~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「ダメだと思っていた自分はダメじゃなかった!」AFP1Dayご感想

先日の吉祥寺AFP1Dayワークショップの感想を
メールで送ってきて下さった方がいらっしゃいましたので、
許可を頂いてご紹介します。

アート・オブ・フェミニン・プレゼンスは、
誰かが何かを教えたり諭したり、判断したり、変えようとしたり
するものではないので、その場に用意されたワークを通して
1人1人が、提供した側の想像を超えた、素晴らしい気づきに
至るところが、まさにアートだと思います。

そんな感動をまた頂きました。

ワークショップを受ける前には、色々な不安や恐れが
出てきている、とおっしゃっていた、Iさんからの感想です。

***************************************

グループ内での自分のあり方が、いつの間にか、
楽に出来ていたことに、すごく驚きました。

たぶんそれは、”何かをした”わけではなく、
本当に自然にということですよね。

ただ自分の子宮、HOMEを感じるだけで、
自然にそうなるんだなぁというのが、
1日のワークを通して、自然と身に着いたと
いうことなのかなと思いました。
映蓮さんが、ブログでおっしゃってたAFP効果が、
体感できたんだぁと、うれしくなりました^^

たった1日なのに、その瞬間瞬間を、ちゃんと感じて、
どんな状態の自分も受け入れられた、それも自然に・・・
それが、大きな自信となりました。

私がずっとダメだと思っていた自分は、ダメじゃなかった!
これが、私が楽な自然な状態なんだ!
と分かって、すごくうれしかったです!!

子宮を意識するのも、楽に出来るようになり、
よりグラウンディングできるようになったと感じます。

今回のワークを受けたことで、もっと自分の個性を輝かせたい!
と強く思うようになりました。
女性らしさって、人それぞれなんだということも分かり、
自分の女性性ももっと輝かせたいと思います♪


**************************************
Iさんのことをもうかなり長いこと存じ上げている私は、
この気づきが、どれほど彼女にとって大きなものか
よく、よく知っています。
でも、恐らく、彼女のことを知らなくても、
この文章から、何かすごくパワフルなことが起きたのだ、
それも自然に、ということがわかるのではないかと思います。

受けよう、受けたい、と思っていても、I さんは、何度も
「女性性ワーク」への抵抗や恐れが出てきている、と
言っていました。恐らく直前まで。

でも、その恐れを自分の「全部」とせずに、自分の「一部」として、
それも、愛すべき自分の一部として、当然あげるであろう声を
あげているだけなのだから、その「抵抗ちゃん」を
一緒に連れて参加してね、と伝えていました。

勇気がいったかもしれませんが、やはり、「抵抗」は、
ギフトのサイン。 ワークショップが終わる頃のIさんは、
それはそれはキラキラしていて、元々大きくて魅力的な瞳が
ますます大きく、美しく輝いていて、何かを突き抜けた、
すっきりした表情をしていました。

こうして、「アンケートでは書き足りないから」と
送ってきて下さるほどに、何か深いところに触れたのですね。
本当に私も嬉しいです。 ありがとうございました。

306823_166447576766184_159928490751426_340315_919270_n_s.jpg


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する