~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

すでに感じていることに気づく

アムリタ映蓮です。

 

時間がたってしまいましたが(汗

前回のメルマガからの続きです。


以下、本日配信のメルマガより



 

************************************** 

昔の私は、【快】を感じることに対してすらも、

何か、正解があるような姿勢になってしまって、

くつろぐとか、心地よい感覚を、

「どれが正しいんだろう」と、もっともくつろぎから遠い思考で

正解探しをしていました。

 

「どうするのがいいんだろう」

「どっちの方がいいんだろう」

 

これを一生懸命頭で分析したり答えを出そうとしていて、

 

「くつろいで」と言われると、逆に縮み上がっていました。

 

 

「好きなように自由にして」と言われると、身体はこわばりました。

「間違えて」しまうんじゃないか、という恐れから。

 

 

 

昔の私に欠けていたのは、ただ、「意識的に、感じる」という習慣。

それも、ふとした良い気持ちや、ちょっとしたいい気分を

無意識には、常に生物としてやっていることです。

 

 

でも、昔の私はそこに価値を見出さず、

たとえ見出したとしても、「こんなの大した価値はない」と、

次へ次へと駆り立てていたのです。

 

 

同時に、悪い気分、ネガティブな気分にばかり気づいて、

それを「解決しなくてはいけない問題」として、

そこに時間やエネルギーを注いで

大ごとにしてしまっていました。

 

気づいて、感じて、そこに時間やエネルギーを注ぐ・・・

 

これを、ネガティブなことにだけやって

良い気分や気持ち良さや、【快】に関しては

やっていなかったのです。

 

まるで、ネガティブな「方が」大事だと言わんばかりに。

 

生きている限り、サバイバルのための危険や警告に対して敏感になる、

恐れの感度と、

心地よさや悦びを感じ取る感度があるのです。


 

よくタイムラインで見るのが、どんなに小さな動物、

もしくは獰猛とされる動物も

「楽しそうに」遊んだり、嬉しい表現をしたりするのです。


 

どちらの方が、生きがい、生きる喜びや幸せに繋がっているのでしょう。


 

それはもう明らかですが、それを可能にするには、

危険を察知する恐れと両方感じ取るバランスが大事ですよね。


 

 なのに、、


 

よーく観察してみると、問題が起きた時だけ大騒ぎをしたり、

何か良いことが起きても、

「これでは十分じゃない」ってすぐ結論付けたりして、

喜びを大きくしないように、それよりも、

不快感や苦痛を問題視して無意識に大きくしていたり…


 

「バランス」と言っても、両方完璧に同じだと、前に進みません。

自分はどちらをベースに生きたいのか。

その意思がはっきりすることで、進みたい方向を見失わずにすむ。

 

けれど、進みたい方向を感じながらも

とどまる方にエネルギーを注ぎ続けてしまう・・・・




もちろん、そうなってしまった背景や理由や原因はあるのです。

インナーチャイルド的な傷とかいろいろ、ね。

 

それらを見るのが必要な時もあるけれど、大切なことは、

そこに浸りすぎないこと。

浸ることによって、喜びを感じなくする、もしくは

今この瞬間に感じられるはずの喜びを、

先延ばししているかもしれないのです。

 

本当に恐れているのが喜びを感じることだったりするから。

 

 

それを感じることを許可できれば、

そうしようと自分が決意すれば、たった今、この瞬間から、

喜びや【快】を選択できるようになるのです。

 

少なくとも、たった一瞬でその選択が可能だ、と知っていることから、です。


IMG_1066_convert_20170114174355.jpg 

 

  

それには、いまこの瞬間、何を感じているのか、「考える」のではなく

「すでに感じていることに気づく」という感覚からのスタートです。

 

今、マインドフル瞑想なども企業などで取り入れられるようになり

良い悪いの判断なく、「今感じていることに気づく」というだけの

シンプルなことがどれだけパワフルか、が多くの人に知られてきています。

 

 

AFPでも、この、今この瞬間に自分が感じていることに

「ただ気づく」ことを非常に大事にしています。

 

(そしてそれが【フェミニン・プレゼンス=その人らしい存在感】と

大いに関わってきます)


 

AFPのワークショップやクラス開始時の毎回の【チェックイン】は、

その練習です。

 

 

「こう感じているべき」とか「こう感じているといいんじゃないか」ではなく

(それは正しさを探すクセから来る思考)

本当に、オーセンティックに、真に、感じていることに気づき、

その感じていることを、ただ感じ続けて、

そこから、その瞬間の小さな(大きくてもいいけど)

「〜〜たい」が出てくるのを待ちます。

 

 

もし、頭で考えた、「〜〜するべき」とは違う、

純粋な「〜〜たい」が見つかったら、

その瞬間、不思議とぐわーっとジョイ・メーター(喜びのメーター)が上がります。


 

「〜〜たい」は、喜び。喜びは、気持ちが良い悦び。


 

これがバロメーターになります。

 


 

最初に自分にこれが起きた時、(正確には、気づいた時)

「かなっていないことなのに?」と、

私は驚きました。

 


どんなに小さなものでも、「〜〜たい」をちゃんと感じれば、

それは、「生きたい」に繋がっています。


 

その力強いデザイヤーを、見つけられて、

感じられて嬉しいのです。


 

  

さらにそこから、日々できるエクササイズがあるのです。

 


キーワードは、「今よりほんの少しだけ」「30秒間」

 

 

次回に続きます。

 

 

 

まだ若干お席があるそうです!!ぜひ波動の高い場所で心地よさ、悦びの中で一層のAFP効果をご一緒に味わいましょう! 

<AFPトレーナー・アムリタによる長野AFP週末ワーク>

 

 自然豊かな場所、ヒーリングエネルギーに満たされた場所で

【快】を感じるAFPワークがもたらす効果は格別です!

 

7月22〜23日 とても心地良い、くつろぎの場所で、

たっぷりAFPワークをしてみませんか?

 

AFPが初めての方向けのゆっくりしたハーフデイと、

AFPの真髄であるフェミニンプレゼンス瞑想の

フルバージョンを体験できるプログラムです。

 

 

女性たちに人気のスポット、小布施からほど近い、

とっても素敵なハワイアンの風を感じるサロンにて、

美味しいオーガニックのランチ付きで、

それこそ、たくさんの【快】とJoy(喜び)に満たされて

AFPをじっくり味わえますよ。

 

 

ファシリテーターは私、アムリタです。

 

お申し込みはこちらから!

7月22-23日、長野県の小布施という女性達に人気の

パワースポット近くの素敵な一軒家サロンにて、AFP週末ワークショップ!

 →アムリタによる長野・AFP週末ワーク(体験会&1Dayワークショップ)詳細とお申し込みはこちら 若干名分の残席ありです

 

 

 

各地のティーチャー達の活動は、こちらの公式ページからチェックして頂けます。

→AFPジャパン公式サイト



⭐︎アムリタ発行の無料メルマガ【フェミニン・プレゼンスというアート】の購読お申し込みはこちらから⭐︎

 

 

 

 






関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する