~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「ふって」きたことばたち(備志録)

備志録です。覚えてる間に書かないと消えちゃう。
(最近、個人セッション中にも、ものすごく色々やってきます)



「人間とは、神がコスプレをしているようなもの。」・・・(爆)



桃源郷が現れる」

「雪。凍りついた大地の下から」


「北と南は 同じことになる」



「無限の境地、無限の平和に到達した時、

あなたは ずっとそこにいたことを思い出すだけ。

そうしたら、今いる『ここ』のことも

忘れてしまう。

だから、今ここを慈しんで生きなさい。

もうあと 少しだから…」



「古今東西問わず、『メス』は『mess』の中に 

神を見ることができる。」



「今ままで、【これが自分だ】と強く思ってきたものを

手放す流れが始まっている。

そう自分に思わせなければ生き延びれないと思ってきた、

手放したくない【自分像】。


芯の姿を、あらわす過程において、

ここが もっとも古い恐れが出てくるところ。


だが、手を放さなければ、強力な流れに逆らって

しがみついていることになり、

そんな抵抗は、多大なエネルギーと時間を消耗する。


自然な流れにのる、ということは、力を抜くこと。


あなたが 恐れていたものに OKを出すことこそが

必然の流れ。」



「崖っぷちに立っている【愚者】は 笑っている。

なぜなら、【落ちない、というのがオチだから】」
…(爆)



Happy Valentins's Day!

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する