~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

AFPとパートナーシップ、そして早割締め切り明後日!

さて、Facebookやメルマガではお知らせしていましたが、

6月のレイチェルの週末ワークショップの

早割期間が、5月25日(木)まで延長されたので、

締め切りは今日の時点で、明後日となります!


 

特に、「迷っているうちに早割が終わってしまっていた」とがっかりしていた方、

参加してみたい、という気持ちがあるのだけど、いま一歩が踏み出せない、と思っていた方などは、

このお知らせを受け取ったということは、GOサインだと思っていいのではないでしょうか。

 

すぐにジャンプインする!という方のために、ここにもお申し込みご案内のリンクを貼っておきますね。

この記事の一番最後にも再度お知らせします。

 

早割は5月25日まで!

→ 6/17~19 AFP創始者レイチェルによる週末集中ワークショップお申し込みご案内ページはこちらから♪

 

 

さて、前回お伝えした、レイチェルと私の二元ライブ中継の録画、および

文字起こし全文、ご覧頂けましたでしょうか。

 

今日は、その1週間後に行なわれました、ライブ中継2回目の内容、

「パートナーシップ」について、です。

 

これについてはもう、関心のない女性はいないのではないか、というほど

シングルの人にとっても、パートナーがいる人にとっても

興味津々の部分かと思います。

 

たびたび、名前が出てくるのでご存知の方も多いかと思いますが、

レイチェルのパートナー、ダータ・グルーバーさんも、一緒に来日されます。

そして、歌手であるレイチェルと一緒にベースプレーヤーとして、ワークショップ中に

演奏してくださる他、ティーチャートレーニングにおいては、

自分の本当の部分から、本当のことを伝えていく、素晴らしいスピーチトレーニングを担当してくれます。

 

でもなんといっても、週末のワークショップでの目玉の一つは、

このダータとレイチェルが二人で行なってくれる、パートナーシップについてのレクチャーや質疑応答です。

 

これについても、最近とても要望が多いので、パートナーシップについてだけのウェビナーなども

二人は始めていますし、特に、コミュニケーションという面において、

彼らが伝えてくれる方法や視点は、実際に実生活で生かすことができる、

非常に実践的なことが多いのが特徴です。

 

そして、ライブ動画の中でも伝えていますが、

女性が、本当に自分が欲していることと繋がること

そしてそれを、自分の子宮スペースから、相手のことを尊重しなが

伝えることにおいて、AFPのプラクティスは非常に効果を発していきます。

 

特に今度の6月のワークショップでは、少しアドバンスな内容も含まれるので、

このパートナーシップについての側面がとても楽しみな部分でもあります。

 

(レイチェルとダータ)

 

 

動画でもあるように、そして私、アムリタはレイチェルの長い友人なので

実際にそうだったことをよく知っていますが、

本当にレイチェルは、長いことシングルだったのです!

 

彼氏ができない、もしくは長続きしないのが悩みだったのですよ!

 

私たち仲間は、よく、「あんなに綺麗で魅力的な女性なのに、なぜだろう」って

話していたものです。

 

それが、AFPというワークができた一つの背景なのです。

 

そして実際、レイチェルがAFPを作って、自らがそのワークを日常で実践し始めてから

ほとなくして、ダータという素晴らしいパートナーと結ばれました。

 

AFPでレイチェルと7年ぶりくらいで再会した時に、

私はあまりにもレイチェルがしっとりと艶やかに、フェミニンになっていたので

本当に驚きました。

 

  



パートナーシップについて、AFPにある鍵は、

 

女性としての自分らしさと繋がること、

自分らしい魅力と存在感を際立たせること、

そして

自分の本当の望みや願いと繋がって相手を尊重しながらそれを伝えること

 

だと言えます。

 

これらのことを、二回目のライブ配信で、レイチェルが惜しみなく伝えてくれていますので、

まだご覧になっていない方は、こちらのリンク先からどうぞご覧になってくださいね。

 

これもまた、認定ティーチャーで事務局のマハンタが

全文、文字起こしをしてくれていますので、動画を見る時間がない方も、

内容を文字で確認したい方も、合わせてお楽しみください。


201705232207026a7.jpg 

 

→ レイチェル・アムリタ ライブ配信第2弾(通訳込みで 約53分)

 

私は、今年56歳になりました。

全然そんな気がしないし、昔よりも若いとすら言われるのも

AFPのおかげだと思いますが、

これまで、本当にさまざまな自己探求をしてきました。

 

いわゆるヒーリングという言葉や、スピリチュアルという言葉が

はじめて日本で使われ始めた頃から知っているわけですが、

そして出会ったすべての人やワークやセラピー、一人一人の師だけでなく

仲間も含めて、すべて繋がっていて今日があり、心から感謝をしています。

 

ですが、それでも、私がこんなにずっと続けようと思えたもの、

こんなに、一人も多くの人、それも女性に伝えたいと思ったものは

AFPをおいて他にありません。

 

それは確実にその人らしさへと向かわせる、意識のワークであるということと、

無理をしたり頑張ったりする要素がまったくなく、むしろ力が抜けていくということ、

 

それだけでなく

ちょっとワークをしただけで起きる変容に驚いて終わりではなく、

いったん起きた変容を継続して深めていけば、

想像もしていなかった更なる展開があるということでもあり、

女性が、本当に心の底から、「心身が満たされる」という体験ができるからであり、

その経験をした女性たちの喜びのエネルギーや波動が

本当に、本当に、この世界が向かっていく方向に影響を与えていくと確信しているからです。

 

 

そして、その女性たちは、次々と自分らしさを生き始め

自分の姿を表して行っています。

 

 

こんな素晴らしい、美しさを、人生の中で見ることができて、

大げさかもしれませんが、生きてきたかいがあった、と心から思っています。

 

ワークの参加費は、決して安いものではないかもしれません。

でも私は、それがいくらか、ということよりも、そのことによって、

一生がまったく違うものになったこと、そのことでどれだけの、やらなくてもいいことに

お金やエネルギーを使うことをしなくてよくなったか、を思うと

とても安くすら感じてしまうのです。

 

惹かれている方には、少しでも早く出会ってほしいと切に願っています。

 

 

レイチェルのワークショップに参加なさる方は、清里でお会いしましょう!

 

アムリタより


早割は5月25日まで!

→ 6/17~19 AFP創始者レイチェルによる週末集中ワークショップお申し込みご案内ページはこちらから♪

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する