~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

ミステリアスに魅了される(AFP)

【ミステリアス】は、女性の魅力のひとつ。

と、AFP(アート・オブ・フェミニンプレゼンス)では
自分の中の「ミステリアス」も、肯定して見ていきます。

一般的に信じられているのは、
魅力的な女性って、オープンで温かくて受容性があって
愛に溢れていて…

それは、勿論、
女性の魅力のひとつであることは確か。


では、女性は全員、その魅力を発揮すべく
頑張るべき?

No,no,no.


その魅力は全員が内側に兼ね備えているものだけれど、
その人の特徴、その人の個性的魅力、となった時、
必ずしも、オープンハートな温かさ、
ばかりではないのは当たり前。

AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)で
女性の存在感として見ていく時、
オープンハートで温かい女性の、「真逆」の存在感は、
【ミステリアス】。


謎めいている…秘密めいている…

ベールに包まれている…

裸になっていく魅力の逆…


オープンハートが苦手な人は、
自分が楽にいられる状態を探求してみて。

その人は、頑張ってハート全開にしようとする必要は
ないというところに行きつくかもしれない。

勿論、元々オープンハートな人がなんんらかの理由で
「閉じて」いてそうなってる場合もあるけれど。


でも、「閉じて」いるわけではなく
もともと「ミステリアス」が魅力の女性が、
そういう自分を肯定して、少しオープンハートになると、
それがもっと際立つ…

つまり、謎めいているのに、開いている。

謎に満ちているのに、こちらは惹きつけられてしまう。

もっと知りたい、と思う。

もっとそばにいたい、と感じる。

そんな【ミステリアス】な魅力。


人生では、女性に対してだけでない。

この【ミステリアス】にどれくらい魅了されることを許すか、が
人生を、今生を、どれくらい楽しめるか、にも関わってくる。


謎解きばかりに懸命にならないで…

何か問題や、わからないことが目につくと、

急いで問題解決や、原因探しや、肯定的反応に変えようとか

意味づけしようとかして、自分を納得させようと

必死になってしまう人達がよくいるけれど、

そして、私も前はそうだったけれど。


この肉体を越えた本来の私達は、全員がすべての叡智と
繋がっているとしたら…

何も焦って解決したり意味づけしたり
しなくてもいい。

そして、昨今の風潮で、なんでもかんでもさらけ出したり
自分のすべてを見せなくちゃ、って頑張る必要はない。

必ずしも「見せる」イコール「魅せる」ではない。

それは自分に対してすら、そう。


自分に対しては正直に、という風潮で
必死になっている感じを受けることがある。

自分で自分のことがわからないと、焦っていたり。


少しだけでいい。

むしろ、謎があることを楽しみ、

味わう時間を ちょっと持ってみるのはどう?


謎を謎のままで… 

ミステリアスに魅了される瞬間、


そこには英語でいうWONDERがある。

素晴らしくて、素敵で、不思議が全部一緒になった瞬間。


美しいものを見て感動している女性が美しいのと同じように

ミステリーに魅了されている人もまた美しい…


答えがないことをむしろ味わいながら、

この世の【不思議】に魅了されている…


その瞬間の、永遠の子供のような好奇心と

不思議な世界にサレンダーしている瞬間の

なんともいえない至福は、

私達の中の、WONDERを 確実に豊かにしていく。


すると、

Wonderful Woman が、思わず追いかけたくなる、

不思議な笑みを浮かべて

目の前を ふわっと 通り過ぎていく瞬間を

キャッチできたりするのだ。


395178_336486643038077_1456714031_n_s.jpg


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する