~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

今年1年ありがとうございました

去年の今頃はインフルエンザでうんうんうなっておりましたが、

今年は、大丈夫そうです。


今年1年、一つ一つがもはや遠い昔に思えるほど

たくさんの出来事、出会い、挑戦、飛躍、奇跡…の

連続でした。


昔々、ニューエイジと呼ばれるようなスピリチュアルに

首を突っ込んだ頃に、様々に伝えられていたことが

次々と現実化していくのを実感した年でもありました。


長い時間は、より「速く」感じ、

短い時間や一瞬は、より「長く」感じ、

遠くの場所は、より近くに感じ、

「いまここ」に、より多くの可能性を感じ、

悪とされてきたものは悪ではなく

良とされてきたものは良ではなく、

善も悪も

闇も光も

陰も陽も

男も女も

すべての中に対極が内在し、

それをはっきりと、

極を極端に感じることによって

他方なくして存在しえないこの次元の

在り様を

今まで生きてきた中で、

恐らく過去生も含めて、

いま、

もっとも抱きしめている時代なのだと感じます。


もう、来年は

今のような世界はなくなるかもしれない、

漠然と、それが何を意味しているかは別として

感じているのですが、

同じように感じる人や伝えている情報などが

飛び込んできて、

少なくとも、何かを感知しているのだなと

興味しんしん、ワクワクです。


昨日、普段こういう話はまったくしないオットットが

突然、

「この地球の変化を、まだまだ死なないで見届けたい」

と言い出しました。


面白いです。


そんなわけで、わけのわからぬ方向になりましたが、

今年1年ありがとうございました。


来年はすでに、更に広がる力強さとしなやかさの

両方を感じていて楽しみでなりません。


どうかよろしかったら、引き続き

共に冒険し遊んでいきましょう。


良い2015年のスタートをお迎え下さい。


来年もどうぞよろしくお願い致します。


アムリタ映蓮

IMG_1881_s.jpg
2014.7月 バリ島にて(撮影・Doddy Obenk)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する