FC2ブログ

【自分の真の望みがわからない】

そりゃあ、すべての感覚を、「すべき」ことや、
何が「いい」のか、何が「正しい」のか、
何が「有利」なのか、何が「無難」なのか、の
思考と分析で遮断して生きてきたんだもの。

急に「本当にしたいことは?望みは?」とか聞かれても
出てくるわけがないよ~

何々がしたい!っていうインナーチャイルドは、
そりゃあどこかの時点で出てくるかもしれないけれど
そのほかのチャイルドたち、それ以外の自分のかけらたちは
常に「すべきことへの修正」を狙ってるわけで。

さんざん、本当に、さんざん、
すべきことだらけで、誰かの反応を気にして、恐れて、
不安を隠して、傷を隠して、何が正しいか、合ってるか、という、
今の私からしたら、当たり前にもっとも苦手なはずのことに
全力を使い果たして、常に疲労困憊でぐったりしていた私が
身をもって実感していること。

自分の全部が、「そのままでいい」って、
何もしなくていい、すべきことはなし、って
他の人に、ではなく、自分が自分に言ってもらわなければ、
言ってもらうだけでなく、本当にそれを信じることができて
自分が自分の中で、ぼけーーっと、どえーーーーっと、
だらーーーーっと、ほえーーーとして
誰も裁かない気持ちよさとくつろぎを味わわなければ
安心なんてできないよね。

きっかけは、他の誰かや何かとの出会いかもしれなくても
最後のところで、どーんでーん返しーーをしなくては、と
かちかちになっているチャイルドも、
ふよふよ~~になりきることができるのは、
自分自身に、本当に、それでオッケー、をもらえた時だよね。

だから、使い古された言葉だけど、
「ありのままでいい」「そのままでいい」を、
自分に必要なだけ味わわえば、
ほんとにしたいこと、ほんとに望んでること、が
出てくる。

そして、それは、自分の「思い通り」の内容じゃないかも
しれないんだ。
自分の「予想」や「期待」とは違うこと、
そして、思っているよりも、ずっと小さいと感じることかも
しれないし、ずっと大きいと感じることかもしれない。

その自分に驚かせてもらうの。
悦びは、驚きを伴ってもいいんだよ。

驚きが悦びに変わる。人生は素敵。

DSC_6995_s.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード