~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

今年もありがとうございました

さて、あと数時間で2016年が終わります。


個人的にも色々と大きな出来事があった2016年。

不思議なことに、ここ数年、
そう、やはり特にAFP・フェミニンプレゼンスとの出会いからでしょうか、
自分の内側にいつもどこか穏やかなスペースがあって、
いつもプラクティスしているように、
何があっても、戻るところ、還る場所を知っているという感覚があって
静かに満ち足りています。


それにしても、今年はたくさんの別れもありました。
多くの素晴らしいミュージシャンやアーティストが旅立ち、
個人的にも近しかった素晴らしい人達も逝ってしまった。

SMAPの解散といい、
プリンスやデビッド・ボウイの死といい、
何か、ひとつの大きな時代が幕を閉じたという感が強い…

こんなに多くの人達が亡くなる年ってあったでしょうか。

そしてなんだか、いつのまにか、
生と死が前よりも切り離せないような。

いつ自分にも、その「死」が訪れるかわからないような。

去っていった人達は、「去った」わけではなく
どこか次元の違うところで
違う姿で存在していると感じるのです。

希望とか、知識とかでなく、そう感じるのです。
 
 
災害などがあって、助かった人達が心がけがよくて、
亡くなった人達が心がけが悪かった、なんてことはないのです。

それだと、亡くなることが悪いことみたいじゃない?

あ、話しがどこに向かっているのかわからなくなってきた〜


とにかく、今ここでの生を大切に生きるのは、
決して、生きていることがラッキーだからでも
生がこれで終わりだからでもない、と言いたいの・・・かな?

今ここは、今ここしかないから、
次の瞬間には、どうなっているかわからないという体験を
いやというほどしてきたから、
今ここのことは、何が起きていても全部味わいたい、と。

今年も、たくさんシンプルな喜び、シンプルJoyを
感じて、表現して、発信しました。

来年も、なお一層、そうして行きたい・・

たぶんw


今年1年間、皆様ありがとうございました。

素晴らしい年始をお迎えください。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


アムリタ映蓮

IMG_0917_convert_20161231193355.jpg 
1番寒い冬の日に
どこかでいつも必ず小さな春が
顔を出してる


0

自分自身の最先端に立つ

クリスマスも終わり
あっという間に今年が終わっていきますね。

IMG_0850_convert_20161228002154.jpg 
唯一我が家のクリスマスっぽい画像w


とても素敵な出会いや
やってよかった、というイベントや
足を運んだかいがあったという場所や
思い切ってやってみたら新しい発見があった、など
もう、もりもり盛りだくさんですが、
ほとんどロクに記録できていません(笑)

もうそれでよしとすることにします。

出来事の記録より、
感じたことや、今残っている感覚を書く方が
性に合っているから
意味不明でも
時にポエムチックでも
いいやって

それでもやっぱり
書きたい時にしか書かないから
何も変わらないけどねw



最近ね

前にも増して
強くなっている感覚は

もう理屈や説教や助言やスピ的解釈や
分析や癒しや肥やしや気づきや築き、、、、、

もうお腹いっぱい。


要らない。


要らない。


要ると感じる時は
それでいいし。


他の人は他の人でいいし。


特に、AFP・アート・オブ・フェミニン・プレゼンスを
深めれば深めるほど

こうでなくてはいけない、から
自由になっていく自分がいて

同時に、「こうした方がいい」、からも
自由になっていく

そして、色んなことをワークルームの中で
発言したりしているよりも、
実際の生活、
実際の体験において、
どんどん経験を積んで
どんどん「感じて」

とにかく、生きる。

体現する。

ただそれだけだな、と。


今、私はティーチャーを養成したり育成したりする役なわけですけれど
そしてそれはとても好きなことだとわかった嬉しい今年だったのですけれど
その役に没頭している時は、もちろん、

「こうしてみたら?」
「こうした方がいい」

時にはもちろん、

「こうすることになっている」

という発言をすることもあるわけで。


でも、ひとたびそこから離れてみると、
いつも皆んなに言っていることだけれど、
どんなに強く「こうしてね」と言われても、
それを自分で受け止めて
よく内側で感じてから
自分の感覚と照らし合わせて決めてほしいと。

「それで私はどうしたいのだろう?」と向き合うところを経てほしいと。

AFPにおいても、個人セッションにおいても、
私は、そういうことを促す人でいたいのです。


いわゆる「リーダー」像とは違うかもしれないけれど。


ん?

どこに話しがいくんだ?


あ。


そうそう。

それで、AFPという女性性のワークは
単に「女性のための」ワークというところを
超えた、自分らしさ、や自己実現、
自分の中のリーダーシップの探求という側面が大きいのですが、
その中でも、
大事にしていることに、
自分の「快適ゾーン」から一歩踏み出す、というチャレンジがあります。


それは、何もワークの中で行なうのではなく
自分の日常で行なうことがプラクティスです。


これは特に、AFPの認定ティーチャーになってから
実感し、実践するようになります。


何もAFPクラスを持ったり、ワークショップをすることだけではなく
というより、それよりももっとはるかに大事なことが、
この実感、実践、そして実験と実体験、
つまりは、自分の人生での体現だと私は感じています。


それには、日々のほんの小さな試み、
ちょっとしたジャンプやチャレンジがすごく重要。


なぜなら、AFPティーチャーは
自らの体現することによって、
世の中に影響を与えていく人達だからです。


今年秋に開催したAFPティーチャートレーニングを経て
認定ティーチャーとなった矢野佐貫子さんが、
歌のレッスンを受けて、自分が歌っている様子を動画に撮って
それをFacebookに投稿したのですが、そこに至る過程を
すごくよく表しているので、抜粋してご紹介しますね。
(ご本人承諾済み)

今までの私だったら動画とか載せないんですけど、

何か「別に出せばええやん」て、ふっと思えてきて。

世界に対する信頼みたいなのが増していってるんですよね。

これはきっとAFP効果ですね。

AFPの44のプラクティスに加えて、

45番目のプラクティスと言われている、

「AFPティーチャーである」という効果です。

それは、

ー cutting edge ー

『自分の最先端である事』

の実践だなぁと思ってます。

あとは、

『自分のコンフォートゾーンを出ること』

も、とっても大事で意識してます。

さきちゃん、ありがとう。
頼もしいな〜〜素晴らしいな〜〜




それ以外にもね
毎日ひとつ、新しい経験をすると
寿命が延びるとか、
私的な感覚だと、若返る、という効果もあるのです。

だって、原動力が【好奇心】だからね。


人間、ダメ出しや現状否定から出発しても
心から満たされることはないし、
年老いていくスピードは早まるよね。

子供のような好奇心と、
子供のような怖がりの部分、
両方、なくさなくていいのです。

二人のインナーチャイルドを両脇に抱えて、
一歩、今日も踏み出そう。


というわけで、明日は年末大掃除はそっちのけで
踊りに行ってくるぞ〜い♪


***********************************
画期的な女性性意識の開花ワーク、AFPって何?



関連記事
0

新年のスピリチュアル英会話日程

【新年1月のスピリチュアル英会話】


575170_430507630295842_142446129101995_1681309_1233383396_n_convert_20161208225859.jpg 


さあ!来年こそ!始めてね?!

「英語くらいやっとかなくちゃ」とか
「英語もできないなんて」

じゃなくて、
 
 
「コミュニケーションしたい!」
「表現したい!」
 
 
【たい】!
イコール
【WANT】


始める、いや、続けるんだよ〜〜〜
 
 
「英会話学習」のイメージがひっくり返る画期的メソッド!
 
 
1月は、新年にふさわしいクラスが2回!

どちらのクラスも熱烈リクエスト開催です!
 
 
初めての方も、スピ英マニアな方もお待ちしています。 

以下のリンク先のページの下の方にある日付をクリックして
お申し込みくださいね♪
 
 
【じっくりスピ英メディテーション】(初心者向け)
1月17日(火)13:00-15:00
お申し込み→http://www.reservestock.jp/page/event_series/16944
 
 
【真の気持ちの英語表現が身につく!人気のカードゲーム】
1月25日(水)13:00-16:00(3時間)
お申し込み→http://www.reservestock.jp/page/event_series/8897


528688_449734178429127_1912733420_n_convert_20161208225753.jpg 


◆スピリチュアル英会話の無料メルマガ 登録はこちらからどうぞ♪



関連記事
該当の記事は見つかりませんでした。