~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

【静まっていく】中に入る

連日、様々な激動、激変の時代を実感する今。

翻弄もされる。影響されるのも当然。

人間の悲しみや痛みで、胸が熱くなる数々の瞬間。

そして、気づいたら、今ここに戻ってくる。

とにかく、深呼吸して。

自分の今いる場所を 確認し、

再選択し、味わう。 祝う。

今ここにある、自分のいのちを。

*************************

そんな中で、オットットの何十年ぶりかの
まるまる1週間、トータル9連休の夏休み。
(これまでは、取れても3日とか。)

それまで、
休みがあっても

「飛行機に乗ってまで出かけたくない」

「近くても出かけるのが面倒くさい」

「休みを取るのが面倒くさい」

「仕事してる方が楽」

などという状態になってきていた彼ですが、

このたび晴れて、堂々と休める、
あ、「休まなくてはいけない」セクションに
移ったことから、私のピョンピョン攻撃に
(注:全身全霊でピョンピョンしながら、したいことを
訴える)
にっこり笑って「それがいいね」 と、なりました。

そして、今、石垣島に来ています。


若かりし頃とは、だいぶ、行動も変わりました。

あちこち行こうとも、マリンスポーツをしたい、とも
ならず、もっぱらゆっくり、ゴロゴロしています。

ちなみに、オットットは、その昔、水中カメラマンも
やっていました。

ダイビングはプロ級でした。

でも、沖縄に来るというのに、
ライセンスを家に忘れてきちゃうという(笑)

これはもう、何年ぶりかの、ゆっくりの休み、
ということだね!

と、話していたら、

2人ともなぜか、
(まぁ、エンパスな私としては、多分、彼のを
ピックアップしてるのが大きいと思いますが)

●●テレビの報道番組の取材で
沖縄や、色んな南国に来て、
慌ただしく駆け回っていたことなどが
次々と、走馬灯のようによみがえってきてしまい、
それはそれでいいね、と、
ぽつりぽつり、と思い出話をしたりしています。

今まで、まったくそんなことを思い出したりも
人に話したりもしなかったようなこと…

私も、そろそろ、溢れるままに、
湧き出るままに、
よみがえるままに、
語ったり、書いたり、表現したりしてもいいのかな、
なんて、思っています。

【今は】、ね(笑)


モルジブで、事件の取材で1か月以上、
「不便」な島の中で生活していたこと…

沖縄の繁忙期に、急な取材で来たため
ホテルが見つからず、ラブホテルに泊まったこと…
そこに、G様(虫ね!)が登場されたこと…

サンゴの産卵の取材で、来る日も来る日も
海に潜り、張り詰めた日々を過ごしていたこと…
(by オットット)

疲れた目に太陽がまぶしくて、眉間にシワがよって変な顔に
なってしまうので、何度も何度もNGとなり、
繰り返し、にっこり楽しそうに笑うレポーターを
演じたこと・・・・


などなど、数えきれない体験が、
ふわり、ふわり、
ぽつり、ぽつり、じんわり、
身体の感覚と共によみがえるのを許しつつ、

こちらに来て最初の夕暮れ。

夕日があまりに美しくて、
それらのすべての思い出と共に
見入っていたら、

どこからともなく、三線の音・・・

一気に【今】という瞬間に戻り・・

三線を奏でる着物姿のシルエットの方に
近づいたら、途端に、演奏は終わってしまい・・・

でも、すると、

「音」の止んだ後に

取って代わった波の「音」が

【静まる】瞬間を 連れてきてくれました。


まるで、私達の中の、色んな音や声が

静まった後のように・・・・


しばし、動画を撮っていたことも忘れて

聞き入った・・・いや、ただ、そこに

【在る】

を 味わえた瞬間の、50秒の動画、
よかったら 見て下さいね。




アムリタ映蓮@石垣島 Day 1


関連記事

Category :
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する