~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

ボキャブラリー信仰

日本では、いまだに、ボキャブラリーを増やすことや、

英語で「これはなんというでしょう」的な、

知識や名詞をいくつ知ってるか、に偏った教育や、

「日本語に訳せたら理解できたとされる」英語教育をしている。


名詞、難しい単語をいくつ知っていようが、

コミュニケーションはそれでなされるのではない。


日本語に訳す、なんてことができるのなら、

通訳や翻訳家になればいい。


訳すということと、言語を体で理解するということは

まったく別のもの。


ボキャブラリー(語彙=知識、ツールの象徴)が増えたら

コミュニケーション(意志疎通)ができるようになるのではなく、

その逆。


意志の疎通ができるようになったら、

自然にボキャブラリーは 増えるのだ。


先に、コミュニケーションの楽しさや

最低限必要な、気持ちや状況や状態の表現(単語、じゃなく)を

身に付けなければ、そしてそこから、

「もっと知りたい」という気持になることができなければ、

いつまでたっても、【自然に=楽に=いつのまにか】

実際に、気持ちや心を伴って使えるボキャブラリーが

増えることはない。



これは、外国語のことだけを言っているのではない。

あらゆる意思伝達の姿勢に通じること。


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する