~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

フェミニンプレゼンスの道

結局、まったくブログ更新もできませんでしたが、
昨日の夕方、無事に帰国しました。

あちらに行った時もそうだったんですが、
今日も時差ボケで数時間早く目が覚めたものの、
ほとんど体調には影響がなく、
スムーズに時差に順応できそうです。

不思議…

そして、フェミニンプレゼンス(AFP)のエクササイズの
アドバンストレーニングを無事終了して、
アドバンスティーチャーになりました。

更に、レイチェルからの強いススメを頂き、
ティーチャートレーニングができるティーチャーとして
(つまり、ティーチャーを育成するティーチャー)
レイチェルが私を認定してくれるそうです。

そのために、できるだけ早いタイミングで
来日して、ティーチャートレーニングを日本で
行なう、というところまで話が展開しています。

今回のアドバンスコースを受けてますます
このプログラムと出会ってよかった、と実感しました。

このワークは、徹底的に「フェミニン」にこだわりますが、
そこにこだわるということは、
男性性についても扱う、ということでもあり、
自分の肉体を愛するという、身体に働きかけるワーク、
自分という存在がかもしだすエネルギーを
徹底的に感じ認めることで、ごく自然に変容していく、
エネルギーワーク、
自分と他者の関係性において生じる感情的反応や、
外部の出来事に対する様々な反応、フィーリング
などを、自分自身のものとして責任を持って見る感覚や、
女性性の意識を体感、探求する、感覚・感情レベルでの
ワークがあり、そのどれについても、
どれくらい、自分や他人の「ジャッジ」をしているか、
気づきの意識を保ちながら続けていきます。

自分が発する言葉、他人に向ける賞賛の表現が
どれくらい自分の真実に基づくものなのかについても、
探求すればするほど、深い気づきがあります。

私の場合は、体験すればするほど、
「余計な言葉は要らない」という感覚が強くなり
シンプルになっていきます。
そして、エネルギーに非常に敏感になるのに
変な防衛や、繊細過ぎる反応は消えていきます。

愛想笑いや、いい人を演じたい欲求もなくなり
必死にセクシーに見せようとか(笑)、
日本人によくある、他人を喜ばせようとか、
必要以上に他人にお世話をしたがることも、
場をなごますための「役割」としての
コメディアンを演じることも減ります。(私の場合は
まったくなくなることはないと思いますが・爆)

不自然に、必要以上に無意識にやっていたことが
減るので、逆に、本来のその人らしい自然な個性は
どんどん輝き出すのです。

内側はいつもしっとりと大きなスペースが
広がっていて暖かく落ち着いている…

そして、そこから自分の発しているものが、
その瞬間の自分にとって真実なのか、
常に問いながら、内側が心地良い状態、
快感と喜びのバロメーターと共に生きるのは、
それはそれは気持ちの良い体験の連続です。

たとえ、不快な出来事に揺れても、そのこと自体に
くつろげる。。。くつろげないことにくつろげるというか、
腹の座った感じが強くなります。

女性の深層心理によくある、女性として
魅力的である(になる)ことへの抵抗や恐れも
ごくごく自然に解き放たれていきます。

リスクを冒すことも怖くなくなり、
人前に立つことも楽しくなり、
はめをはずすことも、子供のような行動をすることも、
大人の女として表現することも、
女性としてのあらゆる側面にちゃんとアクセスしながら
OKが出せる…「終わり」はないプロセスですが、
何かをめざして「頑張ったり耐えたり」することは
まったくなく、ただただwonderに満ちています。

詳しくは、またワークをシェアできる機会に
お伝えしますし、ご自身でぜひ体験してみて下さいね。


今回の参加者は、AFPティーチャー達ばかりだったので
人数もそんなに多くなかったのですが、
セラピスト、看護師、教師、エステティシャン、
大学講師、主婦、エンジニア、女優、ミュージシャン、
ダンサー、カウンセラー、ヒーラー、ジュエリーアーティスト、
アロマセラピスト、メイクアップアーティスト、
ボディワーカー、ボディトレーナー、などなど
実に多種多様の職業を持つ女性達の集まり。

そして20代から70代まで幅広い年齢層。

また、仲良しの1人に、性同一性障害の女性がいたことは
私の、そして同期の女性達皆にとって、
とても貴重で、ありがたい体験となっています。

このすべてのプロセスにおいて、
レイチェル自身はいつも、誠実で、オープンで
自分自身の痛みや傷を隠さず、常に何ごとにおいても
自分が「上」に立つ意識がなく、相手に対して敬意を持ち、
肯定的で、なのに、バウンダリー(境界)意識は素晴らしく、
自分自身が教えているワークの実践者であることを
見せてくれていました。

謙虚さと同時に溢れる自信と魅力、深い叡智と、
素直な少女のような純粋さも兼ね備えた、成熟した女性。
地に足をしっかりつけているのに羽が生えているかのような
神性さと軽やかさを溢れさせている、パワフルフェミニンとは
そんな感じかもしれません。

もっと早い日程も追加するかもしれませんが、
次回の1DayAFPワークショップは、7月7日を予定しています。
詳細はまた追ってご案内しますね。

DSC03854_s.jpg
DSC03866_s.jpg
DSC03893_s.jpg
DSC03878_s.jpg
DSC03883_s.jpg
DSC03884_s.jpg
DSC03900_s.jpg
DSC03924_s.jpg
DSC03985_s.jpg
DSC03897_s.jpg

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する