~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

銀河の架橋(自作詩)

13年前の2002年に書いた自作詩。
なぜか、いわゆる「時間をはずした日の」今日、
ふと載せようと思い立ちました…


6fd83b59d64b750dfa75190b68774bd1_m_m.jpg

銀河の架橋


この宇宙の 片隅で 生きる 私達の

ほんの 小さな 選択

小さな 勇気  

小さな 決心



選ぶ 時には 気づきもしない

新しい 可能性の 扉が


その 瞬間に

どこかで

静かに 開く




小さな 息を 吸い

小さな 息を 吐き 


歩み続ける その先で


あなたが 扉を開き

私が 扉を開き


そこに 現れる 銀色の架橋



繰り返す営みが

生み出し

出逢い
 
創り


それぞれの 道が

ほんの 少しずつ

豊かに なる



大切な ことを

ほんの 少し 勇気を 出して

もっと 大切に してみると

心に 決めれば



決して 消えることのない 光が

今 いる場所を 照らし

次の扉を 開き

橋を 創り続ける



小さな 小さな 選択が

少しずつ 確かに 

私達を 近づける



無数の 小さな決心の 価値を 

慈しみながら


今日も  橋を  渡る



少しずつ… 


アノ場所へ… 



一緒に…




words by アムリタ映蓮
(2002年作・自作ポエム集より)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する