~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

自由で自然で神聖な踊り手の私を取り戻す

バリから帰国して1週間がたって、ようやくブログの続きを書く気になった。


バリにいる間は、心身共にエナジャイズされて、頭もすっきりクリアーで、身体も動かし、食べ物もオーガニックやローフードといったベジタリアンで余計な間食を欲することもなく、ものすごく気持ちよく過ごしていた。

それが日本に帰ったとたん、何が起きたかって、いきなり眠い眠い。(バリとの時差は1時間なので時差ぼけではない。)身体が疲れているわけではなく、頭がモヤ〜っとしている感じで、特に夕方以降、抗うことのできない睡魔が襲ってくる。

時差ボケならぬ次元ボケ、エナジーボケ、などという呼び名をつけながら、どこかで、「放射能」という言葉が浮かんだことも否めない。

汚染された空気に対抗するかのごとく、普段からまったく食べないカップヌードルやポテトチップといったジャンクフードをものすごい強く欲したり、(今はもう落ち着いたけど)今回は今までにない帰国後の反応があって、興味深かった。



さて、時系列に思い出を記録したりするのではなく、なんといっても、今回は偶然が重なって参加できることになった、まるでそのためにバリに行くことにしたかのような、素晴らしいバリ在住のセイクレッドアース(神聖なる大地の)ベリーダンサー、ミシャールのダンスリトリートに触れておきたい。


といっても、あまり「言葉」が出てこないし、言葉で内容を説明したりする綴り方をしたくない。

そもそもが、踊りのことであるし、ミスティカル(神秘的)、マジカル(魔法のような)という言葉をミシャールがよく使うように、この神聖なる踊りは、言葉や論理的思考によって理解したりするものではないから。


一切の振り付けはなく、ダンスの基本の動きやウォーミングアップも、すべて、大地や自然と一体となって感じながら行なわれる。

20170324162036b81.jpg 

ミシャールのバリでのダンスリトリート、私は今回2回目の参加であり、彼女が10年ほど前まで東京のスタジオで教えていた頃は、頻度は少ないものの、クラスや不定期に行なわれるワークショップに参加したりしていたので、彼女のダンスの指導のしかたは馴染みがあるのだけれど、今回ほど、その素晴らしさを実感したことはなかった。

201703241620372c2.jpg 

それはきっと、前回のブログにも書いたように、私の感じ方、感性が以前とは変わっているというのも大きいだろう。

もっとも大きいのは、やはり、アート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)という女性のためのプログラムを実践し始めて数年後、自分自身の女性性との自然な繋がり方や探究がもう自分の一部となっているからということかと思う。それを表現することに、なんの躊躇もなく、むしろ、最近踊っていなかったのに、何のギャップも感じないほど、このリトリートで踊る時間は、自由で、自然で、気持ちよくて、満ち足りていた。

前回参加したのは3年ほど前だったか、ちょうどAFPをシェアし始めて、創始者のレイチェルが日本に初めて来る頃だったように記憶している。

その時のゲストティーチャーだったインドの賢者の女性が、女性性の伝統的なワークをシェアして下さる折、レイチェルとAFPをすでにご存知で、「あれ(AFP)は画期的な女性性ワークだ」、と絶賛して下さったのも記憶に新しい。

それから数年の時がたち、私自身がAFPの認定ティーチャーを養成する立場に変わって参加した今回も、様々な気づきに満ちていた。

いや。

「気づき」という言葉も、「癒し」という言葉と同じく、正直、最近は何かピンと来なくなっている。

単純に、「気持ちよかった」「喜びに満ちていた」、が1番しっくり来るし、それがしっくり来るような体験こそが、今私が求め、体験、体現したいことだ。

そして、それが現実化した日々だった、ということ。


目の前の人やものや場所すべてに、最高最善の美しさのエッセンスを感じ取り、それを相手への心からの感謝と敬意と共に表現する・・・

AFPに共通するそれを、このリトリートでは、踊りで表現する日々であり、言葉よりも身体で表現することが多かったということ。

それを、世界のどこよりも(私の中では)、オープンな暖かさに満ちた自然溢れる場所、バリ島のウブドでできたということがとても大きかった。

IMG_2826_convert_20170324223327.jpg 
(ダンス会場からの眺め。)

IMG_2844_convert_20170324223414.jpg 
(壁のないダンス会場)


以前は、ほぼ毎日踊っていたベリーダンスを離れてもう何年にもなる。その頃は主に、振り付けがあるスタイルで踊っていたし、覚えられないとついていけない、という緊張感の中でのダンスだった。それはそれで今でも素晴らしいと思うけれど、年齢と共に、私の肉体やライフスタイルの変化で、自然にその時代に終わりを告げた。

それと同時に、自分の中で、どこか、「もう踊れない」、と思っていたところもあると思う。

自由に踊る喜びからは離れる必要はなかったのだけれど、自然に踊り自体からも離れてしまい、年齢を重ねて変わっていく自分の体力の限界や身体の線などもあまり見たくなかったのかもしれない。

でも、ミシャールのバリのダンスリトリートでは、そのような感覚が初日から吹っ飛んでしまった。

まるでギャップなどなかったかのように、年齢などまったく関係ないかのように、私自身は、私のボディ、マインド、スピリットは、この上なく、踊ること、それもバリのあの場所で踊ること、ミシャールの場で踊ることを、心から楽しみ、喜び溢れていた。

気づくと、昔よく言われたこと、「貴女の踊りは素晴らしい」、「どうしてそんなに自由に踊れるのか」、「根っからのダンサーですね」などを、また受け取っていた。驚きと共に、ああ参加してよかった、と心から嬉しかった。

特にプロのダンサーの方達がそういうことを言って下さることが多いのは、相変わらず驚きなのだけれど。

私はプロのダンサーだったことはないし、もちろんこれからもないのだけれど、私が私を表す時に、音楽、その中でも踊りはとても大事なのだということを再認識した。

20170324173432bca.jpg 

今だにそうなんだ、それでいいし、それでよかった、と自覚した。

そして、ミシャールのダンスの場は、自由であると共に、とても神聖さに溢れていて、内なる女神性を表現する陰陽の陰の場だ。ダンサーが互いの美しさや存在そのものに、賞賛と心からのリスペクトを伝え合うことー特に踊りでーが、自分自身を、特に年齢を超えた女性の身体や動きの美しさを、心から敬い、大事にすることに繋がっている。

201703241622168c7.jpg 


今回のリトリートは、日本人のみならず、イギリスやスペインやアメリカからの参加者もいて、日本人もフランスやシンガポール在住の方もいらしたりと、ますます地球がせまくなっているのを実感。

最年少参加ダンサーは、とってもキュートな小学3年生。(素敵な母娘での参加)

201703241620353cb.jpg 

色々な意味で、年齢や時空を超えた繋がりを実感した日々でもあった。


事情で1日早く帰らなくていけなかったのがとても残念だったけれど、私自身は心からの至福と共にリトリート会場を後にすることができた。

201703241622140ea.jpg 

不慮の事故から1年、奇跡の復活を遂げて、以前より一層神秘的で奥深い魅力溢れるミシャールの久しぶりのリトリートに参加できたことは、必然以外の何物でもなく、ミシャールに、ご一緒したご縁あるダンスシスター達に、そしてそれを可能にしてくれたあらゆる万物の事象に心からの感謝。

もう1つ、今回のダンスリトリートで、私が非常に大事な部分だとかんじたことがあったのだけれど、それは次の記事で綴ることにする。

IMG_2976_convert_20170324223446.jpg 


※ミシャールや、Sacred Earth Belly danceについての情報は、Devadasi Studioのウェブサイト、もしくは、Facebookページからもご覧頂けます。→Devadasi Studio Facebookページ

*******************************************************
女性に生まれてきた自分の本質にフルに繋がってみませんか?
そして、その満ちた感覚や悦びが
さらに人生にもたらす豊かな味わいを、もうそろそろ自分に許しませんか?

もっと楽に、もっと楽しく自分を表現して、
仕事も生活も人間関係も、より一層楽しめるようになりませんか?

世界に広がる画期的な女性性意識のための44のプラクティス、
AFPフェミニンプレゼンスの創始者、レイチェル・ジェーン・グルーバーが
6月、日本(山梨県・清里)で週末集中ワークショップを開催します。

お申し込み受付始まっています。詳細は公式サイトへどうぞ。

0

6/18・レッツ・ダンス in 名古屋!

番組の途中ですが・・・じゃなかった、
高千穂リトリートの連続ものの途中ですがw、

明後日から始まる、名古屋AFP祭り、
あ、主催者のEponaのEikoさんは、
アムリタ祭り」という名前を
つけてくれてるんですが(笑)、


1日目 エクスタシーダンス with AFP
2日目 スピリチュアル英会話 with AFP 満席御礼
3日目 AFPアドバンスワーク 満席御礼
4日目 AFPアドバンスワーク 満席御礼
5日目 個人セッション     満席御礼

となっております!


明後日、18日(木)の夜のエクスタシーダンス!

今回は、AFP・フェミニンプレゼンスの
エクササイズの中から、ダンス・ムーブメントの
要素のあるものを取り入れての
スペシャルバージョン
となります。


そして、なんとなんと!

先日のドラムキャンプにて、
今年度のベストファシリテーター賞を受賞された、
ドラムサークルファシリテーターの
くみんちゃんこと、みのうらやすよさんが

その時の賞品である、
「初めに太鼓を叩いていたのは女たちだった」の
著者のシグネチャードラムを持って、
今年もサポートに駆けつけてくれます!

とっても贅沢~!なんと光栄で貴重な!
豊かな生音のリズムで、スペシャルな
フェミニンワークとなるに違いありません!


アムリタ映蓮のエクスタシーダンスワークは、
基本的には、自由に、自分の感じるがままに
踊るダンスワークです。(ダンス経験不問)

最初に内側深くに入る瞑想をしながら、
徐々に外へ、外へと表現していきます。

途中、生音での太鼓や、シェーカーや
声や、鈴や、手や足や、なんでも音の出るものを
奏でながら踊ったり、

布を持って踊ったり、

コスプレしたい人はしてもいいしw

最後は歓喜のダンスへと昇華していきます。

去年の名古屋でのエクスタシーダンスの様子、
歓喜のクライマックス(動画約20秒)




詳しい流れは、例によって
その場にならないと、私本人もわかりません(笑)


会場は、今年もまた、去年と同じあの素敵な場所。
昭和のディスコの香りのする、タンゴ・スタジオ、
エルシドです。

当日参加、ドタ参加も、男性参加も歓迎!!


以下、主催のEikoさんより、当日参加の方達へ
向けてのメッセージです:

「仕事の都合で、当日参加を考えていてくださる皆様へ 
持ち物は:
飲み水(ビル内に自販機あります。)
寝ながらの瞑想があるので、バスタオル
もし、ベリーダンスようのヒップスカーフなど、
お持ちでしたら、ご持参下さい。なくても構いません。

服装は、可能ならば女性性を意識した服装をおススメします。
動きやすい服、汗をかくと思いますので、必要な方は御着換えを
着替えるスペースは有ります。」



アムリタ 映蓮による エクスタシーダンス の参加申し込みはこちら




◆【続々お申し込み頂いています!】AFP・フェミニンプレゼンスの創始者、
レイチェル・ジェーン・グルーバー再来日プログラム!
11/6~11/11、清里にてティーチャートレーニング開催!
関東と関西で、週末ワークショップも開催です。

お申し込みは、こちらから!⇒AFPジャパン公式サイト


無料メルマガ登録☆フェミニン・プレゼンスというアート☆の購読申し込みはこちら



0

歓喜のエクスタシーダンスin 名古屋

もうかなり時間がたってしまいましたが、
「アムリタ祭り」との異名を頂きましたw、
一連の名古屋でのワーク、無事終了しました。

6月12日 エクスタシーダンス、
6月13日 スピリチュアル英会話・名古屋初開催
6月14,15日 AFP(アート・オブ・フェミニンプレゼンス)2Days
6月16日 個人セッションデー

どの日も盛りだくさんでしたが、どの日のどのワークも、
主催者、参加者の方達に温かくサポートして頂き、
皆さん、全力で楽しんで頂き、
これ以上ないほど幸せな気持ちで、横浜に戻ることが
できました。本当にありがとうございました。

今日はそのうち、アムリタ祭りの冒頭のお祭り(笑)、
エクスタシーダンスについてご報告。

最後に横浜で開催したのが1年前。
本当に久しぶりだった、自由に自分の感性で踊る、
歓喜のダンス、エクスタシーダンスでした。

実は、名古屋で開催したのは去年に続き2回目でした。
今年も、最初にAFP2Days開催が決まり、
次にスピ英開催が決まり、
主催者のEpona Eikoちゃんが、「やっぱり踊りたい!」と
リクエストしてくれて、最後に決まったエクスタシーダンス。

会場は、名古屋のAFPシスター、齊藤弥生さんがオーナーの
レンタルRoom CREA1階のタンゴスタジオ!
( 名古屋市東区葵3-14-20エルシドビル
IMG_2057_s.jpg

ここがまた、もう、古き良き昭和のディスコを彷彿とさせる、
秘密めいたサロン風の素敵なダンススタジオでした!
IMG_2060_s.jpg

そしてまた強力な協力者、名古屋在住の素敵な
ドラムサークル・ファシリテーターの
くみんちゃんこと、みのうらやすよさんが、ドラムや小楽器、
そして、色とりどりの綺麗な布をたーーくさん持って
駆け付けて下さり、もう、最初から大盛り上がりでした!

エクスタシーダンスは、はじめは、自分の中にゆっくり入って
瞑想から始まります。そこで自分の女神と出会い、
自分の内側を充分感じながら、そのまま自分自身の
女神と繋がったままで徐々に外側の世界、外側の人々を
意識し、繋がっていき、最後は生命の歓喜に舞います。

瞑想部分も、ガイドはするものの、基本的には何が
イメージで出てくるか、はその人それぞれであり、
ダンスも自分の好きなように、自分の感性で。

途中、自然に、くみんちゃんのドラムが始まると
皆、それぞれドラムや楽器を手にしたり、いつのまにか
声を出してチャンティングのウェーブが起き、
その中でシャーマニックに、自然発生的に踊りだすという
エクスタシーダンスにはつきもののハプニングも起き、
特に、この日のこのグループのパワーは
すごいものがありました。

場所もそうだし、満月の前の晩だったし、いらして下さった
参加者の皆さん一人一人が本当に没頭して楽しむことを
ご自分に許していらして、自分を解き放ち、大いに
はじけていらしたことが、この素晴らしい場のエナジーを
創って下さったと思います。

ほら、いつのまにかこんな風に並んで踊って
楽しく遊んでいる、愛しい女性達です!
IMG_2133_s.jpg
なんて素敵な女性達なんでしょ!

そして偶然/必然にも、動画を撮った時に、その短い間に
その様子がわかる瞬間となりました。
皆の、自然発生的な高まりをご覧ください!(20秒ほどです)


くみんちゃんが持ってきて下さった、色とりどりの小さな布を
皆、いつのまにか一人一人手にして振り回したり
風になびかせるようにしたり、それはそれは、
女性という存在の自然な動きの美しさで、見ていて
涙が出そうなほどで、鳥肌が何度も立って、感動しました。
女性って、なんて美しくて可愛いんでしょう!

名古屋の皆様、また必ず行きますので、
一緒に踊りましょうね!!!

この後のスピリチュアル英会話、そして、2日間の
AFP・アート・オブ・フェミニンプレゼンス、すべてに
参加して下さった方や、個人セッションまで含む、
ほんとにフルコースだった方もいらして、
まさに、アムリタ自身が【アムリタ祭り】に元気づけられた
日々でした。

スピリチュアル英会話とAFP2Daysについては、また
別の記事でご報告します。

あらためて、会場を貸して下さった弥生さん、
DCファシリテーターのくみんちゃんのサポート、
主催者のEponaのEIKOさん、
そして素晴らしい参加者の女性の皆さん、
心から心から感謝いたします。
ありがとうございました。
IMG_2143_s.jpg

強力サポートを下さったみのうらやすよさん、
主催のEIKOちゃんと。
IMG_2147_s.jpg

主催者の【石先案内人】EIKOちゃんのお店はこちら、
HP→ 名古屋パワーストーン・Epona Jewelry & Crystals

0

名古屋でエクスタシーダンスワーク開催!

名古屋での一連のワークのオーガナイズをしてくれている
EponaのEikoさんのたっての希望で(笑)、
関東でももう1年近く開催していない、エクスタシーダンスを
来月、6月12日(木)夜、名古屋でのAFP2Daysや
スピリチュアル英会話に先駆けて行うことが決まりました。

今回は、夜!そして、男性もウェルカム!
そしてそして、会場が、とても素敵なタンゴダンスホール

ということで、最近、思い切り踊ってないわぁ~という方
お待ちしております。
関東からも、名古屋は近いので、一緒に踊りに来て
下さいな~~

この日は、私のダンスパフォーマンスではなくて、
参加する人達が自由に内側のエネルギーを解放するための
エクスタシーを探究するダンスメディテーションですよ~♪

詳細とお申し込みは、こちら↓↓から

6月12日(木)18:30-21:00アムリタ 映蓮による エクスタシーダンス の参加申し込みはこちら

DSC01865_s.jpg
DSC01868_s.jpg
DSC04270_s.jpg
1368753_448871141893910_711385099_n_s.jpg
1368726_448871135227244_1206583595_n_s.jpg

0

エクスタシーダンスでエクスタシーw

新月エネルギー溢れる先週末、7/6、7/7は、
エクスタシーダンスの1日と、
江ノ島での七夕AFP1Dayワークでした。

エクスタシーダンスは、本当に久しぶりの開催でしたが、
内なる女神と繋がる瞑想から始まって、
内側をただ感じながら踊っていくダンスへ、午後は
女神カードを引いて、同じアーキタイプの女神を引いた人と
グループになってシェアをしたり、その女神を踊ったり、という、
元々のエクスタシーダンスのスタイルで行ないました。

DSC04272_s.jpg

皆がそれぞれ、段々に開いていって、
最後には、自分自身の踊りを表現するというところまで、
そのプロセスはとても美しかった…

DSC04265_s.jpg

自分を見つめ、開き、表すその姿に
何度も涙があふれました。

それでいて、終始楽しく笑い転げる部分もあり、
特にここでは写真はアップしませんがw
終了後の解放ぶり、はちゃめちゃぶりは、
私自身を含め、ものすごいものがあったのです~~~笑
エクスタシーダンスは、やはりワークが終わってからが
はじけどころかも?笑

DSC04267_s.jpg

最後の集合写真は、皆、生き生きと楽しそうで、
奔放なポーズを取っていて
翌日のAFP後の、しっとりした感じとは
とても対照的で、どちらがいいとか悪いとかではなく、
オンナが様々な顔を持っていることを
如実に見せつけられた感じで、
大変興味深かったです。

DSC04275_s.jpg


次回エクスタシーダンスは、
9月に名古屋で開催するAFP1日ワークの前日に、
AFP体験会と合わせて行ないます。
AFPとの組み合わせはとてもいいと今回実感したので、
短い時間ですが、一緒に行なうことにしました。
よろしければぜひお越し下さいね。
詳細は、近日中にご案内できると想います。

エクスタシーダンスにご参加下さった皆様、
どうもありがとうございました!

AFP1Dayワークについては、また明日アップします。


0

気持ち良く動くことにOKを出す

403476_377280688998792_1175147536_n_s.jpg

内側に入って自分を見つめたり、

自分自身の内なる声を聴いたり、感じたり、対話をしたり、

本当に欲していることに気が付いたり、

そんなプロセスの後は特に、

自然に、身体が動きたいように動かしてあげましょう。


動きたいように動くって、どうするの?っていう場合こそ、

音楽が助けてくれます。


「ダンス」になっていなくてもいい。

人に見せるためではなく、

カッコよくとか、綺麗に、とかじゃなく、

動きたいように、

【自然】に起きることを信頼するスペースを

自分に許す。自分にプレゼントする時間。


頭では考えない。 

ただ、感じて、ただ感じることに応じて。


そして、自分の自然な「肉体」と仲良くする。


そうすると、持って生まれた身体の声や

身体に合った動きが生まれ、起こり続ける。

umi0027-001_s.jpg


女性であれば、女性の身体の「フェミニン」な動きが

自然に起きる。

自分の身体独得の動きも やってくる。湧き上がる。


それを 抑えなくていい。


「フェミニン」と、自分が認識する動きでなくてもいい。


とにかく、動きを起こさせてあげることによって、

何かが動き、外に出ていく。


それは、「表現」かもしれないし、

「解放」かもしれない。


両者が同じことだ、と気づく瞬間かもしれない。


自分が、いつか、してみたいな、と思った格好をしてみる。

衣装でも、姿勢でも、歩き方でも、動きでも。


出してみたい、と思った声を出してみる。

泣くのでも、歌うのでも。


そうしてさんざん自分の内側から外側に向かう動きと

繋がったあとは、

目を開けてみる。


そうすると、突然、美しいものが目に入ってくる。


それが、他の女性達だ。

35035_605135386181932_1338328398_n_s.jpg

色とりどりの服装。

さまざまな髪形。

色々な、「形」。

色々な、動き。


色々な 笑顔。

色々な 温かさ。


そんな、他の女性達を愛でながら、

繋がっていく。


踊っている姿を見つめてもよし。


自分が誰かと一緒に踊りたくなるのもよし。


ただ、一部始終を目撃するのでもよし。


すべては、「感じる」ことから始まり、

「感じる」ことで完結する。


その、「感じる」ことを許すことができる自分になると、

それが、どんな感覚、どんな感情であれ、

ある種の、解放感、ある種の「悦び」がやってくる。


その悦びと繋がることが、エクスタシーとなる。

なぜなら、それは、生きていることを喜ぶ瞬間だから。

m030645_s.jpg

命を祝う。 エクスタシーダンス。

今週末、本当に久しぶりに開催します。

まだ若干 お席あります

どうぞこの機会にぜひ。

お待ちしています。


なお、参加する予定の方、何か小さな鳴り物(楽器)を

お持ちの方(ジル、鈴、笛、タンバリン、カスタネット、

おもちゃでもなんでも。)は、ぜひお持ち下さい。

こちらで用意できるものが非常に少ないので。

ヒップスカーフ(コインスカーフ)をお持ちの方もぜひ。


また、今回は、「祭壇」を作ります。

ご自分にとって、女性性を象徴するようなもの、

何か飾りたいものがありましたら、ぜひお持ち下さい。


楽しく、真摯に、内側に、外側に広がりましょう!

7月6日(土)自分の感性で自由に踊る!
エクスタシーダンス(アムリタ映蓮バージョン)の参加申し込みはこちら


0

7/22エクスタシーダンス感想集

エクスタシーという感覚には、「味わう」という意味が
含まれていると、私は個人的に思っています。

「味わう」とは、意識的にそうすることを許可する自分が
いないとできないことです。

そういう意味では、あらゆる「快感」、「気持ちよさ」、
ひいては、「喜び」や「幸せ」、「至福」といった感覚は
それを感じる/あるいは、感じるままに感じさせることを
許す瞬間があると思っています。

ということは、その逆の感情、感覚もしかり。。。


そんなはずはない…!と思いながらも、我々の旅は続きます!

The Journey continues....!

先日も触れましたが、7月22日に開催した、女性対象の
エクスタシーダンスの感想を頂きましたのでご紹介します。
いつも参加を迷っていらっしゃる方達が、
参加された皆さんの「感想」を参考にしていらっしゃるのと、
私自身の記録/宝物になるので、感想を頂けるのは
本当にありがたいことです。ありがとうございます。

**************************************

「昨日は素敵な時間と空間をありがとうございました。

以下、感想です(^-^)

ecstasy danceの瞑想で、
どうにもこうにもならなかった癖が
自然に溶けていくきっかけを頂きました。


私は外に求める癖を手放して引き寄せ体質になりたいと
思っていました。それには「ありのままでいることに
自信を持つこと」が大事なような気がしていました。


最近また外に外に愛を求めて渾身の力を出し、
標的に向かってまっしぐらのアダルトチャイルドの癖が
出ていました。このままだと同じパターンを繰り返し
燃え尽きてしまうぞ、まずいぞ、まずいぞ、何とかしたい!と
思っていました。


今回の瞑想は魂の神殿である肉体に入り、
女神と女の子に出会うと言うもの。

現れた女神は簡素ながら光輝く服をまとった、
自分の高貴な人バージョンで、対面した劣等感のある自分が
その高貴さに畏れおののいて
瞑想中に実際に体が震え出しました。

言葉は何も交わしませんでしたが、エネルギーで
いわんとしていることは分かりました。

はじめは階段のような上下ある位置で対面していましたが、
下にいた私の側の地面が上がり、対等の位置まで来たところで
別れを告げました。


次に女の子を見つけました。
無表情で何をする訳でもなく、ただそこにいてこちらを
見つめているだけでしたが、彼女が居ないのと居るのとでは
全くその場の雰囲気が違いました。

人はただ「存在する」だけで「表現しちゃっている」ことに
気が付いてしまいました。
特別なにかしなくてもエネルギー的には十分すぎるほどに
その本質が周囲へ拡散してしまっていることも分かりました。
「あ~この感じが引き寄せの種になるんだね」と思いました。

この瞑想の時に繋がった高貴な自分(自信を持つ持たないの
次元を超えていました)のエネルギーを大事に育てて
同化させていこうと思いました。
そしてありのままでいることが一番美しく自分の本質を
表現することを覚えておこうと思いました。


今までの癖を日常生活で克服しようと思ったら
一体何年かかることか(笑)。
早速翌日から気分が変わっていることに気が付いています。

アムリタ~ナさんが提供して下さるワークはいつも
ミラクルが起こるので予測不可能な嬉しいワクワク感もあり、
大満足です。


次回も楽しみにしてます~。」

(Tさま)




「私には久しぶりのエクスタシーダンス。
最初のインチャイCDの歌詞説明を聞きながら環になり、
皆様のお顔を見ていたら涙がでて、
瞑想後はまるでお腹の中にいるようで
(太鼓の音が心音に聞こえました)

苦手な環の中に入るもでき受容する言葉のシャワー、
皆様とくっつくと心地良くまるで温泉に入ったようで
ホッコリしました。

生まれて初めてクルクル回って踊り嬉しく、
奉納舞いも楽しみお供物もいただいて
女神のお祭りでしたね。

最初のお楽しみチャレンジカードで
「悲しみをだしても良いです」

私には?でしたが、夜中にはっきり悲しみの感情がでて
びっくりしました。
ジャッジとプッシュの無い空間を満喫して
心の底からでてきたのでしょう。

本当に楽しい時間を有難うございました。」

(Nさま)



「一昨日のエクスタシーダンスワーク
ありがとうございました!

久しぶりにホントに心から安心できり
ホッとする仲間と一緒の時間を過ごせた事が幸せでした。
久しぶりに再会があり、感極まってしまいました。

お帰りなさい、そしてありがとうでした。
のっけから踊りましたが、途中は、私の中の神殿にはいり、
白い蛇の女神に会い、貝をもらい、
このまま突き進みなさいと、励まされ、
神殿の近くにいた子供は、童女ながら巫女で、
神殿を守ってると行ってましたが、その子を連れて、
今、京都に向かっています。

奉納舞は、チャレンジでもありましたが、
みんなから温かい勇気をもらい、
できました。途中事故発生しましたが、
それをわからないようにやりきると言うのもチャレンジで、
これから色々なシチュエーションで臨機応変に
やって行くんだ!と確信しました。

受取るワークは、沢山みんなから愛を
うけとりました。その言葉をハートにしまって、
また色々な出会いや仲間に
還元していきたいと思います。

その後のマッタリは、ずっとこのままでいたかった。
みんなの愛がひとつになると、あったかいですね。
愛を実感した瞬間でした。
世界の何処かできっと癒された人もいるかもしれない。
そんな感じがしました。

アムリタン、いつもあったかい愛で
包んで下さってありがとうございます!
今回も沢山の愛と勇気を頂きました。

次回は、秋。泊まりがけのイベント
私かんがえます!
それを含めた今、京都なのかな~。
エネルギーチャージしてきます。

奉納舞は、ホントの私を表現、奉納しました。
ありがとうございました。」

(Mさま)


*************************************

あらためて皆様、ありがとうございました。

次回エクスタシーダンスは、秋を予定しています。
場合によっては、合宿の形でハプンするかも!?

今、繋がる、集まる、というのは時代のキーワードと
なっていると言えます。
自分にとって、魂のコミュニティと感じる場所や
機会を大切に生きていきましょう。

0

エクスタシーダンスwith UZUME

ピアノ鍵盤と紫花びら左上noion_s
(photo: ・・・NOION・・・


久しぶりのエクスタシーダンスワークから
もう1週間たったのですね!と言いたい反面、
え?!まだ1週間しかたってないの?!という感じも
大きい、不思議な時間の流れな今日この頃…

ほんとに確実に、「時」そのものの感覚が
変化してると感じます…

ま、実際色々なことが同時進行してて
ブログが単純に追いついてないだけのような…(^^ゞ

あらためまして、エクスタシーダンスに参加して下さった、
女神の皆様、ありがとうございました。


今回は、大体、どんな流れだったか、を
書いてみようと思います。


最初、その日集まった全員のエネルギー、存在を
判断せずにそのまま受容し、高め合い、称えあうための
時間を取ります。つまり、ただ皆で自由に踊ったり、
輪になって、サークルダンスをしたり。

先日は、インナーチャイルドのことを歌った英語の曲で
ゆっくりとお互いを、ただそのままで完璧、という
賞賛と共に見つめながら手をつないで輪になって…

そして一つの輪、「ONE」としてその場を感じた後は、
小さなそれぞれの「one」の探求に入っていきます。

目を閉じて…音楽に耳を傾け・・・最初は誘導瞑想…

今回、瞑想時にやってきた誘導イメージは、
身体という神殿への礼拝と、そこにいる女神との出会い、
そして、同じくそこにいる少女を見つけて連れてくる、
というものでした。

今回面白かったのは、私がこの瞑想内容を
終ってからも覚えていたということだー!!ヽ(^。^)ノ
細かいところは残っていませんでしたが…


それから、今回の一つのハイライトだったのは
全員で、音だけを奏でている時間。
いつも少しやってはいるのだけど、今回は結構、
それが深くて長かったなぁ。
太鼓あり、フィンガーシンバルあり、マラカスあり、
手拍子あり、足拍子あり、そして、声も。
段々と皆が、「音」の世界に入り込んでいき、
エネルギーがどんどん高まっていきました。

しばらくするとやがて一つのハーモニーになり、
そしてまたバラバラに奏でたり、をしつつゆっくりと、
再び、音楽に合わせて動き始める…

そこからは、自分の世界、自分の内と外を行ったり来たり
しながら、沸き起こってくるイメージや感情や動きに
逆らわず、ただ起きるがままにしていく。
そしてそれを観察し、探求する時間…

前半の最後は、自分だけの世界から
目を開けて、お互いの存在を確認し、
また皆と繋がって踊っていきます。

この時は、長い夢から覚めたような、
また皆の顔を見れた、などの、
目を開けて外の世界と繋がる喜びのエナジー、
お祝いのエナジーに溢れていました。


休憩時は、「女神へのお供物」と呼んでいる、
要は差し入れ(笑)のお菓子などを食べながら
なごやかに談笑。

そして、後半は、奉納舞いからスタート。

奉納舞いも、なぜ、奉納舞いとか奉納サークル、
と呼ぶかというと、お互いが完璧な女神であり、
そのお互いへ捧げている、あるいは自分自身の中に、
完璧な女神が存在している、それに対して、
自分のために自己表現している、という意味を
今回も強調させて頂きました。

なので、いわゆる、通常の、人に見てもらうための
「パフォーマンス」ではないし、
かといって、自分の内側だけに入り込んで踊る、
「瞑想」でもない…

今回、このサークルの中で奉納舞いをしてくれたお二人。
本当にありがとうございました。

このための着替えやメイク、様々な小道具(笑)の
準備もしてきてくれて、
それぞれが、なぜそれを今踊るのか、とても
伝わってきて、感動していました。

女性が、人に見せるためでなく、「奉納舞い」のために、
お化粧や衣装などの準備をする…
そしてその前までとガラっと変わる…
いつも鳥肌が立ちます。
女性ってなんて素晴らしいんだろうと思う瞬間です。

いつもとても高いエナジーになるのですが、
今回は特に、確実に、このサークルには、
日本神話の有名な、舞いの神、
アメノウヅメが舞い降りて来ていたように思います♪(謎)

皆、この前後に自由に踊り、笑い、
そして受容サークルも行ないました。
お互いにお互いを賞賛するエネルギーシャワー…
そしてそれを受け取る、という体験の探求ワークです。

このすべてにおいて、参加したくない人は
無理にやる必要はないのですが、今回は
ほとんど皆がすべてに参加していましたね。

なんだか、とってもまったりゆったりして、
これも初めてでしたが、終了後、私を含めて全員が、
床に横になったまま、天井を向いたまま
ずっとお喋り…まるでお泊り会みたいだね、という話から
次は合宿をやろう!と盛り上がりました。

大まかな流れは設定していても、
いつも当日、その場のエネルギーによって
具体的な流れが出来ていくので、
毎回違う感じになるのですが
今回も、皆さん口々に、また全然違う感じだった、と
おっしゃっていたのは、勿論、
一人一人が毎回違う、ということもあるでしょうネ♪

その後、また、現実の世界は、一人一人の人生という、
小さな「one」へ帰っていかれた皆さん、
また秋に、この大きなONEのサークルへと
帰ってきて下さいね。
(いつも思うのですが、実際にそういうことを
別の星?場所?過去生?で言い合って、
ここ=今の地球に来た仲間だという気がするのです。)

そこでまた羽を休めたり、お互いを称えたり、
一人静かに探求したり、どんな状態でも大丈夫、
どんな状態も「有り/在り」だという、
そんな確認をする場になっていったら、
そしてそこで育まれ、抱きしめられたエネルギーが
広がっていって、なんらかの影響を集合意識に及ぼしている…
そんな場所、そんな時間と機会にしたいという想いで、
これからも開催していきます。

様々な準備の都合上、季節ごとに1回、という
開催ペースになってしまっていますが、
きっとそれもまた意味あることと、受容して頂けたら
幸いです。

参加を迷っていらっしゃる方も、どうぞいつでも
飛び込んできて下さいね。

皆が、それぞれ自由な服装をしているのを見るのも
とても素敵な刺激になりますよ。


今回のエクスタシーダンスについての感想を
何人かの方に頂いています。

今日の記事は長くなってしまったので、
次回、ご紹介しますね。


ありがとうございましたm(__)m

0

22日・自由の舞!エクスタシーダンス!

さて!今度は、溢れる生命エネルギーを
皆さんとダンスで分かち合いたいと思います!

今や、学校教育でも、アンチエイジングの方法としても、
スピリチュアルな意味でも、まさにダンスの時代、
とも言える状況になってきましたね。

脱原発のデモがあれだけの数に膨れ上がり、
持続しているのも、その状態になるほどの感情の噴出という
ことが勿論一番大きいと思いますが、
その手段が、踊りや太鼓など、一昔前の「デモ」とは
まったく違う形での「想いの表現」があったり、
個人で参加しやすい雰囲気、であることが
特徴だからだと感じています。

とにかく、踊りとは何か、なぜ踊りなのか、を
語り出すと、ほんときりがないので、
ます踊りましょう。


自由に、動きたいように、身体を、心を、魂を、
ここに存在しているエネルギーを動かしていきましょう。

自分の内側を静かに感じながら音楽を聴き、
自由に踊る、自由に動く、
とても気持ちの良いものです。

その中にただただ浸り、
踊りそのものになるまで踊る…

その時何を感じていようとも、
何が内側から出てきたとしても、
感じることそのもの、
踊ることができることそのもの、
できることならその心地良さの極みまで
いくことを自分に許す試み…

その時、「我」を忘れたかのような、
「自分」を超えてしまったかのような、
不思議な世界が広がる…

それを、エクスタシーダンスと
呼んでいます。

そして本来、とてもシンプルなことなんです。

今回は、久しぶりの女性対象ワークなので、
今の地球上の大変化についての、
女性性的視点を分かち合ったり、
個人的な人生の変化を省みたり、
それぞれの体力や、欲求に従って、無理はせず、
激しく動く必要はないので、音楽と共に
ただ過ごしてみましょうね。

後半の奉納サークルで舞いたい曲がある人は
音源を忘れずに!観ている方は応援してね!


初めての方、大歓迎ですよ!


今週末から、

22日(日)エクスタシーダンス、
24日(火)スピリチュアル英会話・平日クラス
28日(土)数ぴリチュアル英会話・週末クラス

と続きます。

全部にいらして頂くのも大歓迎~!!ヽ(^。^)ノ

私のこの絶好調の不思議エネルギー満載で、
またミラクルを招いてしまいますよ~~!

お待ちしています!


自分の感性で踊る!
感応!官能!エクスタシーダンス

(女性対象)


【日時】7月22日(日)14:30-19:30(14:00受付開始)
【場所】「あーすぷらざ」神奈川県立地球市民プラザ
    多目的室

【内容】フリーダンス。基本的には音楽に合わせて
    自由に踊る(動く)。
    前半は、目を閉じて瞑想ダンス。後半は、目を開けて、
    人と繋がったり、自由に自分の表現を。
    服装で自己表現したい人は着替えて下さいね。

【会場へのアクセス】
  JR根岸線「本郷台」駅 改札出て左すぐ
  〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1  
    →地図

【持ち物】着替え(汗をかくので替えの服。あるいは好きな衣装♪)
    タオルなど。瞑想時に床に横になったり、冷えないように
    はおるためのバスタオルやショールなど。
    飲み物、軽食など。(会場に自販機有。)
    その他、ヒップスカーフや、ジル、笛、鈴、太鼓、
    シェーカーなど、あれば楽器持参でどうぞ。

【参加費】6,000縁


【お申込み・問い合わせ】
ミクシィのメッセやカレンダー、FBでの参加表明も、
当日参加も歓迎です!
ですが、大体の参加人数を事前に把握しておきたいので、
なるべくメールで、緊急連絡先を添えて、
コチラまでお申込み下さい。

※個別の連絡が間に合わないような緊急時には、
ミクシィやFB、ブログなどでご案内しますので、
チェックして下さい。

※このワークは、心身共に健康な方を対象としています。
なんらかの治療中の方は、担当医とご相談の上、自己責任で
御参加下さい。




~ 以下は、スピリチュアル英会話!

<スピリチュアル英会話・平日クラス>

【日時】7月24日(火)12:30-14:30 (12:15受付開始)

注)前回と会場が違うので、ご注意ください!
【場所】 横浜市野毛地区センター ※和室
   JR桜木町・京急日ノ出町・徒歩5分
   〒231-0064 横浜市中区野毛町3-160-4
  ※⇒ 地図


<スピリチュアル英会話・週末クラス>

【日時】7月28日(土)10:30-12:30 (10:15受付開始)
【場所】「あーすぷらざ」神奈川県立地球市民プラザ
    ※研修室 A
  JR根岸線「本郷台」駅 改札出て左すぐ
  〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
   ※ ⇒ 地図

【持ち物】筆記用具、辞書(なくても可。あればぜひ英英辞書を。)
    必要なら床に横になる際に必要なマットやバスタオル類


【受講費】5,000 縁

☆レッスン終了後、希望者で1時間のカラオケイングリッシュ♪
歌でやるとよくわかると好評の、『発音&聞き取り』の
無料・実践レッスンです。
私の1時間分の室料のみ、カラオケに行く人で割って頂きます。
(レッスン料は不要。)


【申し込み・問い合わせ】
当日参加もOKですが、教材準備などもあるので、
基本的には予約をお願いします。
お名前、急な変更が生じた時の連絡先を添えて、
メールで、以下のアドレスまでお申込み/お問い合わせ下さい。
event☆celestial-embrace.com (☆を@に変えてね)

個別の連絡が間に合わないような緊急時には、
ミクシィやFB、ブログなどでご案内しますので、チェックして下さい。


※個人レッスン、遠距離の方はスカイプレッスンも随時受付中です。


<今後の予定>

スピリチュアル英会話・週末クラス
8月18日(土)10:00-12:00 (9:45受付開始)
注)今までより時間が30分早まっています!会場は野毛です!

スピリチュアル英会話・平日クラス
8月28日(火)12:30-14:30 (12:15受付開始)

いずれも、会場は:
横浜市野毛地区センター ※会議室
JR桜木町・京急日ノ出町・徒歩5分
※⇒ 地図

0

7/22エクスタシーダンス(女性対象)開催します!

3月以来久しぶりに、エクスタシーダンスを開催します!

今回は女性オンリーの回になります。
前回、時間が充分取れなかった「受容のワーク」をはじめ、
女性性開花のヒントになる身体の動かし方などを入れて、
女性だけでゆっくりくつろぎつつ、
自分の中に出たり入ったり、
夢を見たり、現実を見つめたり、
あらゆる感情や感覚を、
音楽の中で、感じたり、動かしたりしながら、
すべての瞬間がエクスタシーに通じる、いえ
エクスタシーそのものだ、ということを
探求してみましょう。

エクスタシーダンスには、きっちり決められた
プログラムやエクササイズはありません。
決まったステップや振付で踊る「ダンス」ではありません。


リズムと音楽のままに、自分が内側と外側で
感じるがままに、動きたいように身体と心を動かします。
動かすことで、解放が起きたり至福がやってきたりします。
悲しみや怒りなどの感情が湧きあがることもありますが、
そのまま音楽と共に、それを「流れ」させていきます。

激しく動き続けたり、ずっと踊っている必要はありません。
自分のペースで、ゆっくりと動いたり休んだりしながら、
でも常に意識を、音楽と、踊っているその場に在りながら
内側にも置き、内と外を行ったり来たりしながら
起きるがままにしていきます。

女性性の時代、女神の時代と言われる今この時を
全身全霊で味わいつくし、女性性エネルギーの特徴である、
「思考する」のではなく「感じる」ことや、
「受容する」こと、
そして、何であれそれを表現することを 許し、
そのことをお祝いします。

特に、女性性を意識した音楽や、本能を刺激する太鼓の曲などが
主にかかります。

自由に踊り、自由に表現し、女性性である受容の
エネルギーの中で過ごしてみましょう。

勿論、シェアリングも自由な雰囲気で。

そして勿論、いつものように自由な服装で!
自由な服装」は、エクスタシーダンスの特徴の一つ。
運動着でも良し、憧れのダンスウェアでも良し、
女性だけなので、お気に入りのランジェリーや、
ビスチェなどにも挑戦したってOKです。

特に、今回も、最後には皆で輪になって、踊りたい人が
真ん中に飛び出してきて踊る、
「奉納サークル」と呼んでいる時間もありますので、
その時に、とっておきの「衣装」に着替えてもOKです。
(着替えの時間を取りますので、その前までのダンスで
汗をかいた人も、着替えてリフレッシュして下さいね。)

マラカスやフィンガーシンバルなどの鳴り物などの小楽器や
小さな太鼓なども、是非ご持参下さい!
ベリーダンス風に踊りたい人は、
ヒップスカーフを持ってきて下さいね!


普段ダンスをしている人は、この機会にぜひ、
いつもの「踊り」を忘れて、開放的に踊ったり、
感情を表現したりしてみて下さい。
エクスタシーダンスは、ダンサーの表現力を養うのにも
ぴったりです♪

そして勿論、初参加、初ダンス、大歓迎です!
飛び込んできて下さい♪
ちょっと思いきった服装や初コスチューム?!も、ウエルカ~ム!


自分の感性で踊る!
感応!官能!エクスタシーダンス

(女性対象)


【日時】7月22日(日)14:30-19:30(14:00受付開始)
【場所】「あーすぷらざ」神奈川県立地球市民プラザ
    多目的室

【内容】フリーダンス。基本的には音楽に合わせて
    自由に踊る(動く)。
    前半は、目を閉じて瞑想ダンス。後半は、目を開けて、
    人と繋がったり、自由に自分の表現を。
    服装で自己表現したい人は着替えて下さいね。

【会場へのアクセス】
  JR根岸線「本郷台」駅 改札出て左すぐ
  〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1  
    →地図

【持ち物】着替え(汗をかくので替えの服。あるいは好きな衣装♪)
    タオルなど。瞑想時に床に横になったり、冷えないように
    はおるためのバスタオルやショールなど。
    飲み物、軽食など。(会場に自販機有。)

【参加費】6,000縁


【お申込み・問い合わせ】
ミクシィのメッセやカレンダー、FBでの参加表明も、
当日参加も歓迎です!
ですが、大体の参加人数を事前に把握しておきたいので、
なるべくメールで、緊急連絡先を添えて、
コチラまでお申込み下さい。

個別の連絡が間に合わないような緊急時には、
ミクシィやFB、ブログなどでご案内しますので、
チェックして下さい。

このカテゴリーに該当する記事はありません。