~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

ホピと子供達

昨日、朝の横浜地域のものすごい雷と豪雨の中、
いってみれば新月の浄化の嵐の中、
スピリチュアル英会話に来て下さった方々、
どうもありがとうございました。

そして私はその後続けて、午後、横浜市内で
行なわれた、アメリカ先住民・ホピ族(水氏族)出身の
ルービン・サウフキー氏の、アートとトーキングサークル
(シェアリング)のワークショップに行ってきました。
(⇒ ルービン・サウフキーのロロマーニ

ルービンさんは、今年、敢えてこのお盆の時期に
いらして下さったそうです。
先祖が帰ってくるとされている、日本のこの時期に、
行くことが重要だという決意で。

ホピとは、「調和のとれた生き方」という意味だそうです。

私は知らなかったのですが、ルービン氏は、
去年の震災直後にも来日して下さっていたそうで、
国境を越えて出現しつつある、「輪/和」の
メッセンジャーでいらっしゃるのだな、と私は感じました。

今、私は膝を痛めていて、ダンスや太鼓のレッスンなど
すべてお休みして、ゆったりした日々を過ごしているのですが、
そういうタイミングだからこそここに導かれた気がします。

元々、学生時代からシャーマニズムに関心があり、
現代に生きるシャーマンたちの生き方やメッセージを
受け取ったり、シャーマニックなトレーニングも受けて
来たのですが、今回の雰囲気は、格別懐かしくて
Sacredな感じが予想を超えていたので驚きました。

ルービンさんも勿論素晴らしかったのですが、
そのワークが行われたアートスクェアという場所が
あまりにも素晴らしくて、敷地に一歩足を踏み入れた途端
絶句してしばらくぼーっとしてしまったほどでした。

20120818_133410_s.jpg

20120818_133741_s.jpg

その時はすぐにわからなかったのですが、
そこにあったエナジーが、付け焼刃でなく、
その場所で長いこと自然や生命を慈しんで育まれてきた
もので、それこそ「調和」の高いエネルギーだったのだろう、
と感じています。

20120818_134427_s.jpg

また、そこは普段、子供達のアート教室になっていて、
無邪気で自由で純粋な子供達のエネルギーでいっぱい
だったということもあるでしょう。

20120818_155454_s.jpg
20120818_155501_s.jpg
20120818_155539_s.jpg
20120818_155514_s.jpg
(⇒ ASABAアートスクェア

そのような場所に、このルービンさんが
いらっしゃっているので、なおいっそう、
数年前に訪れた、セドナのエネルギーのような、
聖地のような神聖で優しい光に満ちた場所に
感じられたのだと思います。

多くの人が、ホピというと「ホピの預言」が浮かぶと
思うのですが、直接それについての部分ではなく、
ルービンさんのお話の中で、私にもっとも強く残ったのは、

「子供達を慈しみましょう。
大人にはない、純粋さに敬意を払いましょう。
子供達の声に耳を傾けましょう。
彼らが必要としている注意をちゃんと向けましょう。」

という部分でした。

20120818_181046_s.jpg

ホピの歌やことばの中に、子供達を宝物としている
表現がたくさん出てくるそうです。

私は自分自身の子供はいないのに(今生はw)
内なる子供を扱うインナーチャイルドセラピーを通して、
あるいは私自身の中に強烈な子供っぽさがあったり、
いつも「子供」エネルギーを身近に感じています。

前にも書いたように、習っているジャンベ教室に
大人と同じように子供が参加していることもあるし、
もともと、子供に対して、大人目線は持っておらず、
完全に対等か、逆にものすごく敬意を持っています。

特に今の子供達の内面の智慧には、
いつも驚かされます。

今回のWSにも子供達が何人か、大人と一緒に
参加していて、アートとしての素晴らしい表現や言動、
たたずまい、存在感の中に、単に「小さい子供」ではない、
魂の強さや智慧を携えて自らの意思で、今この時の地球に
やってきてくれている、ということを確信できて、
そのことが何よりも嬉しかったです。

ハフラやショーのための練習に追われていたら、
この機会を持てなかったので、本当に、
あらゆる人生での出来事には、原因だけでなく
目的があるのだ、個々人で感じ取るそれが、
出来事の意味になるのだな、と実感しました。

多くの言葉よりも、視覚などの体感を通して
伝えられるアートやシンボルを大事にするホピ。

個人的にも今、この時期に
この出会いがあってよかった…

スピリチュアル英会話の、Who Am I ?という
問いかけのテーマで始まった一日は、
ホピの温かく懐かしいエナジーでチャージされ、
たくさんの子供達のアート作品に囲まれて、
とても豊かな気持ちで終わりました。

20120818_134348_s.jpg
20120818_134329_s.jpg
20120818_181441_s.jpg

あまりにも豊かな気持ちだったからか、
祭壇に置かせて頂いた自分の指輪とブレスレットを
忘れてきてしまいました…(汗)あさばスクェアの皆様、
お手数おかけして申し訳ございません…<(_ _)>


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する