~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「できない理由」を超えたその先に

私たちは、自分の直感で惹かれたものや事柄に対して、

特に何かのイベントや、トレーニングやワークショップや旅行や色々な素敵な機会に際して、
参加は無理だと、自分や他の人に言い聞かせるために、
決まって「できない理由」を上げたりします。


だいたい多いのは、

時間がない

お金がない

これが本当に自分にとって良いものか確信が持てない



よく言われることですが、これらが出てくる時って、
本当のできない理由ではないことが多いのです。

自分に、「本当の理由は何?」と尋ねて、
少なくとも自分だけは、自分の真の内なる声を理解していたいものです。


「子供がいるから」
「仕事が休めないから」
「家族のOKが出ないから」

なども、女性が「無理な理由」としてよくあげるものです。

あ。

【無理な】理由というより、
【無難な】理由と言えることも多いかもね。


あと、内容によっては、

「もう歳だから」
「もう少し若ければ」
「自分にはふさわしくないから」

などもよく女性が口にする「言い訳」ですよね。


でもね、自分に言い聞かせるために使っていても、
同じことを、楽々と、もしくは激しく悩んだり
格闘したりしてきたあげくに
とにもかくにも、超えてしまう人たちがいるということを
目の当たりにした時、
私たちは、単なる自分への「言い訳」だったことに気づくことができます。

少なくとも、その可能性に少〜〜し開くことができます。

そして、それができない別の本当の理由があるのか、
あるならそれと向き合って超えられるのか、
それは本当にできないことなのか、
少なくとも、自分の「本当」と向き合うきっかけになるでしょう。


なぜこんなことを書いているかと言うと
上記のような理由をあげて自分に無理だと思い込ませて、
自分が惹かれたものや「欲しているもの」に対して根底で感じる、
「強いWANT」を感じないようにしていると、
何がほしいのかわからなくなってしまうだけじゃなく、
自分の世界をせまくしていくな〜って実感することが多いから。

おそらく多くの場合、その「本当にほしいもの」から目をそむけるために、
また、そのほしいものが手に入らなかったり、「失敗」に終わったりする
恐れと向き合わなくていいから、別のもっともらしい、「よくある理由」で
自分を納得させてしまうことが多いんだなって。


それに気づいて、少しずつ、自分の内側の本当の声を聞き、
次のステップとして、どうするのか、どうしたいのか、を選んでいくプロセスは
AFP(アート・オブ・フェミニン・プレゼンス)のワークの中でも
たくさんやるけれど、
それより何より、そのワーク、特にティーチャートレーニングなどの
ある程度長い日数のワークに参加を決めるその時点ですでに
多くの女性達が、そんな制限を課している「自分を超えていく」姿を見せてもらっていて、
それは、私だったら果たしてできるだろうか、というすごい状況をも
超えて行っちゃう人たちだったりして、
彼女達が、勇敢に、でもとても優雅に、自然に
それを超えていくのを見させてもらえるのは
なんて光栄で幸せで感動的なのだろう、と尊敬の気持ちでいっぱいになるのです。


今日は、その中の一人をご紹介しようと思います。


4年前、AFPをアメリカから持ち帰って来て、たくさんの私のクライアントさんや、その友人、知人の方達が受けてくれて、それがさらに驚くべき口コミで広がっていく過程の中で、彼女はいくつもの大きなリミットを超えてきました。

まずは、私の「5weeks」という、「週に1度グループで集まり、5週間連続でAFPワークを続ける」コースへの参加でジャンプ。


小さいお子さん達が4人もいらっしゃって
家庭だけでなく
美容師という仕事の他にアルバイトもしていて
それでも、このAFPを続けてやるんだ、という意思のもと
参加するだけでどれだけ大きなジャンプだったろうと今でも思います。

たぶん、最初の方は、色々な「抵抗」も内側から出てきていたように記憶しています。

それだけのコミットとジャンプだから
「抵抗ちゃん」も強かっただろうけれど
その分、変容のスピードもすごくて
5weeks後は、別人のようにリラックスしてツヤツヤしていて。


その後、今度は彼女は、

「こんなに素晴らしいものを自分のママ友達にも知ってほしい。
自分の姉妹にも体験してほしい」

という強いWANTに従って、
私にワークショップを開催してほしい、とリクエストしてくれて、
それまでやったことのないヘルパー業務をかって出ます。

企画、オーガナイズを少しずつやってもらうよう、
私の方から教えて差し上げられることは少しずつ伝えながら、

ある時、川崎の会場を借りる際、そこが彼女の家から近いこともあって、
私は、彼女に予約を頼みました。

その際、「貴女もきっと将来、自分で開催したりするようになる気がするから、
登録しておいた方がいい」、と伝えたところ、
彼女のその時の答えは、
「いやいや、私はそれはありえないです。あるとしたら、誰かの開催をお手伝いするくらいで、それも自分の家を提供する程度です」

だったのですが…

例によって、時折、すごい予知能力を発揮する
私の予言は、当たりました(笑)


そこから大きく大きく、いくつものシフトを通ってきた彼女は、
遂にティーチャートレーニングに参加。

意思を固めてからも、
6泊7日のトレーニングに参加できるまでには、
ご家族と、そして自分自身の内側の声との、どれだけの対話があったことでしょう。


しかも!

レベル1だけじゃなく、立て続けに開催されたレベル2まで!

最初のうち、もちろん、

「家族が・・・」
「子供が・・・」
「仕事が・・・」

と、本当に悩んでいたりもしたけれど、

見ているうちに、だんだんと、

それが 【できない理由】なのじゃなくて、

自分のWANT を実現するためにどうしたらいいだろう、に変わっていっていました。
 
 
どんどん、自信に満ちて輝いていく彼女。

他の多くのティーチャーと同じように
彼女は外見も含めて、本当に彼女らしい魅力が一層増して
人生を生きるのが、以前よりも楽そうで、楽しそうで。


そんな彼女は、今では、とても自分らしいティーチャー活動を継続しています。


毎月11日に、ずっとAFPの体験会を、
最近では午後に男女のプレゼンスのワークの機会とともに
続けているのです。
あの、私と一緒に登録カードを作った川崎の会場で・・・


そして19日には、その川崎の会場で
AFPの認定ティーチャー達で作る、1Dayイベント、【AFPフェスタ】
が開催されます。


その実行委員も務める彼女の名前は、
珠桜こと、三神謁子さん。

できたばかりだというチラシの写真を見て、
私は思わず涙が出てきてしまい、
この記事を書きたいと思ったのでした。

14289836_1778353712450220_1487427464187512789_o_convert_20160918005108.jpg 

私の初めてのチラシです~♪
AFPにご参加くださったママ友が総力をかけて作ってくださった~♪
嬉しい~♪♪♪

という言葉とともに

チラシのプロフィールのところには

「AFP認定ティーチャー&美容師&4人の子の母」

と書いてある…(涙


ほんと、わずか1年あまりの間で
なんという変化でしょう…

ここまでに、どれだけのことを
通ってきたのでしょう。
 
それは、決して「楽々と」ばかりじゃなかったでしょう。

どれだけの痛みや苦悩があったことでしょう。


そう。

自分が超えてきた色々なことこそが
世の中に与えることができる贈り物となる。

もしかしたら、
自分にかけている【制限】は、
逆説的に、それを超えられるというサインの可能性もあるのかも。


珠桜のこれまで、そして今、の生き様に
サポートされる女性達がどれだけいることか。
もちろん、男性も。


「AFPを知ってから行動範囲がとても広がり
家族との距離も自然と近くなった」


と言う彼女。

アーティストな感じの個性的なビューティが
またいいのよね〜

IMG_2252_convert_20160918005744.jpg 
(6月の六甲でのレベル2・ティーチャートレーニングにて・右が珠桜)


さていよいよ19日(祝)に開催される、「AFPフェスタ」に来れる人は
ぜひ、こうした女性の生き様の話を聞きにきてみてください。

キャンセルなどが出て、残席が3名様分ほどあります。


AFPに関してだけじゃなく
女として
母親として、
一人の人間として、
ご自分はどんなWANTを持っているのか。

普段自分が自分に【当然のように】かけているリミッターは
どんなことなのか。

自分のWANTを生きて行く自分の内なるリーダーと
どうやって出会うのか。


会場には、自分の制限を超えてきたり、
今現在も軽やかに向き合って超えていこうとしている、
たくさんの魅力的なAFP認定ティーチャー達がいます。


もちろん、私も。


よかったら、いらしてくださいね。
ランチ付きの1日ワークショップで
たくさんの基本的なAFPのエクササイズも体験できて
とってもお得になっています。


ドタ参間に合う!


そして、自分ももしかしたら…と少しでも思っているなら
どうぞ、認定ティーチャーとして活動できるようになる、
(しなくてもAFPエクササイズを深めるためだけでもOK)
ティーチャートレーニング(認定講師養成コース)へ。
早割締め切りまであと10日となっています。お早めに!

AFPがまったく初めての方も歓迎!



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する