~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

気持ち良く動くことにOKを出す

403476_377280688998792_1175147536_n_s.jpg

内側に入って自分を見つめたり、

自分自身の内なる声を聴いたり、感じたり、対話をしたり、

本当に欲していることに気が付いたり、

そんなプロセスの後は特に、

自然に、身体が動きたいように動かしてあげましょう。


動きたいように動くって、どうするの?っていう場合こそ、

音楽が助けてくれます。


「ダンス」になっていなくてもいい。

人に見せるためではなく、

カッコよくとか、綺麗に、とかじゃなく、

動きたいように、

【自然】に起きることを信頼するスペースを

自分に許す。自分にプレゼントする時間。


頭では考えない。 

ただ、感じて、ただ感じることに応じて。


そして、自分の自然な「肉体」と仲良くする。


そうすると、持って生まれた身体の声や

身体に合った動きが生まれ、起こり続ける。

umi0027-001_s.jpg


女性であれば、女性の身体の「フェミニン」な動きが

自然に起きる。

自分の身体独得の動きも やってくる。湧き上がる。


それを 抑えなくていい。


「フェミニン」と、自分が認識する動きでなくてもいい。


とにかく、動きを起こさせてあげることによって、

何かが動き、外に出ていく。


それは、「表現」かもしれないし、

「解放」かもしれない。


両者が同じことだ、と気づく瞬間かもしれない。


自分が、いつか、してみたいな、と思った格好をしてみる。

衣装でも、姿勢でも、歩き方でも、動きでも。


出してみたい、と思った声を出してみる。

泣くのでも、歌うのでも。


そうしてさんざん自分の内側から外側に向かう動きと

繋がったあとは、

目を開けてみる。


そうすると、突然、美しいものが目に入ってくる。


それが、他の女性達だ。

35035_605135386181932_1338328398_n_s.jpg

色とりどりの服装。

さまざまな髪形。

色々な、「形」。

色々な、動き。


色々な 笑顔。

色々な 温かさ。


そんな、他の女性達を愛でながら、

繋がっていく。


踊っている姿を見つめてもよし。


自分が誰かと一緒に踊りたくなるのもよし。


ただ、一部始終を目撃するのでもよし。


すべては、「感じる」ことから始まり、

「感じる」ことで完結する。


その、「感じる」ことを許すことができる自分になると、

それが、どんな感覚、どんな感情であれ、

ある種の、解放感、ある種の「悦び」がやってくる。


その悦びと繋がることが、エクスタシーとなる。

なぜなら、それは、生きていることを喜ぶ瞬間だから。

m030645_s.jpg

命を祝う。 エクスタシーダンス。

今週末、本当に久しぶりに開催します。

まだ若干 お席あります

どうぞこの機会にぜひ。

お待ちしています。


なお、参加する予定の方、何か小さな鳴り物(楽器)を

お持ちの方(ジル、鈴、笛、タンバリン、カスタネット、

おもちゃでもなんでも。)は、ぜひお持ち下さい。

こちらで用意できるものが非常に少ないので。

ヒップスカーフ(コインスカーフ)をお持ちの方もぜひ。


また、今回は、「祭壇」を作ります。

ご自分にとって、女性性を象徴するようなもの、

何か飾りたいものがありましたら、ぜひお持ち下さい。


楽しく、真摯に、内側に、外側に広がりましょう!

7月6日(土)自分の感性で自由に踊る!
エクスタシーダンス(アムリタ映蓮バージョン)の参加申し込みはこちら


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する