~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

1月14日(祝)フェミニンプレゼンス体験会

今年も残すところ、あと3日ですね。
今日が仕事納めだった方も多いかと思います。
1年間、お疲れさまでした。

さて、来年から本格的に、まずはグループワークとして
シェアしていく、アート・オブ・フェミニン・プレゼンス
(AFP)の(日本で)初めてのミニ・ワークショップが、
いよいよ来月14日(祝)にせまりました。

もう何が嬉しいって、久しぶりに私自身もこのワークを
他の女性達と一緒に体験できること。

今回は、ほんの短い時間だけど嬉しいです!
大好きだから、このワーク!

あ、そうそう。これを開発した、友人のレイチェルから、
年末年始のホリデー・シーズンを過ごす女性達に向けて
家族を訪ねる時も自分の中心にいるための
3つの秘訣
」と題したメッセージが来ました。

要約すると、

「この季節は、たくさんの愛に溢れて家族と共に過ごす、
貴重な時期だけれど、多くの人にとって、家族とは、
古い感情を刺激されたりしてあまり居心地良くない時間に
なってしまうことが多いと思います。

そんな中で、次の3つのことを忘れずに過ごせば大丈夫!」

1.Womb Space(子宮のスペース)に意識をおくこと。
この、子宮スペースについては、AFPで詳しくワークしますが、
基本的に、子宮に意識を降ろしてきて、そこにいること。
(男性の場合は、丹田でいいそうですが、これは女性への
メッセージなので、子宮の方でいきます。)

2.自分のLight globe(光の球)の中にとどまること。
この、光の球についても、AFPで詳しくやりますが、
オーラフィールドとか、エナジーフィールド、あるいは、
自分自身のバウンダリー・スペース(境界線)の感覚のことです。
これは、自分を輝かせる、という意味もありますが、
いわゆるプロテクションの意味もあり、同時に、
相手のフィールドを尊重する、という大切な意味でもあります。

3.「彼ら(家族)」は、このままずっと
変わらないかもしれない、という可能性を覚えておくこと。

そして、それでよしとするスペースにいること。
その上で、彼らの美点や長所、自分にとって、
「ありがたい」ことに意識的にフォーカスし、
それを家族に表現する/伝えることを試みること。
「褒める」「賞賛する」は、女性性エネルギーの大事な
要素。素晴らしいフェミニンプレゼンスの練習の機会です。

ということです。

そんなメッセージが、色々な国の女性に向けて
発信されていること自体、文化や国を超えて、親戚や家族が
顔を合わせ、共に過ごすこの時期、
同じような経験を通っているんだ、ということがわかって、
女性達にとっては心強いサポートですよね。


ということで、AFP・フェミニンプレゼンスのワーク
体験会、2時間半というお試しのミニワークショップですが、
ぜひいらして下さいね。
2013年、パワフルフェミニンの魅力全開になりましょう!
お待ちしています。

当日は、早めに会場に入れるようにしておきます。(13時~)
軽いダンスミュージックをかけておくので、踊りたい人は
踊ったり、新年に初めて顔を合わせる仲間に挨拶したり、
着替えたり、軽いランチを会場で食べたりして過ごして下さいね。

Art of Feminine Presence
ミニワークショップ 「フェミニン・プレゼンスって?」


【日時】2013年1月14日(祝)
    14:00-16:30(13:30受付開始。
           会場には13時から入れます。)
【場所】横浜市野毛地区センター・集会室
    (JR桜木町・京急日ノ出町・徒歩5分)
    → 地図
【内容】AFPについての説明。フェミニンな状態を体験する
    ミニワーク。ペアワークやシェアリング。
    今後のクラス開講予定について。 
【持ち物】動きやすく、かつ女性性を意識した服装。
     できればスカートで。
【参加費】体験価格!3000縁(当日お支払下さい。)

【お問い合わせ・申し込み】afpjapan☆celestial-embrace.com
             ☆を@に変えて下さいネ。

参考)詳細ページ(PCで見ないと見にくい状態です、スミマセン)

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する