FC2ブログ

正解を探すクセを手放す

(7月4日発行のメルマガ・フェミニンプレゼンスというアートより)



アムリタ映蓮です。


 

前回のメルマガで触れた、「無限の可能性を生きる鍵」について

何回かに分けてお送りしますね。


 

今日は、「正解を探すクセを手放す」です。

 

 

 

私たちには、実現したい「望み」、

「願い」「焦がれ」などがありますよね。

 

 

「夢」のように遠くに感じるものでなくても、

日々の生活でも、たくさんの「〜〜したい」「〜〜が欲しい」が

あります。

 

 

そして、それがわからなくなっている状態の時もありますよね。

 

もうずっと長いことわからなくなっている、

ずっとしんどい、という人もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

それは、ある意味、何が私のしたいことなんだろう?と

「考えている」状態がずっと続いていてしんどい、ということなんですよね。

 

 

AFPには、そんな状態に働きかけることもできるワークが

たくさんあります。

 

 

というのも、「考える(思考)」が男性性だとしたら、

「感じる」ことが特徴である女性(性)にとって、

この「〜〜たい」「欲しい」という感覚は、

女性性的な感覚である、「満ちる」という感覚に直結する、

とても大事なものだからです。

 

(もちろん、男性(性)にも大切なのですが、

少し違う観点になります。)

 

 

こんなふうになってはいませんか?

 

 

やりたいことは何だろうと「(正解を)考える」

(正解は)これかな、と「思う」

「やってみる」もしくはやれない 

うまくいかない

自分はダメだ、と落ち込む

 

 

やりたいことは、「考える」ものではないし、

正解を探すのとは違うのです。

 

どちらかと言えば、湧き上がってきたり、

「見つかる」感覚や、しっくり来るとか、ピン!とアンテナが立つような感覚がするものです。

 

ふっととか、ふとという感覚が大事です。

 

 

人間である限り、生きている限り

こうした【純粋な】望みや願い、「〜〜たい」によって、

私達は、次の一歩を踏み出していきます。

 

 

 

ですが、その一歩を踏み出す前に、更に大事なことがあるのです。

 

それが、私がAFPと出会ってよかった、と心から感じる理由の一つです。

 

 

 「〜〜たい」が見つかったとして、

多くの場合、すぐに、やりたいことを

「しよう」、もしくは「すぐ実行すべきだと考えること」をしていませんか?

 

これも多くの場合、「そうするのが正しい」と考えているからですよね。

 

もし「〜〜たい」が見つかったとして、

やりたいことが見つかったらすぐ実現するためのことを

考えて、すぐに動く、ということを繰り返していたら

こんなことばかりが起きていきませんか。

 

→やりたい(と思った)ことが、なんらかの「現実」により実現できない。

 

→やりたい(と思った)ことをやってみても、一瞬の嬉しさだけで、

あとはすぐにまた次のやりたいことを考えて探す状態に陥り、

「満たされている」時間が少ない。

 

 

ここで、すぐに動き出す前の、ほんの短い間でいいから、

この「〜たい」という感覚を自分の女性の肉体の中で

広げるのです

 

 

 

 

急いでそれをなんとかしなくては、となるのはどちらかといえば

男性性のエネルギー。

 

 

そしてさらには、その「〜たい」を思い描いている時、

心地よい場所にいるのかどうか、ということが大事なのです。

 

心地よい場所とは、身体、エネルギー、心にとって、心地よいスペースのことであり、

自分自身の状態のことです。


 

「〜たい」を感じる時、真底、気持ちの良い状態になっていること、

【快】を感じている状態でいること、が大事なのです。


 

  

では、気持ちの良い状態になっている、とどうしたらわかるのでしょう?

 

頭で考えて、「気持ちが良い」と決めるのでしょうか? 数値が出るのでしょうか?

 

何かの前例や誰かを見て、「ああなるべきだ」というチェックをするのでしょうか?

 

 

上のどれも、(頭では)違うとわかっていたとしても、

実際はそうしていませんか?

 

 

少なくとも昔の私は そうでした。

 

気持ち良さや【快】を感じることについてすら、

何が正しいのか、を常に探していて、

くつろぎからも、真の楽しさからも、

ほど遠いところにいたのです・・・

 

 

(これは今の私w)

 

次回に続きます。

 

 アムリタより

 

 

 

<AFPトレーナー・アムリタによる長野AFP週末ワーク>

 

 

自然豊かな場所、ヒーリングエネルギーに満たされた場所で

【快】を感じるAFPワークがもたらす効果は格別です!

 

7月22〜23日 とても心地良い、くつろぎの場所で、

たっぷりAFPワークをしてみませんか?

 

AFPが初めての方向けのゆっくりしたハーフデイと、

AFPの真髄であるフェミニンプレゼンス瞑想の

フルバージョンを体験できるプログラムです。

 

 


女性たちに人気のスポット、小布施からほど近い、

とっても素敵なハワイアンの風を感じるサロンにて、

美味しいオーガニックのランチ付きで、

それこそ、たくさんの【快】とJoy(喜び)に満たされて

AFPをじっくり味わえますよ。


 

 


ファシリテーターは私、アムリタです。

 

お申し込みはこちらから!

7月22-23日、長野県の小布施という女性達に人気のパワースポット近くの素敵な一軒家サロンにて、AFP週末ワークショップ!

 →アムリタによる長野・AFP週末ワーク(体験会&1Dayワークショップ)詳細とお申し込みはこちら

 

 

 

各地のティーチャー達の活動は、こちらの公式ページからチェックして頂けます。

→AFPジャパン公式サイト




アムリタ映蓮の不定期メルマガ 「フェミニン・プレゼンスというアート」

 →ご登録は【こちら】からお願いします。





関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード