FC2ブログ
  • たくさんのものと さよならして 身軽になって からっぽの両手を 大空に向けて のばしたら 上から 天使が 降りて来た 手のひらの上の 可愛い天使を よく 見てみたら ずっと昔に 置いてきた、 幼い 私だった 私が 本当に やりたかったことをしよう 私が 本当に 伝えたいことを ひるまず 臆さず 伝えていこう... 続きを読む
  • インナーチャイルドのビジュアリゼーションの中で、登場したチャイルドの目を深くのぞきこんでもらうように誘導することがある。どういう時に、とは決まっていないので、私のところにインスピレーションが「降りて」きた場合とか、その人自身のガイドとのワークの中で、そのような展開に自然になっていることがある。いずれにしても、そういう時の「チャイルド」は、通常のインナーチャイルドワークで扱う、「傷ついた子供」とか、... 続きを読む
  • 天空の星たちに 見守られ今、もう一度 自らの意思で己の身を 差し出す懐かしいそれでいて 決して届かないかのような場所へまた 一歩踏み出す本当は 届かない方がいいと思っているのか自問自答の間もないほどに私の中から 私が 顔を出す天空はあくまでも 触れられそうで 触れられずそれでも その愛に見守られ抱かれて私の中から私が 産声をあげる                                  ... 続きを読む
  • その昔私は 自分の話をするのが 苦手だった。自分の本当の気持ち、自分が本当に望んでいることを口にすることは死んでもするまい、と思っていた。相手に、ぐさっとくることを言われても、真実を暴かれて 傷口をえぐられたような気持ちになった時も「傷ついた」ということを表現することができなかった。自分が「あなたの言葉で傷ついた」と言ってしまうことで傷つく相手を見たくなかったのだ。だから 私は 気づけば いつもピ... 続きを読む
  • 着々と定期的に継続してインナーチャイルドセッションを受けに来ている人の5回目のセッション。今回も大変に深遠で素晴らしい変容が起き、そのビジュアリゼーション中の内容を本人の了解を元に、通常ここに書くよりも詳細に、(勿論私が受け取った部分のみですが)シェアさせて頂きます。(本人は勿論もっと詳細かつ別な感じ方もしていることでしょう。)セッションで行なうビジュアリゼーションとはどのようなものか、いかにそれ... 続きを読む
  •   傷つくことを 繰り返すうちに  自分で自分に しかけてしまう 罠がある  初めから  相手に悪意があるかのように  ふるまってしまうこと  相手が自分を責めていると  思い込んでしまうこと  その前提で行動してしまう時  自分から出ている、強烈な「不信」という矢が  相手を射抜いていることが  わからない  だって  自分の方が ひどい目に遭うって前提が  先に 出来てしまっているんだもの  ... 続きを読む
  • 最近、セッション中に、↑このような言葉をクライアントさんがよく口にする。昔から、私自身がイルカととても仲良しで、何かにつけて縁のある生命体なのだが、横浜でヒーリングルームをオープンしてからというもの、日に日に、イルカがガイド役として、エネルギーワーク中に登場することが多くなっている気がする。自閉症の子供に対するヒーリングを始めとして、イルカの持つ「癒し」の能力やコミュニケーション能力の高さについて... 続きを読む
  • (以下は、今朝、掃除機をかけている時に(!)突然、「降りて」きたメッセージです。)『 何が真実なのか誰が本物なのか探しているうちは それは決して見つからないだろう。全てが真実であり全てが本物なのだという 真実しか 存在しないのだから。何が光なのかどこが闇なのか探しているうちは それは決して実感を伴わないであろう。すべてが光でありすべてが闇である。裏は表であり表は裏でありその二つは 一体だ。それは ... 続きを読む
  • いつも、ヒーリングルーム裏で待機しているタロー君には、「ヒーラーを癒す」、という大事なお仕事があります♪ほっ…(^o^)いつもセラピーで大活躍のヒーラー、イルカちゃんの憩いのひととき…ポン太君は、あまりものごとに影響されない性格のようです…元々いた場所が場所だからかな~(^^ゞ... 続きを読む
  • どこに行っても紅葉が目にしみる季節ですね。この季節、目だけでなく、その自然の発している、美しく温かい暖色の波動を、ぜひ、心(ハート)にも取り込んで、命の「気」を自分の中から湧き上がらせてみましょう。さて気がつけば、多くの人が「意識的変化の選択の年」と位置づけていた2006年も、もうあと2ヶ月足らずで終わろうとしていますね。皆さんにとって今年はどんな「変化」の年でしたか? どんな「意識的選択」をしてきま... 続きを読む
  • 「手紙を読み上げる」という行為は、近年、テレビの演出でもよく使われるようになり見ていて、なんとなくちょっと「鼻につく」とか「しらじらしい・わざとらしい」「嘘っぽい」「照れくさい」など色々な「抵抗」反応もあるだろう。でも、私の行なうインナーチャイルドセラピーの中では、この「手紙を読む」、それもただ読むのでなく「声に出して読む」行為がとても大事な「儀式」であり、セラピーである。勿論、何も強制的に行なう... 続きを読む
  • 「怒りという感情そのものが不健全なのではない。 自己の内面の成長ワークをしていない人が、 間違った時に、間違った場所で、間違った相手に向けて怒りを出してしまうことが問題なのだ。」 とは、確か、感情のコントロールについての名著で、 その昔ベストセラーになった、「EQ」という本に書いてあった名言だったと記憶している。 インナーチャイルドセッションの中で、 遅かれ早かれ、「アダルトチャイルド」と呼ばれるキャラ... 続きを読む

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード