~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「アナタが欲しい」を味わう

数年前、「小さくても 『たい』は『たい』」、という
メッセージが降りてきて、ブログ記事を書いた。

→ こちら

今、それと同じ表現や、感覚を、
アート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)で
大切に大切に扱っている。

数年前には存在していなかったのに不思議だ。


そして、AFPの5weeksという5週間連続コースを
終えた人達が、自主的に、何か月かに一度開催している、
AFPのハーフディワークが昨日あったのだが、
その時に、これを扱った。

今の5weeksのグループでも、この、WANT=「たい」について
やったばかりだ。

来てるのかな、今。

大切に、。。。あ、また降りて来た!(笑)


たいせつに、「たい」せつに、
「たい」を 扱おう。 味わおう。

この星に生きているうちに。



以下、FacebookのAFPシスターズのグループに投稿した、
AFPの「たい=WANT」のワークについての投稿記事から
少しご紹介します。


「AFPのハーフディ(単発)ワークでは、
フェミニンプレゼンスメディテーションを
フルでやったことのある人たち
(1Dayワークショップの最後に行う瞑想)対象に、
1Dayではカバーしきれない、より深いエクササイズを
一つか二つ、じっくり行います。

昨日のフォーカスは、WANT。 

AFPワークのWANTのワークである【ハートサークル】の中でも
特に、「~~たい」という気持ちを感じること、
味わうことの練習をしました。

すぐに願望実現に走ったり、
何がないから、何ができないから、こうなった、とかの
原因探しや目標さがしや、行動や前進しなくては、
という呪縛から少し離れて、
女の宝物であり、オンナの体の構造そのものである、
「感じる」ことにフォーカスします。

感じることは、それ自体が快感であり、宝物。

そして、少し前から広まっている、
「WANTというのは、○○がない、と宇宙に放っているから、
もうかなった状態を描く」というのは真実だとは思いますが、
この「欲する」という感覚を、純粋に、単純に感じきること、
「ひとつになりたい」と望む状態こそが、WANTであり、
それを感じることを許すことが、とても大切なのです。
というか、それは、特に、本来、女性にとっては
素敵なことだったはずなのです。

頭や常識や外の世界で教え込まれた、
「望むべきこと」「あるべきこと、やるべきこと」ではなく、
その瞬間に、自分が真に望んでいることを、
ただ単純な「WANT=たい」として見つけると、
オンナのジョイ・メーターは、アップします。

その、真に感じていることを見つけたジョイ(喜び)を
もっともっと感じてゆるむこと、
それを広げること、そのことで内側が心身共に潤うこと、
潤って、満ちてくると、溢れること(表現すること)……

それはとても甘美で気持ちの良い状態でありながらも、
歴史を通じて女性が抑圧、封印してきたものです。
それをふまえての、じっくり感じるエクササイズであり、
瞑想の時間でした。」

【小さくても「たい」は「たい」】の記事もぜひどうぞ。

944291_633350606717780_560387332_n_s.jpg


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する