~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

1月個人セッション

先日、1月の個人セッションの空き状況をUPしました。
が、すぐにご予約をたくさん頂いていて、
埋まっていっている状況です。

ご都合の合うタイミングがなかった方、申し訳ありません。

よろしければこちらからご確認ください。




0

スピ英・好評です!

スピリチュアル英会話にもAFPにも熱心に参加して下さってる、
Nちゃんが、FBに投稿して下さっていたのを
こちらでもご紹介させて頂きますね♪

**********************************

「怖がりな私はしばらく海外に行かなかったけれど
何年か前に、ふと自分の中でなにかが変わったみたいで
「○○行かない?」という話があったのなら
「いいねぇ~」って、軽く、行くようにしはじめた。
あえて、行くことに目的、意味づけもしないで。

それでも、本当にたくさんの刺激をうけて
特にヨーロッパ行った時に、
いろんな国からきた人と話す共通言語が英語で、
自分を表現する英語力がなくって、つまってしまって

コミュニケーションがとりたい!
英語力をアップさせたい!
って、のんきな私もさすがに強く思った。

で、そんな気持ちの私が、たまたま出会ったアムリタが
英会話の先生でもあった。笑

アムリタの『スピリチュアル英会話』

スピリチュアルには今までご縁がなかった私だけれど、
『シンプルな英語に心を込めて、
ハートで英会話コミュニケーションを学ぶ』のを、
アムリタは『スピリチュアル英会話』
って書いてる。

そうか、スピリチュアルってそう意味なのか。
と、いつもの、これまた、「楽しそう。なので」と
参加してみたら
シンプルに魂から会話するのを楽しみ
『魔法のように英語になじんでbyアムリタ』いく。

10月のAFP強化月間中に
スピリチュアル英会話にも参加したので
AFPも英会話も相乗効果で、
変容してきた気がする。

そして、今月から、海外へ行く皆さんの強化月間で始まった
スピ英的スパルタレッスン!
に、私も参加してみたけど。。。



すごく、イイ!!(≧∇≦)



英語圏の会話はこんな感じだな。
と古い記憶を思い出し
あらためて新鮮な気持ち。

私はスピ英に参加した当初近況を話す時に
「ヨーロッパに行きたいけど、次行くのは
アメリカだと思う」と話して
「なんで?」と聞かれて、
「なんとなく」って言って、爆笑してたけど
なんとなく。。。が、知らないうちに、
現実味が帯びてきているし、
そして、今日は

I should decide

らしいので。

スピ英的スパルタレッスンにも参加していこうと思っています。
ますます進化、パワーアップしているスピ英。
私も次の?新たな?
違うステージに〜」


********************************

Nちゃんは、一番最初のスピ英の個人レッスンで、
I thinkじゃなくて、I feel を使ってみてね、と言ったら
Feelという一つの言葉の奥深さをその場で感じ取って、
感動して涙を流していらしたのが印象的でした。

「感じていいんだ、感じてもいいんだ」って…。

そうなんです。

英語を、「考えて話す」から、「感じて話す」へ。


Nちゃんは、今や、その豊かな感性で、AFPも、スピ英も、
どんどん・ぐんぐん吸収してますます豊かに
なっていらっしゃいます。


エネルギーワークでもあるスピ英は、
シンプルな単語を使う時に、通常のモードよりも
繊細で感じやすい状態になっているので、
言霊を受け取りやすいのです。

英語に関しての色々なトラウマwも勿論ですが、
日本語ではブラインドスポットになっていたようなところに
スポットライトが当たるので、目からウロコ・ドロッピングな
瞬間があったり、ハートが開きやすくなってたり、
大きな気づきが得られたりもします。

部屋が小さいので定員があるため、満員になっていることが
多いかもしれませんが、今月来月は、まだ入れるクラスも
あります。

特に、歌を使ったクラスは、会話などと違い、
もう出来上がっている素敵なフレーズを
通じる発音で何度も繰り返す練習を、
歌を通して楽しく行なうために、いつのまにか、口が
動くようになっていたりしますので、オールレベルの皆様に
おススメです。

今月は、ホイットニー・ヒューストン、
来月は、ABBA です(←こちらは新しく追加されたクラス)

歌のクラスは、日本語も交えてやるので、初めての方も
どうぞ、飛び込んでいらして下さいね!

リクエストにより、【もっとスパルタ!】レッスンの参加申し込みはこちら

11月はホイットニー・ヒューストン!歌で発音とリスニング♪の参加申し込みはこちら

12月は ABBA!I Have a Dream♪の参加申し込みはこちら

スピ英・平日クラス 【今・ここ】の参加申し込みはこちら


0

遂に実現!Women's ドラムサークル!with フェミニンワーク

1390562_359531200848788_967539340_n.jpg

今月29日!東京の新木場で、とうとう長年(?)
私がやりたかったワークが実現します。

それは、女性だけのドラムサークルイベントを開催すること!

女性だけのヒーリングドラムサークルは、関西で
やってらっしゃる方がいらっしゃるのですが、
関東ではなかなかめぐり合いませんでした。

ドラムサークルは、ファシリテーターがいますが、
基本的に私が好きな部分は、大勢の人が、ただ輪になって
眼の前にある太鼓を好きなように叩いているうちに
グルーヴ、うねり、のような、ハーモニーが自然にできて
不思議な「一体感」を体験できる部分で、
その瞬間を想像したけでもエクスタシーです!w

1383185_359647780837130_1467404197_n.jpg

ドラムというのは、世界中、古今東西問わず、
なんらかの形であらゆる文化に存在する楽器であり、
楽器がなくとも、手を合わせると音が出る、という、
「触れ合う」ことによって、「音」が出るというのは、
共鳴、共振する、ことの実体験です。

その「音」が、天と地を繋ぎ、そしてお互いの絆ともなること、
目に見えない次元ともつながること、などなど
そのパワーが、古くからシャーマン達によって活用され、
自然との共同作業で何かを創造することに使われてきた、
太古からの太鼓…

儀式の場で、女性が太鼓を叩いたり
持って踊ったりしている絵も、色々な文化に存在しています。

シャーマニックでミステリアスでヒーリングパワーの持ち主の
女性達が、純粋な想いで集い、楽しむ時、
そこには、どんなうねりが、どんなバイブレーションが、
どんな光のハーモニーが生まれるのでしょう!


また、このパワフルなサークルでは
とてつもない解放が起きます。

太鼓を叩いてスカッとする瞬間や、
原始の血/地と繋がって、思わず踊り出す瞬間、
思わず声を出す瞬間などなど
一緒に楽しみませんか?


このイベントは、ドラムキャンプで知り合い、
その後、AFP(フェミニンプレゼンス)のワークや
リトリートにも参加して下さった、
パーカッショニスト・コンガ奏者のサンギータ陽子さんとの
コラボで開催します。

ドラムサークルファシリテーターがいるって
なんて安心でワクワクするんでしょ!

そして何よりも、
ファシリテーターが、楽器を用意してくれる
ということが素晴らしい恩恵なんです!


今回も、彼女が
世界中から集めてきた珍しいドラムや
打楽器を用意してくれるそうです


こんな機会はめったにありませんよ~~

人数分の太鼓を運搬してきて下さるので
定員(25名)となっています。
参加希望の方は、必ず、予約をお願いしますね。 満員御礼
(そして、万一キャンセルの場合は、ぜひお早目に
ご連絡をお願いします。)

当日は、女性達で創るドラムサークルと、フェミニンワーク
(女神の瞑想など)と合わせた流れで盛り上がっていきましょう!

では、以下、Facebookのご案内ページより詳細です。
この記事の下の方にあるメールアドレスへ、
必ず参加申し込みをお願いしますね☆

1381558_359647864170455_390591555_n.jpg

**************************************

普段頑張っている女性のみなさま、
日常のストレスを発散し、自分を開放しませんか?

みんなで輪になって手で叩ける大きさの太鼓を即興で叩き、
楽しみながらマインドを開放したあとは癒しのフェミニンワーク。

リズムを即興で楽しみながら、自分と他者とがOPEN MINDになり、
グルーヴによって絆ができていきます。

全く太鼓を触ったことがなくても、音楽経験なくっても、

ファシリテーターというガイド役がみなさんのご案内役、
リズムガイドになってみなさん一人一人に不安のないように
楽しいパーカッションとリズムの世界へお連れ致します。


そして思いっきり叩いて 笑って 開放されたあとは・・・

今度は日常で傷ついたあなたの心 Mind、
Inner Childを癒します。

ヒーリング楽器を使って即興演奏を聴きながら寝転ぶもよし、
なにかしらそこにある楽器を使って自分も参加するもよし、
瞑想するもよし。

そのまま、フェミニンワークに移行していきます。


マインドを解放して、子供の心を取り戻して、
自由に楽しく遊んだあとは、少し静かに休んでみましょう。

たくさんの音が鳴りやんだ後の豊かな沈黙にくつろいで、
今の自分、現在の自分に戻ってきます。

そして、今度は、女性としての自分の身体を意識してみましょう。

女性の身体は、古代より、神殿に例えられてきました。

自分の中にいる、女神に会いに行くメディテーションをしましょう。 

難しいことは必要ありません。 

ファシリテーターのガイドによって
ただ、女性の豊かな想像力を使って、自分の大好きな世界を
思い描くだけです。

そして、メッセージを受け取ってみたりしましょう。

その後、自分の内なる女神と共に、生きていること、
女性達の存在を祝福しながら、ガイドの導きで、
自分の中から湧き出てくる音や、リズムや、声や、舞いと共に、
また大いなる流れの中で、動き始めましょう。

女性達に、踊ってほしい人は、リズムを奏でましょう。

自由に舞いたい人は、太鼓のリズムに合わせて踊ってみましょう。

声を出したい人は、そうしてみましょう。

そうして、また、生まれ変わった自分として、
新しい時代の、新しい女性として
ドラムのサークルへと移っていきましょう。

きっと、実際のご自分の人生での素敵なミラクルへと
繋がっていくことでしょう。

女性が幸せであることは、世界の幸せに繋がるのです。


<Women’sドラムサークル&フェミニンワーク>

【日時】 11月29日(金)14時15分~16時半

【場所】 Bumbスポーツセンター内スタジオB 
(新木場駅から徒歩10分、お車でお越しの方は夢の島公園内駐車場へどうぞ)
アクセス詳細→http://www.ys-tokyobay.co.jp/access/

【参加費】3000円

【定員】 25名とさせて頂きます。
   (すでに現在14名ほどのご予約を頂いています) 満員御礼


◆お申込みはメールにて、

○ お名前

○ 年齢

○ ご住所

○ 電話番号

○ ドラムサークル、そして、
 女性性に特化したフェミニンワーク参加経験の有無

をお書きになって、

fwdcayn☆gmail.com までお申し込みください。
(☆を@に変えて下さいね)

【重要】このメールでのお申し込みがないと、
一人に確実に一個、太鼓を確保することができませんので、
人数に入らなくなってしまいますのでお願い致します。

また、お問い合わせも上記アドレスにお願いします。

主催 Nadi Sangita YOKO、 Amrita Prem Eiren
     チーフSTAFF  Naina 
 

◆ドラムサークルがどんなものかわからない方は
 ココ→http://estebanrhythmjungle.hatenablog.com/

◆フェイスブック エステバンドラムサークルページ
 →https://www.facebook.com/Esteban.dondoco

◆フェミニン・ワークについて
Amrita Prem Eiren公式HP【天空の抱擁】 
http://celestial-embrace.com/

皆様、ふるってご参加下さいね!お待ちしております!


0

AFP強化月間終了~その2。5Weeks編

(前回⇒「AFP強化月間終了~その1。リトリート編」からの続き)

八ヶ岳リトリートのわずか2日前にスタートしたのが
本拠地アメリカで元々AFPが始まった時のスタイル、
5Week シリーズと呼ばれている、週に1度のAFPワークを
5週間、つまり5回続けるコースでした。

以前もブログに書いたように、この5週コースは
果たして日本人になじむのか、やるとしたらどんな風に
やっていくかのがいいかを見るために、2期にわたって
モニターコースを行なってはいましたが、
正式(?)に開催するのはこれが初めてでした。

今振り返っても、いったいなぜ、リトリートと5Weeksを
一緒の月に、それも日にちをあけずに(汗)開催することに
なったのか、さっぱりわからないのですが(笑)

それはもう、不思議な流れとしか言いようがないのです。
無精な私が1人で「頭」で考えて計画したのではありませんでした。

リトリートは、モニターをやってくれた人たちの間から
「やりたい」、という声が前々から上がっていたもので、
会場となるホテルの日にちがたまたま空いていた日にちでした。
(それがまた例によって、天体的にはすごくパワフルな日!)

この5週コースは、東京都内のAFP体験会に参加して下さった方が
「素晴らしい!」とAFPを気に入って下さり、
ぜひ5Weeksを開催してほしい、とパワフルに迫って下さって、
多忙な彼女が5週間連続参加可能なのが10月のみだったのでした。

そんな必然の流れで組んだ日程の1週間前に、前述の、
メガトン級のぎっくり腰騒ぎ。

八ヶ岳に行くのも無謀と思われましたが、
こちらもかなりの難関でした(笑)←今だから笑える…いや、
当時も笑ってたな…ごめんちゃい、、、


そして、八ヶ岳同様、こちらもまた、たまたま参加者の中に
私が昔からよく知っている友人がいて、その彼女とはちょくちょく
家に迎えに来てもらって車で出かけることがあったからこそ、
今回の自宅からの送迎を頼むことができたのでした。

1381855_615922011793973_880385260_n_s.jpg
(よしみちゃん、本当に本当に5週間の送迎ありがとう!)


それでも、以前の私だったら、そんな「大変なこと」を
人にお願いするなんて、主催する資格なし、と判断していたと
思います。自分が全面的に1人で責任を負ってやらなくては、
というのと、人に頼らない方が結果的に楽だ、と
考える性格だったのです。

長年の自己探求とヒーリングの旅で、かなり人に「助け」を
求めることはできるようになってきましたが、
今回のは、横浜から八ヶ岳への送迎とか、
自宅からワークショップ会場への送迎を週1で、一か月間、
5回もお願いするという、「助け」というより、
大それた「お願い」に思えました。

今回のことは、そういう意味で、私に、人にお願いをする内容を
以前の自分には許せないくらい「大きくする」、という
チャレンジをくれました。

そして、引き受けてくれた彼女がまた、そのことをとても
喜んでやってくれたのです。
「役に立てて嬉しい。むしろありがとう!」って。

IMG_0253_s.jpg

そんなこんなで、5weeksコースも、杖を片手に、
病み上がりの初回は、彼女の車の後部座席に転がり込むように
乗り込んで横になりながら会場に向かいました。

5weeksは、全員で一つの「器」としての絆をしっかり作るため、
少人数で行なうものです。

__ 3_s

それは、単なる「必ず全員参加」という意味ではなく、
自分の中にたくさんの面があるように、そして、その一つ一つを
受容していく大きなスペースを自分の中に感じるように、
1人1人の女性の違いや個性、魅力を認めつつ
その1人1人が、自分自身の一部でもある、
どんな状態の自分も、どんな状態の人も、どの一部も
すべて大切な一部である、という認識をすることと
関係してくるもので、場のエネルギーにも大きな意味を
持ってきます。

__ 4_s

なので、参加の10人全員+私で創るこの器…
私がほんとに来れるのかどうか、Facebookなどで
見ていてくれたので本当に心配をかけてしまっていたと思います。
申し訳ありませんでした。

でも、痛みはあるもののむしろ、無事開催できた喜びで
いっぱいだったので、それこそ、象徴的な意味も
感じていました。


主にアメリカでは、週に1回、平日の夜に2時間、
誰かの家などで開催し、5週間コミットした少人数で
ワンクール終わった後、続けられる人達で、またそのまま
5週間コミットして、ずっと継続していくのが基本の
コースとなっています。

今やAFPは世界中に広がりつつあるので、その土地や文化、
生活スタイルなど含め、すべて、各々のティーチャーに
任されていて、色々なバリエーションで開催されています。

日本では、1回2時間では短いと感じるため、今の4時間の
スタイルで行なっています。

なぜ、5週間なのかということをよく聞かれますが、
創始者のレイチェルが行き着いた、長すぎず短すぎず
日常生活でAFPで得た感覚をなじませたり生かしたりしながら
【コミット】して続けることができる間隔だからだそうです。

全部で44個あるAFPエクササイズですが、
1回に2つか3つのエクササイズを行なって、
1週ごとに、段々、意識も絆もプロセスも深くなっていき
個人の中での子宮、グループの器という子宮のスペースを
しっかりとした受容の器として作っていくことで、
最終回の5週目には、始めた時からは考えられないほど、
内側が満たされた、そして、自分の見る世界が自分の内側と
繋がっていることを実体験で知っていて、どのような状態にも
OKを出すことが自然になっているという変化が
起きていきます。

もっと続けたい、とほとんどの人が思うのは、
何かを成し遂げるため、というよりも、
その心地よさ、気持ち良さ、満たされた感覚、
幸せな気持ちや安心感などがあるからです。

IMG_0339_s.jpg

女性が自分自身の心地良さを許し、気持ち良さを心から
歓迎し、喜びで自分を満たし、自分がしたいことは何か、を
じっくり感じることを許し、表現できるようになると
いわゆる「女らしさ」とか「フェミニン」とかの言葉では
表しきれない、なんともいえない魅力が
内側から、本当ににじみ出てきます。

944291_633350606717780_560387332_n_s.jpg

しかも、1人1人、スマップの歌のように、
違う【花】なのだということが、
実感としてわかるようになります。

そんなプロセスを経た、今回の10人。

勿論、個人個人のプロセスでは色々なことが起きていたでしょう。

色々なことをやりくりし、調整して、
湧き上がる抵抗を乗り越えて、毎週来るのも、
大変だったことでしょう。

小さいお子さんのいるお母さん、夜勤明けで来る人、
週1で午後休を取ったためにすごく忙しくなってしまった人、
新幹線で名古屋から通ってきてくれた人、
多忙なスケジュールの中でなんとか時間のやりくりをして
来てくれていた人、体調が悪いのに来てくれていた人、
たくさんの人達の、「無理」ではなく、「コミット」、意志に
よって創られた安心で安全な器の中で、
それぞれの内なる女性性が、くつろいでいくのが見えました。

IMG_0342_s.jpg

告知文に書いたように、
女性性ワークは直前になって抵抗が出てくることが
よくあります。AFPは、あえて、それが出てくる可能性を
先に知っておくことで、それでも参加することにコミット
してみて下さいというところからスタートします。

インナーチャイルド的に見ると、
この「抵抗」の子供達は、抵抗しながら存在をアピール
している子達です。
安心な子宮の器は、その子達も含めて、存在を受容する、
つまり、参加者は、自分の内なる抵抗ちゃん達を
連れて一緒に参加するのです。

そのことで、もともとその子達がしたかったことや
浴びたかった注目などが少しずつ浮彫になってきて
決して激しい、過激なやり方ではなく、ゆっくり、ゆったり、
瞑想的なプロセスで、その解放が促されるのです。

IMG_0338_s.jpg

この5週間中、FacebookでシェアされたOSHOの言葉に、
男性性と女性性について、中でも、瞑想の違いについて
触れていたものがあり、ワークの中でも取り上げました。

「他者が存在し、そこに愛があるというその思い、
その気持ち、その感じが女性を満たす。
彼女は幸せで生き生きする。この愛によってのみ、
彼女は、愛する者と愛される者がひとつになる地点に到達する。
すると瞑想が起こる。女性の潜在性にとっては、
最も深く愛と溶け合うことでのみ瞑想は起こる。
そうすれば、彼女はひとりでいられる。
そうすれば何の問題もない・・・
もう彼女は決してひとりきりではない・・・
愛する者は溶け込み、それは今や内側に在る。
女性の探究者が私のところへやって来る時はいつでも、
彼女は愛に興味がある。
もし私が愛はそれを通してやってくるだろうと言えば、
瞑想に興味を持たせることはできる。
だが、彼女の深い望みは愛なのだ。愛は女性にとって神なのだ。」

IMG_0337_s.jpg

まさに、AFPの中心軸となっている、女性のための瞑想、
フェミニンメディテーションは、
そのように、女性が自分と他者の愛を感じることで
自然に起きていく瞑想であり、AFPは、それを可能にするために
様々な意識や体やエネルギーのエクササイズを通して
実体験します。そして変容が自然に起きていきます。

だからこそ、それを経験した皆さんは、
内側から溢れる不思議な魅力と個性の輝きで、
プレゼンス=存在感が際立っていくのです。

そして、そうした1人1人の女性の輝き、
灯りが、世界を照らし明るくする…

世界にとっての光となる…

そうした究極の想いと共に進んでいきます。

そして迎えた5週目、最終日の朝、こんなカードを引きました。

1394794_631418056911035_1928899064_n_s.jpg

たくさんの見えない存在達のサポート共に
深い瞑想の中でたくさん内側で感じ、
満たし、溢れ出した最終回。

皆、やはり例によって、どこか深いところから溢れてくる、
しっとりした、独得の魅力たっぷりの笑顔になっています。

IMG_0108_s.jpg

何のワークでも、終了後は皆、「いい顔」、「美しい顔」に
なるものですが、AFPは、ワークの最中にはほとんど
「女性らしくふるまいましょう」などということは触れないし
働きかけもしないのに、このいい顔には、「フェミニン」が
たっぷりと溢れちゃってるんです。

それは、仲間内で言って自己満足しているだけではなく
確実に、自分の家族や友人や知人、はたまた見知らぬ人から
言われることが多くなるのです。「オンナっぽくなったね」とか
「魅力的になったね」とか…


さて、そんな魅力たっぷりの皆で、そのまま打ち上げでは、
なんと、ハロウィーンの仮装をして
ベリーダンスショーを観に行きました。

もう、みんな、最高にノリがいい!

998801_351684014976422_919000129_n_s.jpg

IMG_0377_s.jpg

心から楽しむことにOKを出した、魅力的で素敵な女性達!

1381730_631698266883014_1587304785_n_s.jpg

それにしても、その数時間前とものすごい落差!(笑)

いいのです。「ギャップ」は魅力なんです(笑)

女性の魅力の一つは、「多面性」です(笑)


場所の名前が、たまたま、AFPならぬAFR(笑)
そうそう、私が去年、熱帯熟女ベリーダンスショーに
出演させて頂いた場所です。

そこでは、皆、心からはじけ、笑い、踊り、
大いに楽しみました。

1395199_351692288308928_537821770_n_s.jpg

この内側と、外側への表現のバランスが
なんとも美しくて、何より皆とっても楽しそうでした!

女性性の「陰陽」両方をしっかりエンジョイしましたね。


AFPのグループは、いったん離れても、いつもいつも
接していなくても「繋がっている」という感覚を
持つことが多くなります。
子宮の絆は、ゆるやかで確かなのです。

これからは、自分達のペースで会いたい時に会う、という
感じで、AFPワーク、女性性意識のヨガ感覚で
続けていけたらいいですね。

皆さん本当に、自分への、生への、今という瞬間への
誠実で真摯な向き合い方、探求心、好奇心、たくさんの
愛をありがとうございました。


そして、今回の5weeksの会場をを提供して下さった、
AFPモニター2期のシスター達の1人である、
【夢企画☆草原の虹】のルミカさん、
素敵な会場をいつも気持ちよく貸して下さり
ありがとうございました。
スタッフとしてのお手伝いやご参加もありがとうございました。

弘明寺という場所は、有名な観音様の街。

観音様のエネルギーに包まれながらこのワークをできたことは
とても幸せでした。

ルミカさんのこのサロンでは、タロットリーディングや
クリスタルボウル演奏会や女性性ワークなど
色々なイベントが開催されています。
ぜひ、いらしてみて下さいね☆

⇒ルミカさんのブログ


では5weeksコース参加の皆様、あらためて
ありがとうございました。
また皆でお会いできる日を楽しみにしています!


0

年内ご予約受付終了しました

滞在中の六甲山より、取り急ぎお知らせです。

この間に、12月の個人セッションのご予約をいくつか頂いていますが、
おかげさまで、11、12月の個人セッションのご予約受付可能枠は、
すべてご予約頂きました。

ちょっと早いですが、年内のご予約受付は
終了とさせて頂きます。

来年1月以降の予定はまだわかりませんので
いましばらくお待ち下さい。

よろしくお願い致します。


アムリタ映蓮

0

11日まで関西です


瞑想家でセラピストでディルルバ奏者のゴパルのヒーリングブレインのトレーニングパート3の通訳で、六甲山にいます。

11日夜帰宅予定です。
この間、個人セッションご予約メールを含むメールの返信が遅れてしまいますが、お許し下さい。

LOVE,

Amrita

0

AFP強化月間終了~その1。八ヶ岳リトリート編

はっ!!!

もう11月になっちゃった!

は、は、早い………

今年ももうあと2か月…

と、皆があちこちでつぶやき始める今日この頃。


気づけば、私にとっては、
AFP(The Art of Feminine Presence)ティーチャーに
なって以来 初の、八ヶ岳リトリート(合宿)や、
正式な5Weeks(5週連続コース)が二つとも同じ10月という、
とても濃密な、ある意味ハード?で、ある意味幸せな
1ヶ月が終わったということになります。

両方とも、初開催でありながら
新時代の鍵とも言うべき「女性性開花」プログラムでも
あることもあってか、口コミのみで大変な人気で、告知後
あっという間に、それこそ数時間以内で満員になってしまい、
リトリートの方は、結局、大幅に定員枠を広げて
開催しました。

中には、この二つのコース両方に参加された方もいて、
その方達にとっては相当な濃いAFP月間だったと思いますが、
終ってみると、やはりそれだけ深みのある個々の魅力が
しっとりと、でも確実に溢れ出しているのは明らかでした。

それにしても、その10月に入る直前、9月26日に、
これはもう天からの啓示というかお試しというか、
節目によくある「弱み=強み箇所の浄化/強化」というか、
ありがたく受け取らせて頂くのみ、と今ならはっきり思える、
「メガトン級の」ぎっくり腰に見舞われて、
開催があやぶまれるという事態を通ったことは
生涯、忘れることはないと思います。

しかもその後、開催まで1週間しかない中で、
トイレに1人で行けるようになるぎりぎりのところで
車での送迎をして頂きながら、杖を買って、
荷物を運んで頂きながら、よく中止にすることなく
開催できたなぁと、今でも驚きです。

それでいて内容は、「なんとか開催できた」、なんてもんじゃなく
素晴らしく深い、充実したAFPワークショップとなったこと
こそが奇跡であり、それを可能にするために、どれだけの、
身内や参加者の方々やスタッフや友人知人、そして治療院の
先生に力を貸して頂いたことか…

本当に、色々な意味のある感慨深いプロセスでした。


では、もう1ヶ月近く前になってしまいましたが、
八ヶ岳リトリートの様子などを少し…
(Facebookでは、ほぼリアルタイムで
たくさんシェアさせて頂きました)

1390702_622333384486169_1077872010_n_s.jpg

このリトリート、参加して下さった16人の皆さんが
口々に、「とても素晴らしかった」、
「次回は更に長いコースをやりたい」などとおっしゃって下さり、
2泊3日ではありましたが、寝食を共にするAFPワークの
味わい深さ、最高でした。

遠くは高知県から飛行機で、愛知県からも何人も参加して
下さって、参加者同士初めて会う方も多い中でしたが、
AFPワークを通じて、皆、どんどん打ち解けていきました。

開催会場および宿泊場所であったホテルも素晴らしく、
ホテル自体素晴らしいのは勿論ですが、
そのコンセプトやサービス、空間、エネルギーなどなどが
AFPワークにホントに合ってたなぁと思います。

suite_rm.jpg

きらびやかだったりゴージャスなわけじゃなく、
しっとりと落ち着いた、それでいて、気品漂う
優しい空間で安心・安全を感じながらワークを楽しみ、
食事や、景色や、温泉や、広々とした素敵なお部屋での
女性同士での繋がりを心ゆくまで味わうことができましたよ~。

1382821_622333107819530_47832540_n_s.jpg
1378164_616987148354126_1710608468_n_s.jpg
935983_622333254486182_1012053350_n_s.jpg

ここでのAFPリトリート、ぜひまたやりたいです。

そして杖持参で行ったほどだった私の腰も
ホテルの方が目を丸くするほど、着いた途端にどんどん良くなり、
あきらめていた入浴も、腰に良いという温泉に
た~っぷり浸かることができるまでになって
滞在中は、皆の素晴らしい受容のエネルギーもあって
私自身も文字通り癒されながらの時間でした。

1209194_616971781688996_1122187976_n_s.jpg

___s.jpg

この深くて安心で滋養に満ちたスペースの中で
女性性は大いにくつろいで花開き、
そのような機会だからこそできるAFPのエクササイズも
色々取り入れつつ、いつものように私自身もその場にならないと
何が「降りて」くるかわからない信頼の中で、
たくさんのサプライズやギフト満載の流れが
ただそこに起きていました。


「泣いてもいいって思えた。こんなにたくさん泣いたのは初めて。」

「こんなにたくさん笑ったことない。」

「女性の集団の中で、こんなにくつろいでいられたのは初めて」

「こんなに女性って美しいものなのか、とあらためて感じた」

「もっとやりたい。またやりたい。」


などなどの声が上がっていた3日間で、
例によってこんなにも顔が違うの?!と
言うほど、皆、輝きを増し、元々の美しさに更に
生き生きとした喜びが加わって、それはそれは美しく
魅力的な女性達、女神の輪の誕生でした。

1379888_618443741541800_91011185_n_s.jpg


終了後も、Facebookなどではたくさんの気づきや
ミラクルのシェアがあり、また1人1人、色々な感情を
慈しみながらの生活に戻って行かれましたが、
あの空間、あの貴重な日々を抱きしめながら
またぜひぜひ、共に過ごすリトリート、やりましょうね!

皆さん、ありがとうございました。

そして、企画者でありスタッフであり、おまけに
私の送迎までも担ってくれながら、終始、優雅で
フェミニンで、大きな器でいてくれたアジャンタに
心から感謝します。貴女がいなければ開催はできませんでした。
本当にありがとう。
1378540_616432728409568_1811436461_n_s.jpg


(『AFP月間報告その2、5Weeksコース』へ続く)


該当の記事は見つかりませんでした。