暖かい素敵な時間を過ごしたんだろうという記憶が一番鮮明なのです。

私の初めてのAFP体験会は、「外は大雪の嵐」、でも「中は暖かくて居心地の良い」、まさにAFPで実践する子宮スペースのHOMEの意味をその場で体感するワークそのものだったのでした。
 
そんな深い思い出を共有してきたEikoちゃんとは、何と、"ご学友"!だったことも判明!
あ、学校じゃなくて、GACKTの方ですがw 

そして、私の初めてのAFP5weeks、週に1回、AFPを5週間続ける連続コースに名古屋から毎週通ってきてくださった、初めての遠方からの参加者でもあります。

こうした、数々のミラクルやシンクロを分かち合ってきた、深いご縁のEikoさんは、また、AFPによって大きく開花され素晴らしい魅力がどんどん溢れていくのも際立っていて、今では、もうベテランのAFP認定ティーチャーとして、フェミニン・プレゼンスを惜しみなく名古屋で分かち合ってらっしゃいます。

17498762_1295991367181879_8836178707948077121_n_convert_20170924113311.jpg 
AFPを続けてどんどんチャーミングになるEpona Eikoさん

彼女が、「アムリタ祭り」と称して開催してくれる年に一度の名古屋での私のワークショップも、今年で何回目になるのでしょう。

今回は、初めて、名古屋から遠征して、しかも、AFPの現実化のパワーを実感しながらの相乗効果間違いなしのお伊勢参りリトリートです。もう恒例となった「えー!」という素敵な宇宙からのサプライズやミラクル満載の予感です。とっても楽しみ!

そんなわけで、リトリート参加は無理でも、伊勢日帰りバージョンとお茶会なら参加できる!という皆様ともお会いするのを楽しみにしています❤️



アムリタ

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月3日(火)13:30-16:30 New! Facebookライブ配信講座 超初心者対象

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)

★無料メルマガ:フェミニン・プレゼンスというアート →ご登録はこちらから

0

無邪気さを取り戻す時

貴女の中の

長い長い間の

正か誤か

善か悪か

是か非か

二者択一の死闘

主導権争いが

終わった時


その後ろに隠されていた

「本来そうだった貴女」との

《感動の再会》 など ない



それはあたかも

何ごとも なかったかのよう



ただ いつも ずっと 貴女は 貴女だったこと

何も 変わってはいないこと


それは 気づきとしてすら

感じられないかもしれない



いつのまにか もっとも

自然な貴女が いることに

気づくだけ



《真の平和》が 訪れた時

私達は 歓喜にむせび泣いたりするだろうか


何かを 勝ち取ったように 感じるだろうか


おそらく 私達は

何ごともなかったかのように

ただ 在るだけだろう



何も 変わっていない


何ひとつ


それが 真実の変化の感覚



私達が

私達に 戻る だけ



(2015年4月15日のブログ記事より)


exif_temp_image_convert_20170923152943.jpg 


**********************************************
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月3日(火)13:30-16:30 New! Facebookライブ配信講座 超初心者対象

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)

★無料メルマガ:フェミニン・プレゼンスというアート →ご登録はこちらから

0

世界でただ一つの私の歌ができていくまで

アムリタです。


もうなんだか今年は色々なことがありすぎて
すごいことになっています。

これまで自分がやりたかったと思っていたこと、
やりたかったと思っていたとは思っていなかったけど
実はやりたかったとわかったこと、
やりたくない、やらないと思っていたのに
やりたくなっちゃったこと、などなどなどなど・・・

要は、自分のやりたいことが
次々、「やる」ということにおいて
実現していっているのです。


その一つが
私の曲を作ってもらうということ。


10年来の友人のシンガーソングライター、ゆきやさんの
ボーカルスクール設立後初めての生徒さん達のミニ発表会があるのですが、
そこで、何人かの人が彼にオリジナルの曲を作ってもらっていて
それを歌うのです。

もうね、私、ご存知の人も多いですが、天才が大好物なんですけど
はっきり言って、Yukiyaさんは天才です。

天才で教えるのが上手い人ってそうそういないと思うのですが、
歌を教えるもの上手です。ちょっとサイキックです。
なんでも見抜かれちゃいます。でも優しいです。


そんな彼の作る曲は、そのあたりにうようよいる、
「自称シンガーソングライター」と違って、
さすが、昔、某有名アーティストに曲を作っていたというだけあって
いや、そういう人でも、なかなかいないよね、
一度聞いたら忘れないメロディで歌を次々作れちゃう人。

子供もすぐ覚えちゃうような、幼稚園や保育園の園歌も作ってしまう人。

本当にもうどうして、そういう本物の人が
静かに裏舞台でひっそりしているんでしょうか!


とにかくですね、11月11日に、第一回発表会があるのですが、
そこで、私も、10年来の付き合いで初めて、
Yukiyaさん作曲のオリジナル曲を披露させて頂くことに!

そしてね、もうね、まあ、ホントに、もう
昨日、出来上がったという知らせを受けて、
録音してくれたものを聞いて、あまりにいい感じの曲に感動してしまって・・・

これ、どうしましょう。
本当、やばいよ、いい曲、かっこいい曲だよ〜!

あの感じの私の歌詞(元々、ポエムなので歌詞にしづらかったと思うけど)に
こんな変調するかっこいい曲付けちゃうって、
あなたは一体誰ですか?天才?奇才?鬼才?

これ、もうね、まだまだこれから作っていくんですが、って
私、間に合うんだろうかーーー

昨日、衝撃を受けた私とYukiyaさんのやりとりです。

IMG_7321_convert_20170922212920.jpg IMG_7322_convert_20170922212941.jpgIMG_7323_convert_20170922212958.jpgIMG_7324_convert_20170922213014.jpgIMG_7326_convert_20170922213029.jpgIMG_7327_convert_20170922213044.jpgIMG_7329_convert_20170922213118.jpg

そんなプロセスを綴っていこうかと思います。
Facebookの投稿と連動でね。

だって、こんなこと滅多にないよね・・・

先日の「あの人は今」のテレビ取材といい、
なんだか冥土の土産になるような経験が今年はいっぱいだー!


皆さまね、この発表会は規模は小さなもので、
場所もカラオケボックスのパーティルームなんですけどね、
マニアックな人にはたまりません、
発表会の何曲も、講師が作ったもの、プロが作ったものを
生徒が次々歌うって、そうそうないと思いませんか?!

場所がちっちゃな箱につき、出演者の身内などで結構いっぱいになりそうですが、
見に来ていただける方がいたら嬉しいです。

詳細、改めて後日にご案内しますが

11月11日(土)都内(新宿)午後の時間帯です。


0

『癒す』から『活かす』時代へ

以前からセッションなどではお伝えして来てて

ブログでも過去に何度か書いているけれど

本当に今、傷を癒す時代から、傷を活かす時代に移行しつつあると思う。

少なくとも私や私の生きる世界では。


傷を完璧に癒そうとして
治るまでは動き出せない時代は終わって

傷跡はそのままに

むしろ傷跡は 自分らしさの大事な一部だったりする。

それが古傷として 時に痛むことがあっても

慌てて それを癒さなくちゃ、と後戻りしたりする必要はない。

そんなときは 少し 休むだけ。

昔は、「いつ、どこで、誰に、何に、傷つけられたのか、なぜそうなったのか」に
ものすごく時間をかけて、見ようとしてみたり
分析してみたり
「リーディング」してみたり
「対話」してみたり
といったことに費やしていたけれど

もう一つ、

傷には、「なんのために」、という目的があるから
傷跡は残ることになっているのだ。

原因じゃなくて目的を思い出すために。


もっとも深い傷、もっとも癒しが必要だ、と感じた傷は
実は もっとも自分らしさを表している部分なのだ。

そのことに気づいたら

いや ただ そう知るだけで

今 その傷を 活かすには

その傷を持つ自分を むしろ讃えながら
前に進むのだ。


病気や怪我もそう。

これを言うと、いろんなことの逆を言うようだけど

病気も原因ばかりに焦点を当てて
治すことばかりに躍起になっていると

自分の場合も人の場合も
その病気が持つ目的が見えなくなってしまう。


治らなかった人がダメな人というラベルを貼ってしまう。

癒さなかった人は 癒えてない人というラベルを貼ってしまう。

そんなことをしていては
人間の偉大な魂の姿を 感じ取ることはできない。

完璧なる魂の計画を 讃えることができるのは
それが全て完璧だと受け入れることができた時。

いや 受け入れられなくても 完璧なのだ。


その傷を抱えて
その病気になって

どう生きていくのか

どう それを
その経験を 活かすのか

もしくは

どんな風に
勝手に それが 活かされていくのか

心配したり
干渉したり
介入したり
なんとかしようと焦ったり
あがいたり するばかりでなく


心の奥で 讃える

この全ての 完璧な仕組みを

その傷が
その病が

本人に 何かを教えるだけでなく

その周囲の 全ての人にとって
関わる 全ての人にとって

大切な意味と 役割を
果たしているということを

讃える

讃える

ただ 得る


D53A0420_convert_20170922000931.jpg 


**********************************************
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月3日(火)13:30-16:30 New! Facebookライブ配信講座 超初心者対象

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)

★無料メルマガ:フェミニン・プレゼンスというアート →ご登録はこちらから

0

「たい」は【快】!真の【欲しい】との繋がり方

9月5日発行メルマガより (AFPについての無料メルマガご登録はこちら)


 

アムリタ映蓮です。

 

AFPのワークでは、

 

「頑張らなくていい(力まなくていい)」

「受け取る」

「戦略(=Do)よりまず存在感(=Be)」

「外に放出する前に、エネルギーは内側に保持する」

「どこまで気持ち良くなれるか探求する」

「ジョイ・メーター(喜びのメーター)」

「自分の中の強い望み、Desireを感じる」

 

などを主なキーワードとして、

(他にもたくさんありますが)

自分の感じ方や、今の状態などに気づき、

自らの意思で、必要な変容を起こして行きます。

(変わらなくていいんだ、という「認識の変化」も含みます)

 

 

私がAFPと出会って、特によかったと思うことの一つは、

何においても、この「気持ち良さ」や「喜び」をバロメーターとすることが

習慣化されたこと。

 

 

それはすなわち、前は、別な習慣があったということです。

 

 

AFPに出会う前も、長年続けてきたヒーリングやセラピーのおかげで、

 

「どうするのがいいのか(=正解探しや損得勘定)」

「自分はどうすべきなのか」(=正しくあろうとする)

 

などの思考をやめて、

自分の感覚や欲求(WANT)に従って生きようとはしていたのですが、

これこそ自分の欲している「〜〜たい」だ!とはっきりしている時と

全くわからない時の差が結構ありました。

(もちろん今でもそうなる時はあります)

 

また、「あなたはどうしたいの?」と聞かれると

死ぬほど怯えていたりしました。

正解を言わなくちゃいけないという思考が自分を乗っ取ってしまったから。

 

 

そして何を基準に、どんな感覚を感じることが、

自分の本当に欲しているものだ、と言えるのか、見極められるのか、

わからなくなっていたこともありました。

 

 

そこに登場したのが、AFPとの出会いによって、

特に女性性にとって、【感じる】ということが大事であり

またそれが女性の得意技(?)でもあるということの深い理解。

 

 

それまでにもタントラのワークなどを通して

セクシュアリティの探求の中で理解はしていたつもりでしたが、

AFPでさらに、あらゆる場面で「気持ち良い」と感じることをバロメーターにすること、

日常生活のあらゆることに、身体が感じる喜び/悦びをもっと感じていい、と許可するための

エクササイズがあって、ある特定の場所や環境に左右されない、

自分の内側の体感からの、目からウロコの発見がたくさんありました。

 

 

ところが、ある日、新たに気づいたことがありました。

 

AFPのプラクティスの中に、【ハートサークル】というものがあります。

これを「欲するべき」という「べき」の発想ではなく、

自分の真の望みや強い願い、Desireに気づいて、それをグループ(サークル)で

一緒に感じてサポートする、というプラクティスです。

そこで、私も含めた参加者の、ある傾向に気づいたのです。

 

 

それは、私達日本人の言ってみれば「DNA」の中には、

この「WANT」、欲求、欲望と結びつけた罪悪感や抑圧の傾向が

非常に強くある、ということです。

 

長年の「我慢」や「忍耐」を美徳とする価値観、

「欲しがりません、勝つまでは」などに見られる、

物欲、性欲、食欲の否定・・・

 

日本人の中に植えつけられている伝統的、習慣的価値感は、

「何を望むべきか」より、そもそもの

「望む気持ち」「欲する気持ち」は持ってはいけない、

【欲】を持っていない人こそが美しい、という価値観ではないでしょうか。

 

 

 

なので、アメリカでハートサークルをやる時とは

少し違う種類の居心地の悪い沈黙がよく訪れます。

 

 

それは多くの場合、「これを感じるべき」という思考から来るというより

「本当のWANTを感じてはいけない」

「ましてや人前で表現してはいけない」という反応と

結びついているようでした。

 

 

そんな中で、私のところに降って湧いてきたインスピレーションにより

出来上がったのが、純粋な「WANT」を悦びとして感じるワーク

 

 

真の望み(WANT)を探求するハートサークルの前に、

そもそも、そのWANTを感じることを

良しとすること、なぜならそれは、気持ちが良いことだから。

特に女性にとって・・・

 

 

え?なぜ? なぜWANTを感じることが気持ち良いのでしょう?

今、現実に叶っていないから叶えたいこと、欲しいことなのだから

焦りや不安や欠乏感や、さっきの「感じてはいけない」、という

罪悪感が先に立って、とてもじゃないけど、

それを感じるのが気持ち良い、なんて思えないけど・・・?

 

というのが通常の反応ですよね?

 

 

だからこそ、望みを叶える叶えない、の前に、WANTそれ自体が

気持ち良いものであり、それを感じること自体が悦びである、という

非常に大切なことを身体で十分、体感して味わうことができるワーク

出来上がったのです。

 

 

 

そして、このワークを体験した人たちからは、

 

「まさに、これこそが女性である悦びだった!」

 

「ようやくWANTを感じるのがいけないことではなく

むしろ自分の情熱や力を湧き立たせるものだとわかった」

 

「極端に言えば、願いが叶う前に幸せになってしまう感覚だとわかった」

 

などと大絶賛。

 

目からウロコ、これを考えたアムリタは天才だ、などとまで言って頂いたのです。

 

それを、来日時のトレーニング中に日本人のWANTに対する抵抗反応に気づいた、

AFP創始者のレイチェルに伝えたところ、

「ぜひ、それをトレーニングの中でやって欲しい」、と言われ、

それ以来、ほんの触りだけですが、AFPのティーチャートレーニングの中でも

このワークを取り入れることになっています。

 

 

先日、AFP認定ティーチャー達向けに、このWANTのワークと

ハートサークルを行なったところ、やはり非常に大切なものだと皆で再認識し、

より多くの女性に早く、この悦びの感覚を取り戻して欲しいと感じました。

 

今は、WANTという、日本語にしにくいこの感覚を「〜〜たい」で表し、

【たい】のワーク、と呼んでいます。

 

食べたいっ!  欲しいっ!

 

 

今回、そのティーチャー向けのワークショップ後、

認定ティーチャーのアジャンタと話していて、

急遽、この【たい】のワークに特化したハーフデーワークショップ

行なうことにしました。

 

上記の通り、厳密には、「AFPのエクササイズ」ではありませんが、

レイチェルのお墨付きのAFPの「プレ」ワークでもあり、

私が心から声を大にして、女性の皆さんと分かち合いたいワークです

 

 

特に、自分の「〜〜たい」を感じたり表現するのが苦手、よくわからない、

という方におすすめです。

 

ピンと来た方は、きっと、目からウロコの、

その日から人生が変わると言っても大げさじゃないほど

生きていく上で、物事を選択する時の感覚の違いに気づくと思います。

 

 

 

 9月14日 13:30〜17:30 『たい』は【快】!
真の【欲しい(WANT)】との繋がり方

 https://www.facebook.com/events/1212105995559959/?ti=icl

 

日付 2017年9月14日(木)
    

時間 午後1:30〜5:30
   
 
場所 一軒家カフェ&サロンhana(JR西荻窪駅近く
   

料金 一般の方:16,000円
   AFP経験者:14,000円
   AFP認定ティーチャー:12,000円  
   
 
定員 8名限定  【残席わずか】→【満員御礼】
  

主催 菅野美和(アジャンタ:AFP認定ティーチャー)
参加ご希望の方は、菅野までFacebookメッセージか、sugano_m@nifty.com までご連絡ください。

 

 

 

こちらもぜひ!!AFPと伊勢!!

 

◆【たい】ワークで喜びと気持ち良さで満たして強く望む状態で、実現したいことを感じながら、アムリタと一緒にお伊勢参りに行きましょう!!

 10月12〜13日 AFPワークで高い周波数の状態になってお伊勢参り!アムリタ祭り in 伊勢&鳥羽 【残席わずか】



【アムリタの無料メルマガ】

☆フェミニン・プレゼンスというアート☆の購読申し込みはこちら

0

ライブ配信のお知らせ

明日(あ、もう今日)、午前10:00より約40分間、
Facebookのアムリタ映蓮のページより、お二人の素敵な女性(AFP認定ティーチャーでもある)と一緒にライブ配信をします。ぜひ見にいらしてくださいね!

3人でライブ配信というのが初めてなので、実験を兼ねています。

お見苦しいところやお聞き苦しいところなどあった場合、笑ってお見逃し頂けると幸いです。

でもでもでも〜〜うまくいきますように〜〜!

IMG_6806_convert_20170825010436.png

0

貴重な【7本松】の古民家サロンにて週末AFP!

こんにちは。アムリタです。

女性一人一人がその人らしい本質と繋がって、あっという間に魅力と存在感が増していく画期的プログラム、AFP(フェミニン・プレゼンス)の日本で初めての認定ティーチャーであり、講師養成トレーナーをしています。

さて、9月9日〜10日の週末、7月にお招き頂いて感動した長野県須坂というところにある、本当に貴重な素晴らしい古民家サロで、AFPが初めての人向けの1Dayと、AFP経験者向けの1Dayワークショップを開催させて頂きます。

事前に写真で拝見しいたよりもずっと実物のスペースや建物、お庭が素晴らしくて、なかなか訪れられない場所だけに、「場所」や「建物」に関心がある方、ぜひこの機会にいらして頂けたらなと思います。

一番ビッックリしたのは、広いお庭の中の、一つの根っこから7本の松が生えている、【7本松】という松です!! すごいパワーでした。

IMG_5807_convert_20170730185424.jpg 
7本松そのものの写真撮るの忘れたので、窓から見える7本松。大きすぎてどこから撮っても全体は入らないかもね〜
下は、7本松と一緒に写した写真。
IMG_5823_convert_20170730185537.jpg 

変な観光スポットより、よほど一見の価値がある場所です。

そういう場所で行なうAFPワークは、とても深く、効果も抜群になるのですよね。

だからこそ、私は自分から、「またここでAFPワーク続けましょう」と言って、オーガナイザーのあきこさんを驚かせてしまったほどです。

素敵なシンギングボウル奏者でもいらっしゃるオーナーの中島あきこさんの演奏も聴けるかもですよ♪

(※9/10(日)の方が、AFP初めての方対象の1Dayワークです。9/9(土)はAFP瞑想フルコース経験者対象)


**************************************************
アムリタのAFP無料メルマガ、『フェミニン・プレゼンスというアート』は、

全国各地のAFP認定ティーチャー達のスケジュールなどAFPジャパンについては


→ アムリタ映蓮公式ページ   (いいね!押してフォローして頂けると嬉しいです)



0

ハレルヤ!自分を讃えるために聴いた曲

こんにちは。アムリタです。

女性一人一人がその人らしい本質と繋がって、あっという間に魅力と存在感が増していく画期的プログラム、AFP(フェミニン・プレゼンス)の日本で初めての認定ティーチャーであり、講師養成トレーナーをしています。


ブログは久しぶりになってしまいましたが、私にとって、大きな人生の転換点となった、この2017年の8月。

いろいろなことが、点と点が線になるように繋がっていっています。

一つ、自分の中に「ないことにしていた」ものを「ある」とはっきり認めて、それを表してもいい、と決めると、面白いように関連したことが起きて、より広がっていくのが楽になる。

それがまだあるというよりも、新たに自分の側面を認めてOK にした途端に、またいつのまにか自然にそれが自分だ、という自分の「枠」になっていってしまう。でもいつのまにか、その「枠」になっていたものが気持ちよく外れていく感じ。


オットットと奄美大島に旅行に行ったのもその一つ。

奄美大島にいる間に、ライブ配信というものを通して、改めて自分に向いているもので、しかも好きなもの、得意なもので、まだまだこれからの将来に大きな可能性を持っているものだということに、ほぼ完全なイエスと言えました。それまで頭の中に響いていた「元プロだから」、とか「元プロなのに」、とか、「落伍者」、などなどの内なる審判の声がとてもか細い声になって、初めて、と言っていいほど、思い切りライブ配信でとっちらかったり自然に失敗する自分をおおらかに受け止めて楽しむことができました。

それくらい、映像、それも生放送や生中継が本当は好きだったし、向いていたからこそいい仕事もしていたよなぁと、初めて、遠い遠い昔となったテレビ局時代の過去を認めることができました。


先週金曜日は、私が「アムちゃんねる」と呼んでいる、Facebook公式ページから、とうとう(うっすらずっと、「いつかやりたい」と思い描いてきた)ゲストをオンラインで繋いで、スマホではなくパソコンとウェブカメラを使ったスタジオ形式で生配信(生放送)をすることができました。これができるまでには、上に書いたようなメンタル面もあったけど、なんせ、技術的なことが、こんなに簡単になったはずなのに、私にはとても大変なことで、でもそのおかげで、元TVカメラマンのオットットが再びカメラや照明など機材面に興味を持つきっかけとなり、いい感じでライブストリーマーとしての準備が進んでいます。

そして、私は、もうひっそりとしていないで(今までもしてなかったかもしれないけどww)、もっともっと私の伝えたい、「地味でシンプルだけど奥深い喜び」のメッセージを、その振動(バイブレーション)やエネルギーを、私が難なくできる方法、手段で、最高に軽くて明るくて面白い材料と共に、人間の素晴らしさ、この世界の美しさ、素晴らしさを発信し、伝えていきたいのです。
(そうじゃない部分、もしくはそう感じられない部分については、他の人達にお任せしますw)


そんなことが現実に可能だとはっきり実感することができたのが、先週金曜日午前中のライブ配信で、終わったあと、とても爽快な決意に満ちた状態で、「ここに来るまでの人生の道のりは、何一つ無駄じゃなかった」などと感じていました。


そしてその日の午後、以前から一度受けてみたいと思っていた、スピリチュアルメイク®️創始者でAFP認定ティーチャーでもある、Kikiさんの「スピリチュアルメイク」のグループレッスンに鎌倉へと向かったのです。

Kikiちゃん(いつも「ちゃん」付けなので、いつも通りに呼ばせてね)のスピリチュアルメイクは、女性の内面の美しさを引き出すのも当然のように素晴らしいのだけど、メイクをするという行為をそれはそれは、神聖に大切な意味と意図を持って行なうことを教えていて、女性が単に鏡と向き合って自分を美しいと認めるというようなワークではなく、自分の身体の一部である、自分の顔のパーツ一つ一つ、極端に言うとまつげや眉毛の一本一本に到るまで、それがどのような意味を持ってそこにあるのか、どのような気持ちで、どのような意図を持って、メイクという行為を施していくのか、どこまでも大切に愛情を持って扱っていくワークです。

グループレッスンでは、自分でメイクをするのでなくKikiちゃんにメイクをしてもらいながら、同時にそこからその人だけに向けたメッセージを受け取りながら、多くの場合、自分が内側に持っている感情に触れるので、せっかくしたメイクが涙で流れ落ちるようなことになりますが、それもまたプロセスの一環。

私の番になった時、椅子に座った途端に、少しチャネリング状態になっているKikiちゃんが、私の大好きな曲でもある、「ハレルヤ」を流し始めました。「これをかけなさい、って言ってるよ」と。

ハレルヤ・・・ハレルヤ・・・・ハレルヤ・・・


考える間もなく、熱いものがこみ上げてきました。

ハレルヤで真っ先に思い出すのは、アメリカの高校に行っていた時にコーラス部で歌った曲。その時のは古典的なクラシックな賛美歌のハレルヤでしたが、中でも「Praise the Lord!」という気持ち。祝福、歓喜、感謝、讃える気持ちなどが、私の大切にしたいものでもあり、本当に気持ちのいい歌でした。

その時、コーラス部では初めて、留学生(私。しかも全校生徒でたった一人のアジア人)がピアノ伴奏をしたのですが、ピアノを弾きながらフルに歌っている伴奏者は初めてだと先生や他の生徒達に驚かれ、散々褒めてもらい、1年が終わるころには、「今年もっとも活躍したミュージシャン」という賞を頂いたのでした。

学校で、成績やテストの点数ではなく、弾き語りという私の特技をそこまで「褒められる」、「讃えられる」という経験は初めてだったので、アメリカ人のその手放しに人を褒め称えるおおらかさに戸惑いながらも、とても嬉しかった初々しい思い出のある曲が、ハレルヤなのです。

スピメイクで、現代版のハレルヤがBGMで流れる中、Kikiちゃんの優しい手で頭を撫でられたり、メイクをしてもらったりしながら、Kikiちゃんの口から「ここまで来たあなた自身を讃えてください」と何度も告げられました。

「あなたは先駆者です。あなたがたくさんの時間と労力をかけて道を切り開いたからこそ、目の前にいる彼女達は、ずっと楽に早くその道を歩けるのです。お礼を言います。そんなあなたを讃えます。
あなたという女神を自分で讃えてください」

というような内容でした。

その日の朝、自分に対して思ったこととあまりにもシンクロするので、「ああ、そうだなぁ」としみじみ受け取ることができ、ポロポロ涙が溢れ続けました。


そうだよね・・・子供もいないまま、本を書くわけでもなく何かの組織を作るわけでもなく、何一つ残すものがない私の人生だと思って来たけど、よくやって来たよね。

ここまでの道のりをもう讃えてもいいよね・・・

ただここまでの道のりを受け入れて認めるだけでなく、その次のステップに進んで、もう全面的に讃えてもいいよね・・・


ハレルヤ・・・ハレルヤ・・・


優しく繰り返すメロディを聴きながら、今また再び、カメラ(スマホやウェブカムという形に変わったけど)の前に立つ決意をしてスタート地点に立っている私の、ある何かの終わりと始まりを讃えてもらっているような感慨深い気持ちになってきました。

人前に自分の姿、自分の顔をさらけ出す、しかもライブ配信/個人の生放送という無防備極まりない状況で。そのタイミングでのスピリチュアルメイク®︎のワークショップ。

自分の顔の一つ一つのパーツにかける声、自分の顔に施すメイクの新たな意味を教わったのは、もちろん、偶然などではなく、完璧な宇宙の流れに他ありません。

もう降参! サレンダーした〜!という感じでした。

最後に、今までもこれからも、あなたに嫉妬したりする人達が現れることがあるからとプロテクションのような白い模様を眉間に入れてくれたのだけど、これがまた、その意味もありがたいけど、えらく似合っていたというか、部族のシャーマンぽいっていうか、そういうメイク知ってる知ってる!、という感じでした。

さあ、ビフォア、アフター見てくださいな。AFPのワークのビフォア・アフターもとても驚くけれど、こちらもかなりビックリです。スピメイク後は、顔の輪郭まで変わっている気がしませんか。顔が細くなってる!

IMG_6735_convert_20170823201908.jpg 
(左がビフォア、右がアフター。一目瞭然!)


グループの他の方達(全員がAFPシスター)の時もそれぞれにピッタリなメイクの鍵とメッセージが素晴らしくて、このKikiちゃんをいつまでも見ていたいと思いましたよ。

女性に向ける眼差し、仕草、で、Kikiちゃんが本当に、女性がメイクで内面から美しくなっていくのが愛しいんだな、使命感に満ちてやっているんだなというのがわかり、改めて感動しました。

去年、大阪でスピメイクとAFPのコラボをさせて頂いた時とは、私自身も全く違う場所にいるので、まさにこのタイミングならではだったのですね。


しかも、その後、Kikiちゃん始め、みんなで、一色海岸でのベリーダンスのイベントに。以前からこのイベントのことは知っていたのですが、これまた、初めて今回見ることができました。

夕闇迫る美しい浜辺でのベリーダンスのイベントでは、もう一つ受け取ったメッセージ、「もっと踊りなさい」というのを、まさに直後に深く感じる場でした。これからもまた踊る機会を見つけて踊って行こう、と決意しました。

IMG_6793_convert_20170823201532.jpg 


そうしたら、すぐに翌日、お友達が鎌倉でダンスワークを始めるというお知らせが来て、しかも空いている日!速攻で参加することにしました!。

最近、本当にどうなっているんでしょうね。全てがとてもシンプルに、わかりやすく繋がって行きます。

これだって、きっとお友達は、「自分」を表すために一歩踏み出した行動だったのだと思うのです。

一歩踏み出して、他の一歩を踏み出した人達と自然に繋がっていく。

私達は、本当に、「自分を生きる」ということ以外にやるべきことは何もないのだと確信しています。

私が今、それをサポートするようなお仕事をできていること、しかも世界が求めている女性性のパワーと存在感を高めるためのことをさせて頂いているのは、これまた偶然のタイミングではないわけで、私自身も、Kikiちゃんの中に見た、覚悟、決意、使命感のようなものを内側にしっかりと感じています。

そのKikiちゃんは、AFPとスピリチュアルメイク®︎を合わせたコースも開催しています。

どうぞチェックして見てくださいね。 →スピリチュアルメイク®︎のホームページ

→ AFPジャパン公式ページ (ウェブサイト)





0

奄美で受け取った【ハートのギフト】

IMG_6296_convert_20170804204126.jpg 

アムリタです。

IMG_6309_convert_20170804203731.jpg 

素晴らしい旅となった奄美大島から昨日帰って来たのですが、入れ替わりのように大型の強い台風が
奄美地方を直撃していて、幸運だと思う反面、以前より身近になった島で出会った人達の安全を祈る自分がいます。

IMG_6190_convert_20170804204100.jpg 

そんな奄美大島であった出来事を今朝、Facebookページでライブ配信しました。

以下、Facebookページ:【アムリタ映蓮】より(いいね!して頂けたり、ライブ配信のお知らせ通知登録して頂けたら嬉しいです💕)

IMG_6407_convert_20170804203757.jpg 

IMG_6410_(1)_convert_20170804203821.jpg 

タイトル:奄美大島で受け取った【ハートのギフト】
〜目の前の現実への「反応」は、自分の内側の意識からの選択〜
前半40分は、私、アムリタが奄美大島で受け取った様々なハートのギフトのお話と、自分の状態は自分で選んでいる、という気づきのシェア。
後半、私のシェアした内容への感想とシェアコメントを、池澤良子さんが、高知県からゲストとしてライブwithに出演してくれて一緒に配信しました。とっても素敵なお話になったので、ライブ全体としては1時間ありますが、ぜひ見てほしいな〜♪
 
アムチャンネルは、また来週の金曜日午前10時から配信予定です。



ライブ配信の中に出てくる、オットットが奄美大島の海岸で拾ったハート型のサンゴのアップ画像がこちら。

IMG_6528_convert_20170804203848.jpg 
見事なハートでしょう? これ見た人にはきっとご利益あるかも?!なんて言いたくなっちゃう♪

 Facebookページ:【アムリタ映蓮】(いいね!頂けたら嬉しいです💕)
  
**************************************************************************
【参加受付中のアムリタのイベント、セミナー】
New!9月10日(日)AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)1Dayワークショップ@長野・須坂
7月に行なった1Dayワークショップが好評で、第二弾を行なうこととなりました!AFPが初めての方もリピーターの方も、基礎からフェミニンプレゼンス瞑想フルコースまで、じっくり、素敵な古民家サロンで!

New!10月12日(木)-13日(金)"アムリタ祭り" in 伊勢、鳥羽 今年はいよいよアムリタとお伊勢さんへ
毎年"アムリタ祭り"を開催してくださる名古屋のEpona様主催で、今年はいよいよアムリタのリトリートが伊勢で開催となりました。願望実現に関連したAFPのエクササイズや瞑想を深めながら、鳥羽のゴージャスなホテルに宿泊。満席後の増席となっています。今、私はこの伊勢リトリートは特にスペシャルなタイミングだと感じています。この感覚に共鳴して下さる皆様と、ぜひミラクルを創造したいと思います。お申し込みお待ちしています!



関連記事
0

HOMEに戻る女たち

1週間がたってしまいましたが、先週末、長野の須坂というところにある素敵な古民家というか邸宅(?!)での素晴らしいヒーリングスペースにて、AFP体験会と1日ワークショップ、私にとっても深い日々となりました


IMG_5811_convert_20170730185453.jpg
 
主催下さったHale Pulmeriaさんのワークショップスペースがとても心地よく、また、昔からのクライアントさんのご縁でお繋ぎ頂いての開催で、不思議な繋がりを感じながらのワークショップでした。

IMG_5828_convert_20170730200339.jpg 

そしていらしてくださった方達同士も、古くからのお友達であるかのように(実際古くからの友人同士という方達の劇的な?再会も)、AFPは初めてだという方がほとんどだったにも関わらず、自分と向き合うのもほかの人と向き合うのも、真摯に誠実に、しかも楽しく(ここ大事!)深いところへと進んでいきました。

最後には、中島あきこさんのシンギング・ボウルを味わいながら統合の時間を持つという、この上ない至福を味あわせて頂き。

IMG_5889_convert_20170730190539.jpg 

やっぱり何度やっても、AFPは素晴らしいな、本物だな、とつくづく思います。
本当にシンプルなワークで、自分のエッセンスと繋がることができて、その状態のその人は自然に、楽に輝きを増していく。自分は楽になり、人からは輝いて幸せそうに感じるし、その魅力に惹きつけられてしまうしいつのまにか周りの人もいい影響をもらっていく。これこそが、女性が自分自身を幸せにすることが世界を変えていくと言われる所以だと思います。
 
そしてそのベースとなっているのは、「HOMEに帰る」という意識。

IMG_5823_convert_20170730185537.jpg 

何も、「女は家にいろ」という古めかしいことを言っているのではなく、女性が自分の女性性エッセンスの家であるところ、HOMEを子宮スペースとして意識することで、女性性のみならず、そこがパワーセンターとしても、クリエィティビティ(創造性)のセンターとしても、活性化していくということです。

英語で、I'm home.と言うと、「ただいま」という意味でもあります。そして、「くつろぐ」という意味もあります。

女性が、外の世界に力を委ねたり、力だけでなく、自分たちの幸せや感情的な状態すらも、外のせいにしたり外の出来事や人や状況に揺さぶられ、左右され、翻弄されたりするのではなく、自分の内側に、しっかりと自分の軸、そしてくつろぐ場所、灯りがともっているあたたかい場所を持っていることがどれだけ女性自身を、そして周囲に影響を与えるか、ということを、深く理解し合ったグループでした。

合言葉は、【HOMEに戻る】

今の時代に、インターネットでこの表現と感覚がしみついているのは偶然ではないと感じます。

IMG_5868_convert_20170730190517.jpg 

1Dayワークショップが終わる頃には、私の中に、何か不思議な確信というか、WANTが生まれていて、この素敵なスペースで、この「器」(=グループ、同じメンバー)で、このエネルギーをキープしながらAFPを続けたら素晴らしいことになる、と、私自身にとっては長野で結構遠いにも関わらず、(でも長野は昔からご縁が深いところというのもあり)「続けませんか」、と提案していました。


主催のHale Pulmeriaオーナー、中島あきこさんの表現がとても素晴らしかったので、そのままご紹介させていただきますね。

IMG_5959_convert_20170730195200.jpg 


そうそう、今回、初対面のみんなにも「アムちゃん」て呼んでもらえて嬉しかったのだ〜♪

参加者の皆さんからは、

自分の笑顔の写真に👍いいね!と思った事は初めてかもしれません😊
やっぱり日常は忙しいけれど、周りの人も違って見えたので不思議です❗️アムちゃん、皆さん、私のホーム ありがとう〜(*^_^*)

アムちゃん、あきこさん、大変お世話になりました。そして、ご一緒させていただいたメンバーの皆さま、不思議なご縁でお会いすることが出来ました。サンキュ!!お陰様で1日楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。月曜から直ぐに日常のバタバタ生活に戻ってしまいしましたが、あのしっとりと落ち着いた雨の日曜日、「ホームに戻る」「コンテインする」「緩やかな動きを伴いながらの瞑想」など、折に触れ思い出しています。次回以降も楽しみにしています。

アムちゃん、あっきー、ご一緒させていただいた、親愛なる皆さま❤️
本当に素敵な時間、空間、場を、ありがとうございました🎵
あんな経験、初めてでした
ちゃんと、私には、戻る場所がある。
なんて、素敵なんでしょうね😂
大丈夫。
次回も、楽しみにしてます



みなさま、先日は濃密な時間をありがとうございました。
翌日に会った友人から、
「肌がきれいになったね。AFPのおかげ?」と言われましたよ。うふふ♡


日常では、できるだけ「ホーム」を意識しながら過ごすようにしています。
戻る場所があるの、嬉しいです。


IMG_5802_convert_20170730185357.jpg 

貴女も、この静かなる、でも確かな連鎖に繋がっていきませんか。
いま、どんな時代よりも、女性が真の意味で本質にくつろいで輝くことが求められていると思います。

AFP・フェミニンプレゼンスについては、AFPジャパンの公式ページをご覧ください。
そこから各地の認定ティーチャーのクラス開催スケジュールなどもご覧頂けます。

また、私アムリタ映蓮のAFPについては、無料メルマガにご登録ください。