~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

パート②「満ちた状態で参拝」後の感想〜伊勢リトリートその後

やはり伊勢という場所、そしてこの「満たされた」状態での参拝のインパクトはすごい。
未だに影響、効果がじわじわ感じられていて、私から発している、漏れ出している(?!)ものの勢いもすごい感じがしてます。そして内側は、とても穏やかに、でも熱くなっています。(体の内側がカーッとなるほどの熱さは、特に猿田彦神社で凄かったです。私の場合。)

そういうタイミングで行った、ということも完璧だったわけです。

引き続き、参加者の方の丁寧で素敵なご感想を、許可を頂いてご紹介します。



行って良かった!!!
まずこれが第一です。
伊勢という土地の独特の力もらあると思いますが、アムリタのオーラ、Eikoさんはじめ参加されたみなさんの力が大きいです。

最初にアムリタから『日本の神さまがいる!!』と名古屋組の私たちに声をかけられた時点で、この旅の素晴らしさが決定づけられました。
神さまって言われるなんて最上級ですもんね。

内宮。
何度か足を運びましたが、今回ほど厳かな気持ちでお詣りしたのは初めてです。
正宮の階段の下に立った時、その荘厳さに少したじろぎました。
そして、『感謝』という言葉が字として浮かび、家族や親しい友人たちの顔が次から次へ浮かんできました。
胸に迫るものを感じながら神さまに感謝の気持ちを伝えました。

夜のワークは正直とても眠かったんですが(笑)それでもあの空間で行う瞑想は、1日目の旅の総括で、ゆっくり内観する時間を持てて良かったです。 『女性は満たされることがゴールではなく、満たされてからがスタート』という言葉、これからも一女性として開花し続ける動機になる言葉でした。 2日目の旅で特に良かったこと。 海岸での瞑想です。 波の音を聞いていると、『そのままで良い』というメッセージが届いたように感じ、胸がジーンとしました。 とても深い瞑想ができてとても心地よかったです。 そして月讀宮。 ここで終わりだったのがさらに良かったですね。 最後にアムリタが『すべて完璧』と言い、偉大な神々に歓迎された旅であったことに、改めて心から感謝し感動しました

今までのは、主にお詣りやワークを中心に捉えた感想でした。 これとは別に特筆したい印象的なことが2つ。 まず、2日間ともお天気に恵まれたこと。 2日目はあれだけ雨だと言われていたのに、とうとう最後まで降らず。 そして、何より人に恵まれた2日間だっと思います。 アムリタという素晴らしいパワーとオーラを持った方の側で、そのパワーとオーラを感じながら過ごせたこと、参加された人全員が強いエネルギーを持っていて、その中で心地よく過ごせたこと、2日目にお世話になったタクシーの運転手さんがとても親切に案内してくださったこと、何より旅はどこに行くかは当然大切ですが、誰と行くか、どんな人と出会うかで、大きく意味が変わってくると思います。 今回このメンバーでの旅、忘れることのできない旅になりました。 Eikoさんお誘いいただいて、本当にありがとうございました! もちろん、食も良かったですね♫ また、個人的にお伊勢参りに行くと思いますが、上には書いてないですが猿田彦神社でとても元気で楽しい気持ちになったので、これからもここには必ず来たいなと思いました。

IMG_7903_convert_20171019130113.jpg 



伊勢が比較的近いところに住んでいて、今まで何度も行っている人達も、「今回初めて行ったかのようだった」と書いて下さっているのが新鮮。


そして、今回、この旅のタイミングが人生の大転換期そのものにあたり、二日間の間にたくさんのミラクルを通っていらしたこの方も♪

アムリタ〜💕AFPのエッセンスを実践すると見える景色も変わるし、ほんとに自分を大事にできます。満たされて受け取りました❣️リミットも枠もなーんにもない!!1月のティーチャーコース楽しみにしています。ありがとうございます。

素晴らしいことが続々起きている、幸せいっぱいのハッピー・ナビゲーター・オレナちゃんがこの旅に参加して下さってたことも、とても大きかったと思います。おめでとう、オレナちゃん❤️ 今、目が離せない人のお一人です。


IMG_7968_convert_20171019120601.jpg 

AFPのワークでは、よく「実験と実践」という言葉をよく使います。

材料や何かのきっかけなど「提案」はしても、それを実際に体験し、創造していくのはその人本人だし、人の数だけ、いや、それ以上に、色々な可能性はあるわけで。
 
結構、「教師」的な立場にある人が、「こうなるから、こうなるためにやってみなさい」という指導の仕方をすることが、特に日本では多いような気がします。それが必要な場合もあるでしょう。でも、基本的に私は、そのように結果や達成する場所を限定するのでなく、「どうなるかやってみて」というのが、一人一人の体験を重視した、そして一人一人の潜在的力と可能性を信頼している表現だと思います。

でもその【信頼を持つ】ことが、教える側、導く側に、怖かったり不安だったりする人が結構多いのですね。

それこそ、目に見えない大きなサムシンググレート、大きな大きな流れと創造の力、可能性が、「今ここ」にあると(信じている)というより、「知っている」ことが鍵だという気がします。

そこを信頼していると、「どうなるかやってみて」という投げかけが当たり前のようになります。
そして提案、提供した側が想像もつかないような反応や体験や結果が返ってくるんですね…

そのことに関して、導く側に立つ者が大きく構えていられる幅の広い奥の深い器であること、オープンで謙虚で好奇心に満ちていること、教えているつもりが教えられる、という在り方でいることが大事だと感じます。


私の中でも、まだまだ余韻が続いている伊勢。

「満ちた状態」で次なるWANTを明確にした上で「開いて受け取る」というメッセージは、思いの外大きなギフトのようです。

22405530_1513384798775867_1103554737997724676_n_convert_20171019131454.jpg 

それぞれ人生の色々な、でも恐らく完璧なタイミングを信頼してご参加くださった皆様、ありがとうございました。

そして何より、この企画を1年前からじっくり準備して来て下さり、細やか且つおおらかにオーガナイズして下さった、名古屋の石先案内人、EponaのEikoさんに心からお礼を申し上げます。今年もおかげさまで、楽しい「祭り」でした!さあ、来年はどんな感じになるのかな〜♪



さてさて!!

そんな「満ちた状態」になってから体験したらどうなるだろう、のまたまた楽しい実験と実践の企画登場です!!

美しき心理占星術師で美食家、「ご馳走セラピー」などを開催している伊藤美希子さんとのコラボレーション、【美食+AFP】の3回シリーズです。

22289917_1477021422395109_4835662104507415059_o_convert_20171019132324.jpg 

いや〜、これも期せずして、そういう繋がりがあったのか、と今、驚いている次第です。
 
「満ち足りた」状態だと、何も食べなくてもいい、とか、「満ち足りているなら」粗食や素食で十分なはず、とはよく見聞きすることですし、実際そういう状態になることは私も知っていますが、AFPの満ち足りた女性性は、どんなことでも「楽しむ」ことができる状態をももたらします。また、美しいと感じる体験に対する感度も上がっていきます。

そのような状態で、作る人がこだわりにこだわって愛を込めたご馳走の数々を味わうというのは、どんな体験になるのだろう、AFPのプラクティスで五感の感性が豊かになった状態は、どんな食の官能体験をもたらすのだろう…と、単に美味しいものを食べるという目的ではない、その奥深さにもうワクワクしっぱなしです。

食の秋、実りの秋、は、感じる秋でもあります!

美食meets AFP!

第一回目はもうすぐ!10月25日です!




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月21日(土)AFP1Dayワークショップ(川崎)【残2席】→満員御礼
10月25日(水)第1回  美食+AFP 

New!2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)
  

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)
スピリチュアル英会話個人レッスン(3回チケット、6回チケット、オンライン受講も可能です)




関連記事
0

「満ちた状態で参拝」後の感想〜伊勢リトリートその後

たくさんのインスピレーションを受け取った、「アムリタ祭り〜伊勢・鳥羽リトリート」からもう1週間経ってしまいましたが、今回のリトリートほど、ある意味、「言葉少なかった」ものはなかったかもしれません。

IMG_7979_convert_20171019120634.jpg 
大好きな写真であり、今回の旅を象徴するかのような1枚。私達以外誰もいなくなった鳥羽の夫婦岩近くの海岸で、しばし瞑想。これがとてもパワフルで、ある意味、この旅のハイライトでした。


多くを言葉で語り合ったりせず、むしろ、肝心な時は誰彼ともなく、「一人」で過ごしたりして、
自分のペースやスペースを尊重し合い、皆んなで一緒に歩いている時も、静寂、沈黙でいることも多かったのです。

もちろん、素敵なリゾートホテルでの食事や温泉といったお楽しみ部分では、通常以上にテンションも上がりw、皆んな楽しく過ごしたので、そのメリハリが際立っていたな〜と思います。

IMG_7948_convert_20171019120507.jpg 

IMG_7947_convert_20171019120449.jpg 

IMG_7957_convert_20171019120544.jpg

そのようなリトリートの過ごし方は、私自身はとても好きだし今回もそういう意図はしていたけれど、特にそれを言葉で伝えなくても自然とそんな風になっていったというのが、今回の旅の仲間がとても成熟した大人達だったからかなと思います。

旅から帰って何日も経つのに、未だにあの時受け取ったことの続きがインスピレーションの形でやってきたりして、まだ余韻が続いています。

比較的人数も多かったのに、とても静かな旅の時間でもあった、その部分が持っていたパワーの大きさは半端なかったんだなと今も感じています。



そんな中、続々と感想文が届いています。

これもまたこの旅の仲間の特徴かと思います。とても丁寧に受け取ったことを、丁寧に表してくれて。今でもこの旅の仲間でよかったんだな〜とこれもまたしみじみ感じています。


今回、特に「満ちた状態でお参りしてみる」という「実験」をしてみましょう、という提案をしたこともあり、(一つ前の記事、「『満たされた』はゴールではなく出発点〜女性性のパワースポット化」、参照)それが実際にどうだったのか、あまり具体的には聞かずに終了していたので、届いた感想を見てびっくりするほど皆さんが色々体験していらしたのだとわかって、これまた感動しています。

IMG_7921_convert_20171016005439.jpg 


以下、許可を頂いてご紹介させて頂きます。

女友達と旅行に行くという経験が皆無の私には 参加すると決めた後でも多少の後悔が そんな時 見た夢や名古屋駅待ち合わせた名古屋組の3人に助けられ 行きの電車の中では後悔なんてなくなってた。

初めて会う アムリタさんや参加者の方 多少の緊張はあったけれど 以前の私よりも自然でいられたような気がする。 アムリタは 見ているだけで happyな楽しい気持ちになれる 自分のエネルギーが湧いてくる感じになりますねo(^▽^)o❤️

神社を回っている時は こんなの初めて⁉️がたくさんあって
場を共にするエネルギーって すごく大事なんだなって 一緒に行動する人  
えいこさんが行ってたように 神社だけではないよって ホントにそうですね。
ホテルはすごく綺麗だし 食事も美味しくて

アムリタと瞑想してる時は眠くて眠くて 半分寝てたのが ちょっと残念だけど😅  
みんなとお風呂に入ったのも 私にとってはすごい事で自分に🙆なのです  
上手く表現出来ないけれど 今回はすごく自然でいられて 私は私でいいって  
これが 神さまから 一緒に参加したメンバーから 与えてくれた事かなぁと だから 素直に受け取ろう
そんな風に思って 満たされた気持ちで過ごしています。🌟

トゥーリーディング 面白かったです。直ぐ変化が現れて 不思議~ ~ 楽しかった(^^)
えいこさんも 2日間 お疲れ様でした。 参加して 良かったです。

IMG_7920_convert_20171019122522.jpg 



私にとっては満たされた状態でいることで「全ては完璧」「自分の感覚でいいんだ」を腑に落とすことになった旅になりました。
ひしひしと喜びを感じています。 これぞアムリタ祭り!と言いたくなるミラクル、面白い現象も楽しませて頂きました。 「満たされた状態でお詣りする」を実験、実践することによる全員の周波数の高さも感じました。 そのおかげもあり、素敵なオトナ女子の皆さまと楽しみながら、自分のスペースも大切にして、終始心地良く過ごすことができました。 この感覚は貴重なギフトだと思っています。 会員制ホテルの宿泊、お食事もゴージャスで素晴らしかったです。 アムリタ祭り 伊勢・鳥羽  
サイコー!参加して良かったです(^^)♫

IMG_7927_convert_20171019122549.jpg 


この数年、毎年のように伊勢に行っています。たぶん10回近く。なのに、今回は初めて行ったような新鮮な感覚でした。アムリタさんが「満たされた感覚を持って」と言われたからでしょうか、全てに祝福されているような…気持ちとブレない気持ちが湧いてきました。
誰から何を言われても、どう見られても気にしないというか自分に安心できた気がします。 有っても無くても豊か。自分の道を歩きなさい。 そんなメッセージを頂いたような気がしました。 翌日、しっくり来ないままにお手伝いを続けている仕事先へ。別になんてこと無い話をしていたはずなのに、今まで言えなかった会社に対する思いがスラスラと出てきて、「私はここでは続けていけない」とハッキリ言うことができました。 そして、日曜日には中途半端にしていた部屋の掃除をしました。入らないものを全部出して捨てて、キレイにして居場所を作ったら部屋も自分と一緒だったことに気がつきました。捨てられなかったものがいっぱい溜まって、どうしたらいいかわからなかった。
今年に入ってからのいろいろなメッセージが伊勢で完結しました。全部捨てて正解だった! 変わることを恐れずに、前に進んでいきます。 まとまりのない、長文になってすみません。 アムリタさん、ご一緒した皆さんに感謝します。 
またお会いできることを楽しみにしています。

22365724_1513263242121356_2814020510057939049_n_convert_20171019120724.jpg 


皆さま、そんなに色々なことが起きていたのですね…シェアして下さって本当にありがとうございます。ご感想、次の記事に続きます。




*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月21日(土)AFP1Dayワークショップ(川崎)【残2席】→満員御礼
10月25日(水)第1回  美食+AFP 

New!2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)
  

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)
スピリチュアル英会話個人レッスン(3回チケット、6回チケット、オンライン受講も可能です)


関連記事
0

あとお一人、伊勢にご一緒しませんか?

満員御礼となりました。ありがとうございました。


10/5配信・メルマガ【フェミニンプレゼンスというアート】より →無料メルマガ登録はこちら



アムリタ映蓮です。

 

今日はシンプルに、ご案内です。

 

あと1週間となりました。私、アムリタと行く伊勢、1泊2日!

 

まだ最後のお一人さまの席があるのでご連絡しています。

 

迷ってらっしゃる方、これを見てピンと来た方、どうぞこちらからお申し込みください!


 10/12-13 アムリタ祭り in 伊勢&鳥羽  満員御礼

 

 

伊勢と私について、今朝ほどのFacebookへの投稿記事より:

 

 

もう20年ほど前でしょうか。
 
それまで何か「メッセージ」的なものを
自分の感覚を伴って「受け取った」
という体験は皆無だった私。
 
 
いわゆる「神社・仏閣」にあまり興味がなく,
むしろ「なぜ」、「人間」は、「そこ」に
「それ」を建てたのか、つまり、
元々のその「場所」のエネルギーにだけ興味のあった私。
 
   
その私が、伊勢に行った時
初めて、建てられた「建造物」からの
ものすごいパワーを感じ、
はっきりと、
「神社」の中から、そして境内の中で
「メッセージを受け取る」、という体験をしました。
 
  
一つが、言葉に表すのが難しい、
「女性性」というような「感覚」であり
そのエネルギーで、私は涙しました。
 
  
もう一つは
今でも、ちょっぴり謎ですが、
あるシンボルが送られてきました。
 
   
その後その「意味」はなんとなく判明しましたが、
なぜ、「そこ」でそれを受け取ったのか、
今回伊勢に行くタイミングで
今になってはっきりする感じがしています。
 
 
  
それぞれ
 
月読宮 と
 
 
 
猿田彦神社 でした。
 
  
  
こんなことをこんな感じで書くのも
すごく久しぶりな気がします。
 
  
それくらい、今回伊勢に行くタイミングは
絶妙な、完璧なものなのでしょう。
  
 
というか、いつもタイミングは完璧ですが。
 
 
また、今回、鳥羽の素敵なホテルに宿泊するにあたり
ずっと今まで行きたくても機会のなかった、
夫婦岩にも「呼ばれて」います。
 
そういえば、その日は、私、結婚記念日です。
 
 
この完璧なタイミングを共有、共鳴、共振する旅のお仲間が
あとお一人、いらっしゃる気がします。
 
 
いわゆる「呼ばれている」時に
行くことになる場所。
 
伊勢・鳥羽1泊リトリートは、来週になりました。
 
残席1名様。
 
日帰り参加は、あと3名ほど可能だそうです。
 
 
なんだかいつもと違う、すっきりと、
しゃんとした面持ちでお待ちしています。
 
 
あ、そうそう。
なぜか、伊勢に行く前に京都に、と思いつき、
私は京都、鞍馬山、貴船神社経由で参ります。
 
 
きゃー、ほんと、こんな感じになるの久しぶりだわ〜何が起こるのか、めちゃ楽しみです。 
 

 

 

 

 

 10/11 アムリタ映蓮さんを迎えて、愛を語るお茶会♪【残席1】

 10/12 アムリタ祭り in 伊勢★日帰りバージョン 【残席3】

 10/12-13 アムリタ祭り in 伊勢&鳥羽 【残席 1】 満員御礼

❁❁10/21(土)AFP瞑想を含めたベーシックを体験するならこれです!アムリタのAFPフェミニン・プレゼンス1Dayワークショップ(川崎)

関連記事
0

名古屋でアムリタお茶会と、日帰り伊勢ワークお申し込みスタート

アムリタです。

毎年恒例、名古屋の石先案内人、Epona Eikoさん主催の"アムリタ祭り"は、今年はついに(?!伊勢リトリート実現の運びとなりました。
随所にAFPワークを織り交ぜながら、「周波数の高い」状態でのお伊勢参りはどんなミラクルをもたらすのでしょうか。宿泊は、鳥羽の素敵なリゾートホテル。残席1名様となっています。

が!!

名古屋からなら日帰りで行ける伊勢とあって、予定があって宿泊は無理でも日帰りなら参加できる、という方向けに、伊勢日帰りバージョンが新設され、お申し込み受付スタートしましたので、ぜひどうぞ!限定4名様となっております。


そして、前日11日には、Epona様の素敵なショールームサロンにて、お茶会開催となりました。「愛を語る」お茶会!いろんなことをお話ししましょう〜〜色〜んなことを聞いてください♡



EponaのEikoさんは、私が日本で初めてAFPの体験会を開催した、今や伝説の

AFP初体験会、記録的大雪で中止事件

の日に、名古屋から新幹線でいらしていて、中止の連絡が間に合わず、イベント中止後の必然のご参加となった、伝説の7人のお一人です!

いや〜あの日は、本当に参ったけれど、不思議なミラクル満載の日だった!

前代未聞の短時間で降り積もった大雪で、道路も電車も交通は全てストップ、イベント会場自体も閉館となってしまい、避難所のように中で過ごした数時間。

でも、この時、なんて暖かい素敵な時間を過ごしたんだろうという記憶が一番鮮明なのです。

私の初めてのAFP体験会は、「外は大雪の嵐」、でも「中は暖かくて居心地の良い」、まさにAFPで実践する子宮スペースのHOMEの意味をその場で体感するワークそのものだったのでした。
 
そんな深い思い出を共有してきたEikoちゃんとは、何と、"ご学友"!だったことも判明!
あ、学校じゃなくて、GACKTの方ですがw 

そして、私の初めてのAFP5weeks、週に1回、AFPを5週間続ける連続コースに名古屋から毎週通ってきてくださった、初めての遠方からの参加者でもあります。

こうした、数々のミラクルやシンクロを分かち合ってきた、深いご縁のEikoさんは、また、AFPによって大きく開花され素晴らしい魅力がどんどん溢れていくのも際立っていて、今では、もうベテランのAFP認定ティーチャーとして、フェミニン・プレゼンスを惜しみなく名古屋で分かち合ってらっしゃいます。

17498762_1295991367181879_8836178707948077121_n_convert_20170924113311.jpg 
AFPを続けてどんどんチャーミングになるEpona Eikoさん

彼女が、「アムリタ祭り」と称して開催してくれる年に一度の名古屋での私のワークショップも、今年で何回目になるのでしょう。

今回は、初めて、名古屋から遠征して、しかも、AFPの現実化のパワーを実感しながらの相乗効果間違いなしのお伊勢参りリトリートです。もう恒例となった「えー!」という素敵な宇宙からのサプライズやミラクル満載の予感です。とっても楽しみ!

そんなわけで、リトリート参加は無理でも、伊勢日帰りバージョンとお茶会なら参加できる!という皆様ともお会いするのを楽しみにしています❤️



アムリタ

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月3日(火)13:30-16:30 New! Facebookライブ配信講座 超初心者対象

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)

★無料メルマガ:フェミニン・プレゼンスというアート →ご登録はこちらから

関連記事
0

「たい」は【快】!真の【欲しい】との繋がり方

9月5日発行メルマガより (AFPについての無料メルマガご登録はこちら)


 

アムリタ映蓮です。

 

AFPのワークでは、

 

「頑張らなくていい(力まなくていい)」

「受け取る」

「戦略(=Do)よりまず存在感(=Be)」

「外に放出する前に、エネルギーは内側に保持する」

「どこまで気持ち良くなれるか探求する」

「ジョイ・メーター(喜びのメーター)」

「自分の中の強い望み、Desireを感じる」

 

などを主なキーワードとして、

(他にもたくさんありますが)

自分の感じ方や、今の状態などに気づき、

自らの意思で、必要な変容を起こして行きます。

(変わらなくていいんだ、という「認識の変化」も含みます)

 

 

私がAFPと出会って、特によかったと思うことの一つは、

何においても、この「気持ち良さ」や「喜び」をバロメーターとすることが

習慣化されたこと。

 

 

それはすなわち、前は、別な習慣があったということです。

 

 

AFPに出会う前も、長年続けてきたヒーリングやセラピーのおかげで、

 

「どうするのがいいのか(=正解探しや損得勘定)」

「自分はどうすべきなのか」(=正しくあろうとする)

 

などの思考をやめて、

自分の感覚や欲求(WANT)に従って生きようとはしていたのですが、

これこそ自分の欲している「〜〜たい」だ!とはっきりしている時と

全くわからない時の差が結構ありました。

(もちろん今でもそうなる時はあります)

 

また、「あなたはどうしたいの?」と聞かれると

死ぬほど怯えていたりしました。

正解を言わなくちゃいけないという思考が自分を乗っ取ってしまったから。

 

 

そして何を基準に、どんな感覚を感じることが、

自分の本当に欲しているものだ、と言えるのか、見極められるのか、

わからなくなっていたこともありました。

 

 

そこに登場したのが、AFPとの出会いによって、

特に女性性にとって、【感じる】ということが大事であり

またそれが女性の得意技(?)でもあるということの深い理解。

 

 

それまでにもタントラのワークなどを通して

セクシュアリティの探求の中で理解はしていたつもりでしたが、

AFPでさらに、あらゆる場面で「気持ち良い」と感じることをバロメーターにすること、

日常生活のあらゆることに、身体が感じる喜び/悦びをもっと感じていい、と許可するための

エクササイズがあって、ある特定の場所や環境に左右されない、

自分の内側の体感からの、目からウロコの発見がたくさんありました。

 

 

ところが、ある日、新たに気づいたことがありました。

 

AFPのプラクティスの中に、【ハートサークル】というものがあります。

これを「欲するべき」という「べき」の発想ではなく、

自分の真の望みや強い願い、Desireに気づいて、それをグループ(サークル)で

一緒に感じてサポートする、というプラクティスです。

そこで、私も含めた参加者の、ある傾向に気づいたのです。

 

 

それは、私達日本人の言ってみれば「DNA」の中には、

この「WANT」、欲求、欲望と結びつけた罪悪感や抑圧の傾向が

非常に強くある、ということです。

 

長年の「我慢」や「忍耐」を美徳とする価値観、

「欲しがりません、勝つまでは」などに見られる、

物欲、性欲、食欲の否定・・・

 

日本人の中に植えつけられている伝統的、習慣的価値感は、

「何を望むべきか」より、そもそもの

「望む気持ち」「欲する気持ち」は持ってはいけない、

【欲】を持っていない人こそが美しい、という価値観ではないでしょうか。

 

 

 

なので、アメリカでハートサークルをやる時とは

少し違う種類の居心地の悪い沈黙がよく訪れます。

 

 

それは多くの場合、「これを感じるべき」という思考から来るというより

「本当のWANTを感じてはいけない」

「ましてや人前で表現してはいけない」という反応と

結びついているようでした。

 

 

そんな中で、私のところに降って湧いてきたインスピレーションにより

出来上がったのが、純粋な「WANT」を悦びとして感じるワーク

 

 

真の望み(WANT)を探求するハートサークルの前に、

そもそも、そのWANTを感じることを

良しとすること、なぜならそれは、気持ちが良いことだから。

特に女性にとって・・・

 

 

え?なぜ? なぜWANTを感じることが気持ち良いのでしょう?

今、現実に叶っていないから叶えたいこと、欲しいことなのだから

焦りや不安や欠乏感や、さっきの「感じてはいけない」、という

罪悪感が先に立って、とてもじゃないけど、

それを感じるのが気持ち良い、なんて思えないけど・・・?

 

というのが通常の反応ですよね?

 

 

だからこそ、望みを叶える叶えない、の前に、WANTそれ自体が

気持ち良いものであり、それを感じること自体が悦びである、という

非常に大切なことを身体で十分、体感して味わうことができるワーク

出来上がったのです。

 

 

 

そして、このワークを体験した人たちからは、

 

「まさに、これこそが女性である悦びだった!」

 

「ようやくWANTを感じるのがいけないことではなく

むしろ自分の情熱や力を湧き立たせるものだとわかった」

 

「極端に言えば、願いが叶う前に幸せになってしまう感覚だとわかった」

 

などと大絶賛。

 

目からウロコ、これを考えたアムリタは天才だ、などとまで言って頂いたのです。

 

それを、来日時のトレーニング中に日本人のWANTに対する抵抗反応に気づいた、

AFP創始者のレイチェルに伝えたところ、

「ぜひ、それをトレーニングの中でやって欲しい」、と言われ、

それ以来、ほんの触りだけですが、AFPのティーチャートレーニングの中でも

このワークを取り入れることになっています。

 

 

先日、AFP認定ティーチャー達向けに、このWANTのワークと

ハートサークルを行なったところ、やはり非常に大切なものだと皆で再認識し、

より多くの女性に早く、この悦びの感覚を取り戻して欲しいと感じました。

 

今は、WANTという、日本語にしにくいこの感覚を「〜〜たい」で表し、

【たい】のワーク、と呼んでいます。

 

食べたいっ!  欲しいっ!

 

 

今回、そのティーチャー向けのワークショップ後、

認定ティーチャーのアジャンタと話していて、

急遽、この【たい】のワークに特化したハーフデーワークショップ

行なうことにしました。

 

上記の通り、厳密には、「AFPのエクササイズ」ではありませんが、

レイチェルのお墨付きのAFPの「プレ」ワークでもあり、

私が心から声を大にして、女性の皆さんと分かち合いたいワークです

 

 

特に、自分の「〜〜たい」を感じたり表現するのが苦手、よくわからない、

という方におすすめです。

 

ピンと来た方は、きっと、目からウロコの、

その日から人生が変わると言っても大げさじゃないほど

生きていく上で、物事を選択する時の感覚の違いに気づくと思います。

 

 

 

 9月14日 13:30〜17:30 『たい』は【快】!
真の【欲しい(WANT)】との繋がり方

 https://www.facebook.com/events/1212105995559959/?ti=icl

 

日付 2017年9月14日(木)
    

時間 午後1:30〜5:30
   
 
場所 一軒家カフェ&サロンhana(JR西荻窪駅近く
   

料金 一般の方:16,000円
   AFP経験者:14,000円
   AFP認定ティーチャー:12,000円  
   
 
定員 8名限定  【残席わずか】→【満員御礼】
  

主催 菅野美和(アジャンタ:AFP認定ティーチャー)
参加ご希望の方は、菅野までFacebookメッセージか、sugano_m@nifty.com までご連絡ください。

 

 

 

こちらもぜひ!!AFPと伊勢!!

 

◆【たい】ワークで喜びと気持ち良さで満たして強く望む状態で、実現したいことを感じながら、アムリタと一緒にお伊勢参りに行きましょう!!

 10月12〜13日 AFPワークで高い周波数の状態になってお伊勢参り!アムリタ祭り in 伊勢&鳥羽 【残席わずか】



【アムリタの無料メルマガ】

☆フェミニン・プレゼンスというアート☆の購読申し込みはこちら

関連記事
0

HOMEに戻る女たち

1週間がたってしまいましたが、先週末、長野の須坂というところにある素敵な古民家というか邸宅(?!)での素晴らしいヒーリングスペースにて、AFP体験会と1日ワークショップ、私にとっても深い日々となりました


IMG_5811_convert_20170730185453.jpg
 
主催下さったHale Pulmeriaさんのワークショップスペースがとても心地よく、また、昔からのクライアントさんのご縁でお繋ぎ頂いての開催で、不思議な繋がりを感じながらのワークショップでした。

IMG_5828_convert_20170730200339.jpg 

そしていらしてくださった方達同士も、古くからのお友達であるかのように(実際古くからの友人同士という方達の劇的な?再会も)、AFPは初めてだという方がほとんどだったにも関わらず、自分と向き合うのもほかの人と向き合うのも、真摯に誠実に、しかも楽しく(ここ大事!)深いところへと進んでいきました。

最後には、中島あきこさんのシンギング・ボウルを味わいながら統合の時間を持つという、この上ない至福を味あわせて頂き。

IMG_5889_convert_20170730190539.jpg 

やっぱり何度やっても、AFPは素晴らしいな、本物だな、とつくづく思います。
本当にシンプルなワークで、自分のエッセンスと繋がることができて、その状態のその人は自然に、楽に輝きを増していく。自分は楽になり、人からは輝いて幸せそうに感じるし、その魅力に惹きつけられてしまうしいつのまにか周りの人もいい影響をもらっていく。これこそが、女性が自分自身を幸せにすることが世界を変えていくと言われる所以だと思います。
 
そしてそのベースとなっているのは、「HOMEに帰る」という意識。

IMG_5823_convert_20170730185537.jpg 

何も、「女は家にいろ」という古めかしいことを言っているのではなく、女性が自分の女性性エッセンスの家であるところ、HOMEを子宮スペースとして意識することで、女性性のみならず、そこがパワーセンターとしても、クリエィティビティ(創造性)のセンターとしても、活性化していくということです。

英語で、I'm home.と言うと、「ただいま」という意味でもあります。そして、「くつろぐ」という意味もあります。

女性が、外の世界に力を委ねたり、力だけでなく、自分たちの幸せや感情的な状態すらも、外のせいにしたり外の出来事や人や状況に揺さぶられ、左右され、翻弄されたりするのではなく、自分の内側に、しっかりと自分の軸、そしてくつろぐ場所、灯りがともっているあたたかい場所を持っていることがどれだけ女性自身を、そして周囲に影響を与えるか、ということを、深く理解し合ったグループでした。

合言葉は、【HOMEに戻る】

今の時代に、インターネットでこの表現と感覚がしみついているのは偶然ではないと感じます。

IMG_5868_convert_20170730190517.jpg 

1Dayワークショップが終わる頃には、私の中に、何か不思議な確信というか、WANTが生まれていて、この素敵なスペースで、この「器」(=グループ、同じメンバー)で、このエネルギーをキープしながらAFPを続けたら素晴らしいことになる、と、私自身にとっては長野で結構遠いにも関わらず、(でも長野は昔からご縁が深いところというのもあり)「続けませんか」、と提案していました。


主催のHale Pulmeriaオーナー、中島あきこさんの表現がとても素晴らしかったので、そのままご紹介させていただきますね。

IMG_5959_convert_20170730195200.jpg 


そうそう、今回、初対面のみんなにも「アムちゃん」て呼んでもらえて嬉しかったのだ〜♪

参加者の皆さんからは、

自分の笑顔の写真に👍いいね!と思った事は初めてかもしれません😊
やっぱり日常は忙しいけれど、周りの人も違って見えたので不思議です❗️アムちゃん、皆さん、私のホーム ありがとう〜(*^_^*)

アムちゃん、あきこさん、大変お世話になりました。そして、ご一緒させていただいたメンバーの皆さま、不思議なご縁でお会いすることが出来ました。サンキュ!!お陰様で1日楽しく過ごさせていただき、ありがとうございました。月曜から直ぐに日常のバタバタ生活に戻ってしまいしましたが、あのしっとりと落ち着いた雨の日曜日、「ホームに戻る」「コンテインする」「緩やかな動きを伴いながらの瞑想」など、折に触れ思い出しています。次回以降も楽しみにしています。

アムちゃん、あっきー、ご一緒させていただいた、親愛なる皆さま❤️
本当に素敵な時間、空間、場を、ありがとうございました🎵
あんな経験、初めてでした
ちゃんと、私には、戻る場所がある。
なんて、素敵なんでしょうね😂
大丈夫。
次回も、楽しみにしてます



みなさま、先日は濃密な時間をありがとうございました。
翌日に会った友人から、
「肌がきれいになったね。AFPのおかげ?」と言われましたよ。うふふ♡


日常では、できるだけ「ホーム」を意識しながら過ごすようにしています。
戻る場所があるの、嬉しいです。


IMG_5802_convert_20170730185357.jpg 

貴女も、この静かなる、でも確かな連鎖に繋がっていきませんか。
いま、どんな時代よりも、女性が真の意味で本質にくつろいで輝くことが求められていると思います。

AFP・フェミニンプレゼンスについては、AFPジャパンの公式ページをご覧ください。
そこから各地の認定ティーチャーのクラス開催スケジュールなどもご覧頂けます。

また、私アムリタ映蓮のAFPについては、無料メルマガにご登録ください。




0

すでに感じていることに気づく

アムリタ映蓮です。

 

時間がたってしまいましたが(汗

前回のメルマガからの続きです。


以下、本日配信のメルマガより



 

************************************** 

昔の私は、【快】を感じることに対してすらも、

何か、正解があるような姿勢になってしまって、

くつろぐとか、心地よい感覚を、

「どれが正しいんだろう」と、もっともくつろぎから遠い思考で

正解探しをしていました。

 

「どうするのがいいんだろう」

「どっちの方がいいんだろう」

 

これを一生懸命頭で分析したり答えを出そうとしていて、

 

「くつろいで」と言われると、逆に縮み上がっていました。

 

 

「好きなように自由にして」と言われると、身体はこわばりました。

「間違えて」しまうんじゃないか、という恐れから。

 

 

 

昔の私に欠けていたのは、ただ、「意識的に、感じる」という習慣。

それも、ふとした良い気持ちや、ちょっとしたいい気分を

無意識には、常に生物としてやっていることです。

 

 

でも、昔の私はそこに価値を見出さず、

たとえ見出したとしても、「こんなの大した価値はない」と、

次へ次へと駆り立てていたのです。

 

 

同時に、悪い気分、ネガティブな気分にばかり気づいて、

それを「解決しなくてはいけない問題」として、

そこに時間やエネルギーを注いで

大ごとにしてしまっていました。

 

気づいて、感じて、そこに時間やエネルギーを注ぐ・・・

 

これを、ネガティブなことにだけやって

良い気分や気持ち良さや、【快】に関しては

やっていなかったのです。

 

まるで、ネガティブな「方が」大事だと言わんばかりに。

 

生きている限り、サバイバルのための危険や警告に対して敏感になる、

恐れの感度と、

心地よさや悦びを感じ取る感度があるのです。


 

よくタイムラインで見るのが、どんなに小さな動物、

もしくは獰猛とされる動物も

「楽しそうに」遊んだり、嬉しい表現をしたりするのです。


 

どちらの方が、生きがい、生きる喜びや幸せに繋がっているのでしょう。


 

それはもう明らかですが、それを可能にするには、

危険を察知する恐れと両方感じ取るバランスが大事ですよね。


 

 なのに、、


 

よーく観察してみると、問題が起きた時だけ大騒ぎをしたり、

何か良いことが起きても、

「これでは十分じゃない」ってすぐ結論付けたりして、

喜びを大きくしないように、それよりも、

不快感や苦痛を問題視して無意識に大きくしていたり…


 

「バランス」と言っても、両方完璧に同じだと、前に進みません。

自分はどちらをベースに生きたいのか。

その意思がはっきりすることで、進みたい方向を見失わずにすむ。

 

けれど、進みたい方向を感じながらも

とどまる方にエネルギーを注ぎ続けてしまう・・・・




もちろん、そうなってしまった背景や理由や原因はあるのです。

インナーチャイルド的な傷とかいろいろ、ね。

 

それらを見るのが必要な時もあるけれど、大切なことは、

そこに浸りすぎないこと。

浸ることによって、喜びを感じなくする、もしくは

今この瞬間に感じられるはずの喜びを、

先延ばししているかもしれないのです。

 

本当に恐れているのが喜びを感じることだったりするから。

 

 

それを感じることを許可できれば、

そうしようと自分が決意すれば、たった今、この瞬間から、

喜びや【快】を選択できるようになるのです。

 

少なくとも、たった一瞬でその選択が可能だ、と知っていることから、です。


IMG_1066_convert_20170114174355.jpg 

 

  

それには、いまこの瞬間、何を感じているのか、「考える」のではなく

「すでに感じていることに気づく」という感覚からのスタートです。

 

今、マインドフル瞑想なども企業などで取り入れられるようになり

良い悪いの判断なく、「今感じていることに気づく」というだけの

シンプルなことがどれだけパワフルか、が多くの人に知られてきています。

 

 

AFPでも、この、今この瞬間に自分が感じていることに

「ただ気づく」ことを非常に大事にしています。

 

(そしてそれが【フェミニン・プレゼンス=その人らしい存在感】と

大いに関わってきます)


 

AFPのワークショップやクラス開始時の毎回の【チェックイン】は、

その練習です。

 

 

「こう感じているべき」とか「こう感じているといいんじゃないか」ではなく

(それは正しさを探すクセから来る思考)

本当に、オーセンティックに、真に、感じていることに気づき、

その感じていることを、ただ感じ続けて、

そこから、その瞬間の小さな(大きくてもいいけど)

「〜〜たい」が出てくるのを待ちます。

 

 

もし、頭で考えた、「〜〜するべき」とは違う、

純粋な「〜〜たい」が見つかったら、

その瞬間、不思議とぐわーっとジョイ・メーター(喜びのメーター)が上がります。


 

「〜〜たい」は、喜び。喜びは、気持ちが良い悦び。


 

これがバロメーターになります。

 


 

最初に自分にこれが起きた時、(正確には、気づいた時)

「かなっていないことなのに?」と、

私は驚きました。

 


どんなに小さなものでも、「〜〜たい」をちゃんと感じれば、

それは、「生きたい」に繋がっています。


 

その力強いデザイヤーを、見つけられて、

感じられて嬉しいのです。


 

  

さらにそこから、日々できるエクササイズがあるのです。

 


キーワードは、「今よりほんの少しだけ」「30秒間」

 

 

次回に続きます。

 

 

 

まだ若干お席があるそうです!!ぜひ波動の高い場所で心地よさ、悦びの中で一層のAFP効果をご一緒に味わいましょう! 

<AFPトレーナー・アムリタによる長野AFP週末ワーク>

 

 自然豊かな場所、ヒーリングエネルギーに満たされた場所で

【快】を感じるAFPワークがもたらす効果は格別です!

 

7月22〜23日 とても心地良い、くつろぎの場所で、

たっぷりAFPワークをしてみませんか?

 

AFPが初めての方向けのゆっくりしたハーフデイと、

AFPの真髄であるフェミニンプレゼンス瞑想の

フルバージョンを体験できるプログラムです。

 

 

女性たちに人気のスポット、小布施からほど近い、

とっても素敵なハワイアンの風を感じるサロンにて、

美味しいオーガニックのランチ付きで、

それこそ、たくさんの【快】とJoy(喜び)に満たされて

AFPをじっくり味わえますよ。

 

 

ファシリテーターは私、アムリタです。

 

お申し込みはこちらから!

7月22-23日、長野県の小布施という女性達に人気の

パワースポット近くの素敵な一軒家サロンにて、AFP週末ワークショップ!

 →アムリタによる長野・AFP週末ワーク(体験会&1Dayワークショップ)詳細とお申し込みはこちら 若干名分の残席ありです

 

 

 

各地のティーチャー達の活動は、こちらの公式ページからチェックして頂けます。

→AFPジャパン公式サイト



⭐︎アムリタ発行の無料メルマガ【フェミニン・プレゼンスというアート】の購読お申し込みはこちらから⭐︎

 

 

 

 






0

正解を探すクセを手放す

(7月4日発行のメルマガ・フェミニンプレゼンスというアートより)



アムリタ映蓮です。


 

前回のメルマガで触れた、「無限の可能性を生きる鍵」について

何回かに分けてお送りしますね。


 

今日は、「正解を探すクセを手放す」です。

 

 

 

私たちには、実現したい「望み」、

「願い」「焦がれ」などがありますよね。

 

 

「夢」のように遠くに感じるものでなくても、

日々の生活でも、たくさんの「〜〜したい」「〜〜が欲しい」が

あります。

 

 

そして、それがわからなくなっている状態の時もありますよね。

 

もうずっと長いことわからなくなっている、

ずっとしんどい、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

それは、ある意味、何が私のしたいことなんだろう?と

「考えている」状態がずっと続いていてしんどい、ということなんですよね。

 

 

AFPには、そんな状態に働きかけることもできるワークが

たくさんあります。

 

 

というのも、「考える(思考)」が男性性だとしたら、

「感じる」ことが特徴である女性(性)にとって、

この「〜〜たい」「欲しい」という感覚は、

女性性的な感覚である、「満ちる」という感覚に直結する、

とても大事なものだからです。

 

(もちろん、男性(性)にも大切なのですが、

少し違う観点になります。)

 

 

こんなふうになってはいませんか?

 

 

やりたいことは何だろうと「(正解を)考える」

(正解は)これかな、と「思う」

「やってみる」もしくはやれない 

うまくいかない

自分はダメだ、と落ち込む

 

 

やりたいことは、「考える」ものではないし、

正解を探すのとは違うのです。

 

どちらかと言えば、湧き上がってきたり、

「見つかる」感覚や、しっくり来るとか、ピン!とアンテナが立つような感覚がするものです。

 

ふっととか、ふとという感覚が大事です。

 

 

人間である限り、生きている限り

こうした【純粋な】望みや願い、「〜〜たい」によって、

私達は、次の一歩を踏み出していきます。

 

 

 

ですが、その一歩を踏み出す前に、更に大事なことがあるのです。

 

それが、私がAFPと出会ってよかった、と心から感じる理由の一つです。

 

 

 「〜〜たい」が見つかったとして、

多くの場合、すぐに、やりたいことを

「しよう」、もしくは「すぐ実行すべきだと考えること」をしていませんか?

 

これも多くの場合、「そうするのが正しい」と考えているからですよね。

 

もし「〜〜たい」が見つかったとして、

やりたいことが見つかったらすぐ実現するためのことを

考えて、すぐに動く、ということを繰り返していたら

こんなことばかりが起きていきませんか。

 

→やりたい(と思った)ことが、なんらかの「現実」により実現できない。

 

→やりたい(と思った)ことをやってみても、一瞬の嬉しさだけで、

あとはすぐにまた次のやりたいことを考えて探す状態に陥り、

「満たされている」時間が少ない。

 

 

ここで、すぐに動き出す前の、ほんの短い間でいいから、

この「〜たい」という感覚を自分の女性の肉体の中で

広げるのです

 

 

 

 

急いでそれをなんとかしなくては、となるのはどちらかといえば

男性性のエネルギー。

 

 

そしてさらには、その「〜たい」を思い描いている時、

心地よい場所にいるのかどうか、ということが大事なのです。

 

心地よい場所とは、身体、エネルギー、心にとって、心地よいスペースのことであり、

自分自身の状態のことです。


 

「〜たい」を感じる時、真底、気持ちの良い状態になっていること、

【快】を感じている状態でいること、が大事なのです。


 

  

では、気持ちの良い状態になっている、とどうしたらわかるのでしょう?

 

頭で考えて、「気持ちが良い」と決めるのでしょうか? 数値が出るのでしょうか?

 

何かの前例や誰かを見て、「ああなるべきだ」というチェックをするのでしょうか?

 

 

上のどれも、(頭では)違うとわかっていたとしても、

実際はそうしていませんか?

 

 

少なくとも昔の私は そうでした。

 

気持ち良さや【快】を感じることについてすら、

何が正しいのか、を常に探していて、

くつろぎからも、真の楽しさからも、

ほど遠いところにいたのです・・・

 

 

(これは今の私w)

 

次回に続きます。

 

 アムリタより

 

 

 

<AFPトレーナー・アムリタによる長野AFP週末ワーク>

 

 

自然豊かな場所、ヒーリングエネルギーに満たされた場所で

【快】を感じるAFPワークがもたらす効果は格別です!

 

7月22〜23日 とても心地良い、くつろぎの場所で、

たっぷりAFPワークをしてみませんか?

 

AFPが初めての方向けのゆっくりしたハーフデイと、

AFPの真髄であるフェミニンプレゼンス瞑想の

フルバージョンを体験できるプログラムです。

 

 


女性たちに人気のスポット、小布施からほど近い、

とっても素敵なハワイアンの風を感じるサロンにて、

美味しいオーガニックのランチ付きで、

それこそ、たくさんの【快】とJoy(喜び)に満たされて

AFPをじっくり味わえますよ。


 

 


ファシリテーターは私、アムリタです。

 

お申し込みはこちらから!

7月22-23日、長野県の小布施という女性達に人気のパワースポット近くの素敵な一軒家サロンにて、AFP週末ワークショップ!

 →アムリタによる長野・AFP週末ワーク(体験会&1Dayワークショップ)詳細とお申し込みはこちら

 

 

 

各地のティーチャー達の活動は、こちらの公式ページからチェックして頂けます。

→AFPジャパン公式サイト




アムリタ映蓮の不定期メルマガ 「フェミニン・プレゼンスというアート」

 →ご登録は【こちら】からお願いします。





0

「愛しいシスターへ」


こんにちは!AFPジャパンのファースト・ティーチャーで、

講師養成トレーナーのアムリタです。


IMG_5014_convert_20170614203347.jpg 


 
いよいよ明後日、前泊で清里に入り、土曜日からは

AFP創始者レイチェルのワークショップとトレーニングが始まります!
 
 
私は通訳としての参加ですが、毎回体験が深まっていき、

毎回新たなウロコが目から落ちるwので、もうめちゃくちゃ楽しみです。

朝早い移動が苦手なので、明日は小淵沢に一泊しちゃいます!
 
 
さて、先日Facebookページなどでご紹介した、
シンガーソングライターでもある、レイチェルの曲、

「Sweet Sister〜愛しいシスターへ」の歌詞は、もうお読み頂きましたか? 


訳したのは私なのですが、事務局のマハンタから、

これを紹介したい、と言われてあらためて読んで、感動で泣いてしまいました。
  
そう、これがまさにレイチェルの、AFPの、

そして関わるすべての女性たちの思いだと思います。



これが響く人たちと共に味わいたくて、ここにあらためて載せますね。

もちろん、清里では、パートナーのダータのベースギターで、

レイチェルの歌うこの曲もライブで聴けますよ。



<Sweet Sister 〜愛しいシスターへ〜>
作詞:レイチェル・ジェーン・グルーバー
訳詞:アムリタ映蓮
 
愛しいシスター 随分長いこと頑張って来たね
    
自立することは
このままずっと一人なのかもしれないという
恐れから貴女を守ってくれる


ハートを明け渡すよりも 
ハートを閉じる痛みを選んで
それが貴女の演じる役割なのだと
言い聞かせてきたのでしょう
 
 
愛しいシスター 随分長いこと頑張って来たよね
     
 
私も貴女と同じように
目立ちすぎないように
調子に乗って大きく出ないようにと
教えられた
    
   
でも私は知っている

この世界では
地上に生きるすべての命の鼓動を
感じることもできず
殺してしまうようなリーダー達を
選び続けている


そんな世界にとって
女性が持っているパワーは
最大の脅威だろうということを
 
     
だから私は
自分を小さくしておくようなすべてを
やめてしまいたい
 
     
そう
たとえば美しさや愛を勝ち取るために
競い合ったりということも。
 
    
私達 ひとつになって歩いていく道を
見つけられないかしら?
  
    
愛しいシスター
今まで「受け入れる」ということを
して来なかったんだってわかる?
 
 
柔らかい優しさは弱さだと言われ
官能性は罪だと言われ
間違ったストーリーが語り継がれてきた
 
 
それは 私達の娘や息子達が
開いていくことによって
やり直されなくてはいけない
  
     
受け入れよう 
受け入れよう

喜びを 
愛を

生命の情熱が踊りながら入って来るのを
   
    
もしも彼にハートを打ち砕かれ
夢を奪われ
置き去りにされて
叫ぶことになったとしても


もしも彼がある日突然
なんの前触れも断りもなく
去ってしまったとしても
 
     
それでも大丈夫

私は大丈夫

それでも私はここにいる

ここに立っている

傷ついたハートを
大きく開いて。 
 
IMG_5075_convert_20170614202336.jpg 
 *    *    *

いかがでしたか?

この思いがあればこそ
この思いに共感するからこそ
私は、(私にしては珍しく)
ずっとAFPを続けているのです。

そしてなんと!

このAFP創始者・レイチェルの週末ワークショップ、
最後の1席がまだあるのです!

きっと、どなたか必要な人のための席だと
大切に、ぎりぎりまでホールドしています!! 

迷っていらっしゃる方、もしくは偶急に行きたい気持ちが湧いてきた方、
どうかこのラストチャンスを掴んでください。
  
6月17日〜19日
AFP週末集中ワークショップ 【残1席!】


IMG_5076_convert_20170614202405.jpg 
 
これからもレイチェルのこの思いと共に、

歩みを一緒に進めていけたら嬉しいです。
この歌詞全文の他、さまざまな記事をこちらの公式ページからご覧頂けます。
https://www.facebook.com/feminine.presence/



また、7月6日には、私の久しぶりのAFP体験会を開催します。

平日午前中、3時間という短時間で、AFPとは何かを体験して頂けます

このメルマガを読んで下さっていて、まだAFPを体験したことがない方、

そして久しぶりの方も、ぜひおいでください。


詳細とお申し込みはこちらから↓↓↓

AFPジャパン・トレーナー、アムリタによるAFP体験会



では、清里でご一緒できる方は、いよいよ明後日、

お会いできるのを楽しみにしています!


IMG_5034_convert_20170614203416.jpg 


LOVE

アムリタ



****************************************************************


6月17日〜19日
AFP週末集中ワークショップ 【残1席!】


0

「レイチェルのAFP週末ワークショップに参加して」

【レイチェルの週末ワークショップに参加して…】


ちょうど1年前に、レイチェルの週末ワークショップを受講、その時がAFP初体験だったという音羽さんは、感動のあまり、そしてAFPの持つ力を確信して、その半年後にティーチャートレーニングを受講、今では堂々と自分らしさを表しながら活動しています。

 

 

同じく認定ティーチャーのアジャンタ主催のイベントにて、本日ご一緒した音羽さんに、レイチェルの週末ワークショップの体験を語って頂きました。

 

 

彼女の体験談のキーワードは、


「苦手だった女性の集団の中で…」

 

「ワークショップから帰ってきたら、パートナーが…」

 

 

ぜひご覧ください!


「レイチェルの週末ワークショップに参加して」(認定ティーチャー音羽さんの体験談)

20170525003334b66.png 


Facebookライブ配信の録画、約15分

https://www.facebook.com/1678410285721330/videos/2011214529107569

 

 

そして、今年は来月17日から開催される、このレイチェルの週末ワークショップ、早割締め切りは、明日25日です!


6/17-19 AFP創始者レイチェルによる週末集中ワークショップ、お申し込みご案内はこちらから♪

http://www.afpjapan.com/rachael.html




関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。