FC2ブログ

【男と女】 シリーズ その13

うわぁ、このシリーズ、2013年一発目が13だ~!

この「男と女」シリーズ、心待ちにしてくれている、
隠れファンが何人かいるそうで(笑)ありがとうございます。
相変わらず気まぐれですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
                   アムリタ映蓮



『男と女】 その13

女は 会話を 続けたくて あいづちを 打つ。

男は 会話を 終わらせたくて あいづちを 打つ。



関連記事

コメント

mizz

話を聞いていたい時だってある
会話でのコミュニケーション、限界もあるが第一の手段です、大事にしています。でも、それだけが全てじゃないと思います。男性は会話の内容を全てと思いがち、女性はそれ以外の何かを感じとるのが上手だ。だから男性は会話より行動や触感を、より大事にする。その差は性差なので仕方がない。大事なのはマインドのあり方、それさえお互いに分かり合えていたら、二人はどんなにか幸せだろう。

Amrita Eiren

Re: 話を聞いていたい時だってある
mizzさん、コメントどうもありがとうございました。本当に、そうですよね~
このシリーズは、当然ですが、全員にいつもあてはまることを書いているのではなく、
「あるある」っていう軽い感じでクスっと流して頂いていればいいし、
それって、アムリタだけなのでは?とか、いつもではないでしょ?とか思われていていいのです。
でもmizzさんのおっしゃるように、コミュニケーションというのは、
色々な形や手段があるからこそ、ある意味すれ違うのであり、だからこそわかり合いたいと思う
男と女の愛しい姿がそこに浮き彫りになるのだと思います。ありがとうございました。

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード