~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

地球規模の静かな革命

もうずいぶん時間がたった気がしているのに
まだ帰ってきて1週間たっていないのですね。

8日間ほどバリ島に行っていました。
大好きな女神ベリーダンサー、
Sacred Earth Belly Danceのミシャールの
ダンスリトリートに参加するために。

ミシャールが日本に住んでた頃、
もう7,8年前、彼女のクラスや主催ワークショップに
参加し、4年前、彼女がバリ島に移住する直前にも
行ける時にはレッスンに行っていました。

私は、どんどん技術的にアップしていく、
振付のあるベリーダンスも大好きだし、
いつも通っていた舞踊団も、色々な振付を
習えたり、1人1人の個性を生かしたショーや
ハフラに出演させて頂いて本当に楽しいのです。

ですが、最近は、ありがたいことに、
お仕事が忙しくなってしまい、まったくスケジュールが
レッスン時間と合わなってしまいました。
たまに行くことができても、振付が覚えられないと
全然ついていけないどころか迷惑をかけてしまうので
自然に足は遠のいています。
でもそれもまた、自分の中のサイクルなのでしょう。

そんな中、女性性のワーク、AFPをやればやるほど
もっと自由にエネルギーを感じて踊りたい、
女神と繋がって自在に踊りたい、という気持ちが
ずっとあり、ここ何年もチェックしていてタイミングが
合わずにあきらめていたミシャールのリトリートに
遂に、バッチリ参加できるタイミングが来たのでした。

といっても、秋に行なわれる、AFP創始者・レイチェルの
初来日トレーニングとワークショップの受付を
開始したばかりで、パソコンを持っての参加でしたが。

バリ島も10年以上ぶり。

それも海の方ではなく森のヒーリングスポット、
ウブドでの滞在は初めて。
IMG_2511_ML.jpg

何よりも念願かなって、存分に
ミシャールのプレゼンスに浸れることが参加動機でした。

なので、募集要項に、ゲスト講師による女性性ワークが
あると書いてあったのは見ていたものの、
それほど実は意識していませんでした。

ふたを開けてみたら、だからこそ私は今回
参加できるタイミングだったのだということがわかり
驚きと歓びでいっぱいでした。

ゲスト講師のスベンダーさんは、
インドのプーナ在住のシャーマニックヒーラーであり
セラピストであり、Joyous Womanという今回の
ワークショップを始めとする、様々なセクシュアリティなどの
ワークを提供してらっしゃいます。

そのスベンダーさんが発信している内容に
惚れ込んだミシャールがゲスト講師として招いたことで
今回のリトリート実現となったわけです。

伝統的シャーマニックな叡智溢れるワークも
素晴らしかったのですが、私にとって、何よりも
驚きであり、感銘を受けたのは、休憩中の会話から、
スベンダーさんが、AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)
のことをよくご存知で、特に、創始者のレイチェルのことは
メルマガも熟読されていて、個人的知り合いではないのに
とてもとてもよくご存知だったことです。

そして、レイチェルのことを絶賛なさったのです。

「彼女は本当に素晴らしい。
すごく画期的なフェミニンワークとアプローチ。
とても注目しているのよ。」

私が今のところ日本で唯一のAFP認定ティーチャーで
レイチェルは元々友人であり、
この秋にはレイチェルが来日してトレーニングを
開催してくれることを伝えると、
「レイチェルが日本に?!素晴らしい!」と本当に
喜んで下さいました。

私が感動したのは、自分がやっているワークや師匠を
彼女がご存知だったから、ということよりも、
長年にわたって、伝統的な叡智を元にしたワークを
シェアなさり多大なる尊敬を集めていらっしゃる女性が、
数年前にスタートした、いわば現実的で現代的な
ワークについて大絶賛し、その効果について
好奇心いっぱいでいらっしゃる、その姿勢でした。

感動で泣きそうになりながら、私は、
スベンダーさんとのこの会話をこれからもずっと
死ぬまで忘れたくない、と思いました。
この姿勢こそ、私が、どんなに歳をとろうとも、
こう在りたい、と心から望むものだからです。

__3_ML.jpg

そして、スベンダーさんが教えて下さった、
ワークの中にも随所に、AFPの精神やアプローチと
共通するところがあり、大切にしている部分が
共通していることがとても嬉しいのと、これでいいのだ、と
いう確信になりました。

スベンダーさんの言葉で、私の心に強く響いたもの。

「2012年12月21日以降、神聖なる女性性が目覚めた。
今、地球上では、非常に静かに、でも世界のあらゆるところで
女性性の目覚め、という革命が始まっている
。」

自分自身の人生で喜びを知らない、
自分の女性としての身体の気持ち良さや歓びを
知らない女性達が、何かの主張を世の中にしても、
誰かを責めたりなじったりという攻撃になるだけ。
その方法では世界は変わらなかった。

女性はまずは、自分が喜びを手にしなくてはいけない
。」

これからの時代は、フェミニンリーダーシップの時代。
リーダー、という概念は、自己表現という概念である
。」

大いに共鳴します。こんな風に表現して下さって
すっきりです。
このあたりは、レイチェルとも考え方は一緒。

__ 1_ML

本当に今回、スベンダーさんがいらっしゃるタイミングで
参加できたことは大いなる意味がありました。

スベンダーさんのウェブサイトはこちら
 → Joyous Woman

また、彼女をゲストとして招いたミシャールもさすが!
と同時に、初めて会ってからはもう7,8年になるけど
こんな風にこんなタイミングでしっかりと繋がれたことも
すごい流れなのだなと、宇宙の采配というか
仕組みというか、あっぱれ!でした。

そして、ミシャールのダンスも言動もますます
パワフルでマジカルで、女神の化身というか
女神そのものを彼女のみならず、参加者皆の中に
目撃しました。

普段AFPでもいつも涙しているけれど、
「舞い」を通じてあらためて感じる女神性も、
この世のものとは思えない不思議な
美しい光景でした。

___ML.jpg

スベンダーさんも言っていた、AFPにも通じること。
男性性の瞑想は座って無になること。
女性性にとっての瞑想は、踊ったり、
動いている時に起きる。
それが至福や悦びの瞑想となる。
毎日5~10分でいいので
動く瞑想をするといい、と。

そして、このワークでの瞑想と、
ミシャールのリードするダンスワークで
私にとってとても大事な気づきがありました。
それは後日、別記事で。

__ 2_ML

いや~それにしても、このリトリートセンター、
ドラゴンフライのエネルギー高いお食事と施設。
素晴らしかった~。

__ 8_ML
__ 7_ML
__ 6_ML
IMG_2510_ML.jpg
IMG_2509ML.jpg

夢のようだったな…また必ず行きたい。


AFP創始者・レイチェル・ジェーン・グルーバー初来日!
ティーチャートレーニング&週末集中ワークショップ
(@山梨県・清里) 参加申し込み受付中!

    →詳細・お申込みはこちら

→AFP・アート・オブ・フェミニン・プレゼンスとは

AFP参加者の感想・体験談

☆いいね!を押して応援してネ☆
アート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)Faceookページ

スピリチュアル英会話Facebookページ

◆無料メルマガ登録ご案内

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する