~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

虹色の光が飛び回る夢

今更になってしまいましたが、
ここでは あらためまして

新年明けまして おめでとうございます。

今年もどうぞ よろしくお願い致します。


年末年始からの大ディトックス…というよりも、感覚的には
何か、異次元へトリップしてきた感じがつよかったのです。
ほぼ連日、高熱の中でこん睡状態のように寝ていたのですが、
何か、どこかに行っているというか、不思議な感覚も強く、
寝てるだけで過ぎ行く時間も、もともとがぐうたらなので
まったく無駄にしているとは思えず、
瞑想三昧の機会を頂いたような、嬉しい時間だった感じで。

その中でも、初夢に当たる日だったような気がするのですが、
とっても不思議な久しぶりの変な感覚の夢を見ました。

何年かに1回あるタイプの夢で、
私の中では、「空に、しるしが現れる」タイプの夢と
分類しております。

夢自体の雰囲気は、日常のシーンなんだけど、
突然、空に、銀色のUFO(鈴型)が2機、現れ
左右から飛んできて、真ん中で、くるくる旋回し、
いきなり、パかっとその鈴がまっぷたつに割れるんです。

それぞれ割れたから、4つに分かれた形。

すると、その中から、虹色の光が、さぁーーーっと
吹き出して、空にくるくると、絵の具のように
色をつけていく…

雲が虹色に光る、彩雲ってありますよね?
あれの、もっとはっきりしたバージョンというのか…

そして、虹色の光はそのまま空から地上に降りてきて、
ばーーーっと広がっていくんです。

綺麗な映像だったんだろうな~と想像していらっしゃるかも
しれませんが、確かに、綺麗といえば綺麗なんですが、
この手の「空に しるしが 現れた・・・」と感じながら
見ている夢って、なんというか、どちらかというと
ちょっと気持ちが悪い、というか、
「あ~あ。とうとう来ちゃった」みたいな感じ。

いやなことが起きたわけじゃなくて
(そういう発想や感覚は、ほとんど私の中になくて)
なんというのかなぁ~~~

「来るべきものが来た」とか、
「もう後戻りできない」とか、
そんな感じでした。

その感覚をし~っかり持ったまま、目覚めたわけでした。

はい。以上です。

オチもありませんし、to be continued でもありませんw


でもきっと、このお正月過ぎたあたりくらいから
チラホラ 色んなところにちりばめられている、
「おしるし」的メッセージと、ぴったり合ってるなぁ、と、
ちょっと、宇宙系入っているマニアックな皆様とは
あえて言葉にしなくても、わかり合っている感じに
ちょっとだけ触れて、2014年の初夢は【彩雲】ということに
しておこ~~~っと。


-

真実は 多面体

D1000014.jpg

0

「プレアデス+かく語りき」が、再び語りかけてきた

私のサイトやセッションに興味を持って下さったり
関わって下さる方達の中には、
「プレアデス」という言葉(すばる星団)に
なじみがある方達も多いかと思います。
(なじみがない、とおっしゃる方達への説明は、今ここでは控えます。)

そして、その中の多くの方達が、
プレアデス関連の書籍のバイブルというか
パイオニア的な存在として知られる、
バーバラ・マーシニアック氏の最初の二つの著書、
「プレアデス+かく語りき」
「プレアデス+地球をひらく鍵」を
かなり前に読んだことがある人達だろうと思います。

震災以降、何度か、この本が本棚から落ちてきたり
目に入ったり、頭に浮かんだりしていたのですが、
現実に起きていることのあまりのすさまじさに
何か感じてはいても、そこに手を伸ばすということは
していませんでした。

でも、今置かれている状況によっては、今でも、
これを読むのはつらく感じる方もいらっしゃると思うので、
あくまでも、必然で読むことになる方達に、
そしてもし、私と同じように、気になっている人がいたら、
是非、このタイミングで、パラパラとこの本をめくって
見られることをおすすめします。

きっと、新たな発見や、再発見、
そして、「彼ら」からの愛とサポートを、また感じ取ることでしょう。
私は、久しぶりに、あのおなじみの波動のワクワク感と
包まれてる感じと、そのメッセージが今ここに
響いてくる意味の大きさに、ぞくぞくして、泣いてしまいました。


以下、ちょっと抜粋:(ちなみに1994年の本です)


「信じようと信じまいと、現在、あなた方が理解しているような
人生に別れを告げる時代がきます。というよりも、
くる可能性があるといった方がよいでしょう。
文字通り、現在、あなたが所有している家を、
ほんのわずかばかりの持ち物を持って、出ていくかもしれません。

現時点では、とてもありそうなことには思えないでしょう。
あなたの内なる何かがこういうでしょう。

『神様、世界はいったいどうなってしまったのでしょう。
私にとって大事なものとは何なのでしょうか。
私が生き残るために何が一番重要なのでしょうか。』

すると、神が来て、あなたを導き、生き残るために
何がもっとも大切なのかを教えてくれるでしょう。

それは、要するに、わずかばかりのものを持って
家を出ていく、ということを意味するかもしれません。
あなた方の中には、この人生において、文字通り、
自分の家の敷居に立って、家の中を覗いて、
その中にあるものは、すべて、何の意味もない、という現実に
直面することでしょう。
なぜならば、もっとも大切なのは、魂に関わるものであり、
あなたの命だからです。

あなたがこれから、なろうとするものに照らしてみれば、
物質的な所有物やコレクションには何の意味もありません。

あなたをそのような行動に駆り立てるのに必要な出来事を
想像できますか?

小さな出来事ではとても無理であることがわかるはずです。


人類が、進化するという運命を持っていることを
忘れないでください。

あなた方が知っているような人生は、これから10年もすれば
なくなっているでしょう。
あなた方が知っている世界、あなた方が知っている現実、
さまざまな楽しみや、未来についての計画、休暇などといった、
今、あなた方がやっていることのすべては、
もう存在しなくなっているでしょう。

あなた方は、自分自身の進化のために地球に来ているのです。
その進化が、世界的な規模でどのように実現するのかは
興味津々のところです。

少数の人々の進化の話ではありません。
人間という種、全体の進化のことを言っているのです。

人々の目を覚ますには、相当な出来事が必要になるでしょう。
だからこそ、あなた方が勇気を持って人生を生き、
光を生きる勇気を持つことが、あなた方の重要な挑戦となります。」

(p.223-224「プレアデス+かく語りき」バーバラ・マーシニアック著)



昔、初めてこれを読んだ時の衝撃と、どこかで「最初から知っていた」ことを
知らされたような不思議な感覚は今は思い出すことはできないけど、
なるほど、現実に、今これが起きているのか、と…
ちょっと前のタイミングだったら逆に受け入れたくない状態だったかも
しれませんが、少しの時と、段階的状況を経て、今、納得しつつあり、
なおかつ、「だからこそ」から後の文が今、とても響いてくる気がします。



0

スター・コネクション

数ヶ月ぶりにセッションを受けにやってきたその人は、
ちょっと疲れた表情をしていた。

急激な生活の変化や、スピリチュアルな解放が進むのと同時に
現実生活でのこの次元への適応という側面での課題なども浮かび上がって
来ているので、「人間」としてその課題にこれから
直面し、取り組んでいくプロセスも始まるところなのであろう。

そんな中で、純粋に「エネルギーヒーリングを受ける」目的で、
まさに「心のエステ」、「エネルギー的エステ」のような
感覚で利用して下さることをとても光栄に感じつつ、
彼女の近況を聞きながら、なぜか、以前の彼女のセッションで、
開始の瞬間から、いきなりビジョンも話題も、【宇宙】に飛び、
明らかに異次元とのコンタクト、およびメッセージを受け取って、
初回だったにも関わらず、本人にもそれがもっとも自然な感覚で
受け取れていたことが思い出された。

そして、「レギュラーヒーリング」であるにも関わらず、
「ねえ、例のあのカードやっとく?」と、「例のカード(笑)」を
取り出していた。

例のカードとは、バシャールのチャネラー、ダリル・アンカさんの
カード・デックで、日本ではあまり見たことがないのと、
あまりにもマニアックなので(笑) めったに発動しない、
知る人ぞ知るカードである。

このカード、いえ、この系統の話題やモードがもっともしっくり来る方、
あるいは同じ人でも今は宇宙系の情報が来ている、と感じる時は
その共鳴に従ってみるわけだけど、
今回も本当に驚かせて頂いた…

今回のセッションは、特に「カード・リーディング」のコースではないので、
じっくりリーディングするのではなく、エネルギーワークの前に
「今日の一枚」という感じで引いてもらおう、と思ったのだが、
カードを切っているうちに、彼女が、鼻歌でも歌うような軽やかさで、
ぽんぽん、カードを抜き出して置き始めた。

絵を見ながら「なんとなく」直感でカードを選んでいる、と言う。


面白いので、そのまま見ていると、
「以上!」という感じで選び終わった後に
並んでいるカード達を見て、びっくり(笑)


英語の説明文(カードは英語)を見て選んだわけでもなく、
意味をわかってて選んだわけでもなく、
また、色々とセッションで話題になっていること以外は
いわゆる「宇宙人」系、チャネリング系の情報には
バシャール以外はまだそれほど触れていないはずの彼女が
選んだものは、その方面に明るい人なら、誰でも選ぶであろう、
いわゆる「地球文明」と非常に関連の深い、と言われている、
惑星系統のものばかりだった。


驚いたというか、驚かないというか、
この感覚は、ヒーラーなら皆経験していると思うが、
見えない世界とのコンタクトを、予備知識のない方が、当然のように
目の前で繰り広げてくれたりすると、逆に、私の方が、
「それでいいんだよ」という確信を宇宙から頂いたような感じになるのだ。

あまりに感心してしまって、彼女が置いたカードそのままの配置で
写真を撮ってしまった(笑)

そして、めったに写真をアップしてないこのブログで
なんと、アシスタント・ヒーラーのぬいぐるみ君達に次いで
アップした写真がこれかい、という感じで、ちょっととまどいも
なきにしもあらずだけど、わかる人にはわかるということで、
今日はその写真をアップしておくことにする(笑)

(カードの雰囲気だけシェアしたかったので、あえて、絵は、あまり
はっきり見えないようにしております、ごめんなさい。)

なお、このカードでリーディングセッションをしたい、とお感じになる方、
いつでもお待ちしております…(笑)






このカテゴリーに該当する記事はありません。