~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
2

初のAFP体験WSは…

昨日14日は、ご案内していたように、アメリカで習得してきた
AFP・フェミニンプレゼンスを知って頂くための
日本初の体験ワークショップの日でした。

が。

ニュースなどでご存知のように、昨日に限って、
「爆弾低気圧」と名づけられたほどの急速に発達した低気圧で
大雪。暴風で吹雪状態。
それも、首都圏の中でも、横浜の積雪量が突出していたのです。

こういう時、やはり、「いったいなぜ今日に限って…?」と
すぐ感じてしまうのですが、とにかく昨日は
いつもより多くのお客様が参加予定で、それも新幹線を
使っていらして下さる方達もいらしたりという状況の中、
結果的に起きたことには、本当に不思議な意味を感じた日でした。

結論からいうと、すでにSNSでは書かせて頂いたように、
午後になって「警報」が出てしまったために、
会場の方に、早めの閉館をするのでワークショップそのものを
中止か、早く切り上げてほしい
、と言い渡され、
それはまだワークショップが始まる1時間前だったので
(ただし、開場はたまたま1時間前から予定していたのですが)
結局、イベントは中止ということで、
参加予定の皆さんに、大急ぎで緊急連絡をすることになって
しまいました。

昨日は20名近い方からの申込みがあったので、
すでにその時点で、色々な方からの「遅れる」とか
バス、電車が動いてないなどの連絡が入り始めていましたが、
その間をぬって、mixiやFB、リザストの一斉メールなどを使って
なんとか中止のアナウンスをすることができました。

もしアナウンスができていなければ、主な交通機関が
止まり始めていたので、どちらにしても、皆さんが
次々遅れていらっしゃるか、来ることが不可能に
なってしまっていたことでしょう。

それでももう既に会場に到着していた人や、
名古屋からお越しの人達、
中止と知っても、映蓮の顔を見たいから行く、とか、
すぐに帰った方がいいですよ、と伝えても、
とりあえず会場には行く、とおっしゃった方達などが
次々と到着し、計6人が会場に来て下さいました。

それもワーク開始1時間前から開場を予定していたため、
皆さん、早めに着くようにいらしていた方達でした。

しかしその頃には、ほとんどの電車、バスが止まり、
逆に帰れない状況が待っていました。

そのまま皆でどこかのホテルに泊まるか
すぐに解散するか、と話していたら、
センターの方が、予約してある時間まで
(当初の閉館時間17:00まで)大丈夫です、と
言って下さったのです。

皆さんの希望としては、それならせっかく来たのだから
AFPを体験したい、ということだったので、
まるで山小屋に避難しているかのように
閉めきった部屋で、窓の外の吹雪を眺めながら、
正式なワークショップとして、ではないものの、
その人数でできるワークをいくつか
行なうことができたのでした。

こうして、日本初のAFP・フェミニンプレゼンスは
外では嵐でも、内側では静か」、という
なんとも象徴的な状況で、少人数で、それも
私を入れて、「」人、という、スピリチュアル的に
意味深な人数でスタートしたのでした。

そういえば、アメリカで受講していた時も、ちょうど
最大規模のハリケーンが来ている中で、
静かに、この「Ying(陰陽の陰)」のワークを
室内で行なっていたのが象徴的だ、と思ったのでした。

集まった方々は、誰1人帰りのことを心配するでもなく、
皆なぜか安心して、「今この瞬間」に没頭して
ワークをとても楽しんで下さいました。

そんな皆さんに助けられ、私としても、
その短い時間の間は、外の吹雪や積雪が嘘のように、
この静かなワークに集中することができました。

帰りも電車が止まっていたので、小一時間お茶をして
電車が動き始めたタイミングで解散。

そんな流れの日でした。


すべて意味があって起きている、と実感して、
最後まで、外で起きていることとは裏腹に、
内側は穏やかでした。

そして、皆さんが無事に帰宅をすることができて
ほっとしています。

とはいうものの、せっかく申し込んで下さったのに
多くの方がこのワークを体験できなかったことについては、
自然の力、という不可抗力だったとはいえ、
やはり、残念な気持ちがあるのは否めません。

次のAFP関連の開催は、3月2日の長いログラムですが
初めての方も参加できる構成に、いま調整中です。

体験WSもまた開催しますので、ぜひお越し下さいね。

きっとベストなタイミングであることを信じて…


昨日、参加者の皆さんのことを思い浮かべながら買って
会場に飾っていた花束。
何かを受け取って頂けたら幸いです…
(写真はセッションルーム)
DSC03690_s2.jpg


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

EIKO says..."ミラクルタイム"
天候もWS体験もすべてがミラクルだった1日でした。
私は、名古屋から朝早く出発して、新幹線の中で景色が、雪国変わり?!(*_*)ビックリ。
でも、WS会場が閉鎖になるなんて思いもせず、東京在住の友人と雪の中せっせと歩いて会場に向かいました。

アムリタさんにお会いしたのも初めてだったので、こんなに近くまで来たなら、一目お会いしたいと思いながら会場に到着。
アムリタさんは、初めてお会いした気がしない、素敵な方でした☆ 初体面を味わう時間もなく、帰りと帰れない場合の宿泊先ホテルの心配を一瞬しましたが、なんだか心は落ち着き、今を楽しむ選択をしました。

AFP・フェミニンプレゼンスの体験ももちろん初めて、ご一緒していた皆様もほとんどの方が初めてお会いする方々でした。
アムリタさん文章にも有る様に、外は笑ってしまうほどの大雪、猛吹雪、でも中は静かな「Ying(陰陽の陰)」。
とても安心で心地よく、暖かな時間が過ぎていきました。

AFP・フェミニンプレゼンスの体験の良かったことを文章にしたいのですが、文字にするとちょっと違う感じなってしまいそうで・・・

是非、一度体験なさってください!
頭でなく、体感してみてください♡
私、必ず続けて参加させていただきたいと思いました。
名古屋から参加して、良かったです。

大雪の中残ってくださって、一緒の時間を過ごしてくださった皆様、ありがとうございました出会えたことにも感謝です。こんなミラクル体験のチャンスをくれたアムリタさん、ありがとうございました。\(~o~)/
2013.01.16 22:08 | URL | #UdOajaN2 [edit]
Amrita Eiren says..."Re: ミラクルタイム"
EIKOさん♪

コメントありがとうございました!とっても嬉しいです。

そして先日は大雪の中を名古屋からお越し頂き、
ほんとにミラクル満載の、このうえなく豊かな、
そして必然の時間をご一緒できて幸せでした。
ありがとうございました。

今思っても、ある意味、時間がたてばたつほど、
あの時の不思議な静けさや皆さんのおだやかな笑顔や
楽しそうな笑い声が、とても貴重な、そしておそらくは、
ずっと昔に約束していた「再会」で、あのワークは儀式のような
ものだったような気すらしています。

AFPのこともそんな風に受け取って下さってありがとうございます。
やったかいがあります。ぜひ多くの人に体験してほしいです。

EIKOさんにまたお会いできる日を心から楽しみにしています!
そうそう、EIKOさんの素敵なジュエリー、いつか私もお願いしたいです☆
2013.01.17 22:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する