~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

Embodiment~体現する人

AFP創始者のレイチェルの、電話での
グループコンサルの録音を聴いている
(リアル時間帯はたいてい時差があって参加できないので)と、
いつも涙が出ます。

彼女ほど、「トレーナー」として、
エンパワメント、エンカレッジメントを、
「力づける」、「勇気づける」の意味で、
自ら体現している人を私は知りません。

今回は、いかに、AFPの「ティーチャー」が、
「グル」や「私は教える人であなたは私から学ぶ人」という
伝統的な「権威」としての姿勢とは違う在り方であるか、を
誠実に、丁寧に、もう何度も聞いたこと(話したこと)を、
愛と力強さを持って説明していました。

質問したのは、10年以上、コーチングセッションとセラピストを
しているアメリカ人の女性だったけど、
レイチェルの姿勢はとても新鮮で、
心から感動したと言っていました。

秋のトレーニングを受ける人達、その中でも、
受けるだけじゃなくて、その後でティーチャーになろうと
思っている人達、どうか、安心してね。

AFPのティーチャーになったからといって、すぐに、
それを「仕事」として始めなくてはいけないのではなく、
多くの人がすぐスタートする自信がない中で、
たくさんの色々なサポートがあって
(その役を日本では私がしますが)、
ワークショップやクラスや個人セッションを初めてする、
という人達をも対象にしているので、
ワークショップファシリテーターとは何か、とか、
どんな姿勢で、どんな在り方でグループをホールドしていくか、
など、私自身が何よりも大切にいつも思っていることを
ゆっくりゆっくり身に付けていくことができます。

場合によっては何年もかけて準備していく人達もいます。

一番大切なことは、このワークが好きであること、
その効果を自分が実感し、実践していること。
(あ、レイチェルのトレーニングを受ける前に、という意味では
ないですよ。トレーニングはAFP初参加で勿論OKです。
受けた後、自分がワークをシェアしていくようになっても、
という意味です)

それはよくある、
「教える人は、すでにマスターしている人」という
姿勢とは違うのです


探究し続けている人、自分自身も受けている人達と
同じであること、自分の弱みや欠点も含めて、
その姿をそのまま自然な在り方とすることができる人、
などの意味であり、その姿勢こそ、
「ティーチャー」になった後に、「練習」していくものと
感じています。

それをレイチェルは自分自身で見せてくれます。

「自分で作ったワークに助けられている。
皆にそれを提供することで、私自身が
今も練習し続けることができている」、

と、いつも彼女は言います。

練習は、英語では、プラクティス。
プラクティスには、実践という意味もあります。
両者は同じことなのです。

しかも、AFPの場合は、評価や判定や、
上に上っていく「階段」(レベル)もないので、
ただただ深めていく、成長や発見を楽しむ、
探究し続ける、ということです。

だから私はいつも、AFPって「女性性の意識」の
ヨガみたいだな、って感じるのです。

体現する、という日本語になるけれど、
英語の元の意味である、Embody 
身体に落とし込む、自ら身体で示す、という言葉が、
意味も、「音」も、言霊として大好き。

早く、多くの日本の女性に、レイチェルに会って
その Embodimentに触れてほしい。

yjz89334-96978167-9f54-48fb-9c3f-5c6ece1a594b-v2_m.jpg


◆AFP初参加の方もお待ちしてます!日本語通訳付きです。
11月7日~12日
AFP創始者・レイチェル・ジェーン・グルーバー初来日!
ティーチャートレーニング&週末集中ワークショップ
(@山梨県・清里) 参加申し込み受付中!

    →詳細・お申込みはこちら

→AFP・アート・オブ・フェミニン・プレゼンスとは

AFP参加者の感想・体験談

☆いいね!を押して応援してネ☆
アート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)Faceookページ

NEW!!無料メルマガ【☆フェミニンプレゼンスというアート☆】

☆フェミニン・プレゼンスというアート☆
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス


スピリチュアル英会話Facebookページ

◆無料メルマガ登録ご案内
ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)の購読申し込みはこちら


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する