~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

問いの中に たゆたう



お待たせしました!

高千穂シリーズ、完結編。やっとですww


。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。


問いかける好奇心は

美しい


知りたいと思う心は

無邪気な子供心





が!



いつの日か

知りたい、は、答えを知りたい、

に変わり

答えを 知らなければ

に変わっている。



知りたい、イコール、知らない

ということが強調され

知らないことへの 不安が大きくなる。



かくして、

かつての純粋な好奇心、

知りたい、問いかける心、

そして その対象物を 観察し

充分に楽しむ心

は 小さく 奥の方に 縮こまり



問いには、疑う という文字がついて

疑問 となり



解いて答える必要のある

解答」 を追い求め



それがないと 不安になり

「ない」 という在る

を味わえなくなり


その後からは ただただ

知っておかないと不安


知らないと不安だから 発する問い


つまり


不安が 動機


となっての

知りたい、に変わる。



知らなきゃ。」



決めなきゃ。」



白いところは 塗りつぶさなくちゃ。」





これは もともと、好奇心旺盛だった人たちに

特に よく起きる現象だな~。



かつての 楽しい無邪気な遊び心は

同じ 「知りたい」 なのに

不安と疑問でいっぱいの


決して終わることのない

解答を求める人生となってしまい


そのような人たちや、状態は、


答えがない状態や


活動していない状態や


休むこと そのものが 不安


その下にあるのは 「怖い」



答えのない不安と恐怖は

活動していないと感じることに

意味を見いだせなくなり


休むことを 時間の無駄と 考える。


スケジュールを埋めまくる。



【間】、というものが ない。



常に、答えや意味や目的を 求めるので


いつも先を見ていたり

いつも後悔していたり。



純粋に いまを楽しんでいる時がない。



あっても

それを許せない。



なぜなら

それこそが自分のギフトであったものを

打ちのめされんばかりにして

かつて 否定したから。



それは 自分の全部を

否定したのと 同じくらい

自分にとっては 大切なものだったから。



好奇心いっぱいに 時間も忘れて

楽しみ、没頭できるような感性=ギフトは


そのことで、自分をジャッジするようになり


答えのないことに没頭するギフトは

答えを早く出すことへと駆り立てられ


早く、早く、早くしなくちゃ・・・




こうして

【遊ぶ暇】=スペース を許さなくなった




だから

あのキラキラした自分を

取り戻す一歩として



問い の中 にいてみよう







ほんの一瞬でいい


WANT を感じてみよう




ほんの一瞬でいい

情報やジャッジメントや批判や意見が

たくさん 飛び込んでくる中で



ほんの一瞬でいい

自分の感性=自分 のために




息を吸って 息を 吐く


急がずに



その 吸って 吐く 営みの

間の ほんの一瞬の



空白


小休止


真空



それを ただ 感じてみる







意味も 目的も 次なるステップも

何も ない 一瞬



その一瞬こそが

きっと




もしかしたら




ずっと ずっと ずっと

ほしくてほしくて

たまらなかったもの

失ったと思っていたもの



すなわち 問いと 答えが

同じ 場所






そして、

答えが見いだせないいらだちや不安が

やってくるなら、

決められない、前に進んでいないと焦るなら、


その

ぐらぐらしている?

ふらふらしている?


それを、


【たゆたう】状態 として感じてみよう。



それを、この音霊、


たゆたう


として味わって。



そう。


人間は、


生命は、


時として


同じ場所で


揺れる。


揺れ続ける。




時に


微動だにせずに

揺れ続ける。







ゆらめき

たゆたう。


それそのものが 神秘。



たゆたういのちは

芸術。


今という一瞬の連続の中で

とどまり、たゆたう、とは

なんと豊かな!!!



遊びを せんとや 生まれけむ

が  また 聞こえてきた!




ちなみに

たゆたう、の類語、同義語は、(Weblioより)

「あちこちに揺れる、ふらつく、ぐらつく、

揺れる、揺さぶられる」


「何かについて未決定、とまどう、迷う」


もう一つは、

「流れに流されるまま:漂う、

流される、流れのまま、抵抗しない」




ああ、なんと深いのか。



これらを全部ひっくりめて

ただ感じてみる。



否定せず、批判せず、

ただその状態なのだと

むしろ 喜び 祝う。






こうして、

今回の、私の長い長い3部作、あ、4部作??

実際に、リトリートの一番最後に、

ここに書いたような「問い」に

関するメッセージが、

その時には伝えきれないくらいのボリュームで

どっかーーんと
やって来て、

「問うこと」に関するAFPワークもやって終わった

高千穂リトリート…
 

あれから、かなりの時間がたってしまったけれど…


書こうとして書けない時は 無理をせず

期待に応えて書こうとはせずに

ただ 完璧な衝動を 待ってみたら

今、見事に 輪が完結。





風に 【たゆたう】 羽衣の、

目に見えるものと

見えないものとの

かけはしであるメッセージから、


遊びをせんとや生まれけむ

(遊ぶために生まれてきた)

問いの中に たゆたう、まで。






ああ、いい。

これで いい。



急がないで


一瞬だけ

味わってみる。



答えのない問いを。


問を発する自分を。


答えを 知り「たい」 自分を。







そこにある、

生命の 圧倒的な美しさと

パワーである WANTを。



答えは なくてもいいと思う自分を。



でも

答えを知りたいという自分を。






そうして

たゆたう 自分を。



不思議、そのものを。


問いそのものを。



こうして いのちは たゆたう。



たゆたい


たゆたい


ああ、おめでたい!!!







たい!!!









たーーーい!!





【遊び】 を 遊ぶ。


Ah, So, Be !! あーそーべー!

11401408_10207286592669336_3039758291349152111_n_m.jpg




ああ、それが BE!


ああ、それが 美!



=完= (一応シリーズだったもので…ww)


But the Journey continues....でも【旅】は 続く…

11084295_10207286799914517_721228013784942850_n_m.jpg


◆【ティーチャートレーニング、すでにあと9席です!】
AFP・フェミニンプレゼンスの創始者、
レイチェル・ジェーン・グルーバー再来日プログラム!
11/6~11/11、清里にてティーチャートレーニング開催!
関東と関西で、週末ワークショップも開催です。

詳細とお申し込みは、こちらから!⇒AFPジャパン公式サイト

無料メルマガ登録☆フェミニン・プレゼンスというアート☆の購読申し込みはこちら

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する