FC2ブログ

『癒す』から『活かす』時代へ

以前からセッションなどではお伝えして来てて
ブログでも過去に何度か書いているけれど

本当に今、傷を癒す時代から、傷を活かす時代に移行しつつあると思う。

少なくとも私や私の生きる世界では。


傷を完璧に癒そうとして
治るまでは動き出せない時代は終わって

傷跡はそのままに

むしろ傷跡は 自分らしさの大事な一部だったりする。

それが古傷として 時に痛むことがあっても

慌てて それを癒さなくちゃ、と後戻りしたりする必要はない。

そんなときは 少し 休むだけ。

昔は、「いつ、どこで、誰に、何に、傷つけられたのか、なぜそうなったのか」に
ものすごく時間をかけて、見ようとしてみたり
分析してみたり
「リーディング」してみたり
「対話」してみたり
といったことに費やしていたけれど

もう一つ、

傷には、「なんのために」、という目的があるから
傷跡は残ることになっているのだ。

原因じゃなくて目的を思い出すために。


もっとも深い傷、もっとも癒しが必要だ、と感じた傷は
実は もっとも自分らしさを表している部分なのだ。

そのことに気づいたら

いや ただ そう知るだけで

今 その傷を 活かすには

その傷を持つ自分を むしろ讃えながら
前に進むのだ。


病気や怪我もそう。

これを言うと、いろんなことの逆を言うようだけど

病気も原因ばかりに焦点を当てて
治すことばかりに躍起になっていると

自分の場合も人の場合も
その病気が持つ目的が見えなくなってしまう。


治らなかった人がダメな人というラベルを貼ってしまう。

癒さなかった人は 癒えてない人というラベルを貼ってしまう。

そんなことをしていては
人間の偉大な魂の姿を 感じ取ることはできない。

完璧なる魂の計画を 讃えることができるのは
それが全て完璧だと受け入れることができた時。

いや 受け入れられなくても 完璧なのだ。


その傷を抱えて
その病気になって

どう生きていくのか

どう それを
その経験を 活かすのか

もしくは

どんな風に
勝手に それが 活かされていくのか

心配したり
干渉したり
介入したり
なんとかしようと焦ったり
あがいたり するばかりでなく


心の奥で 讃える

この全ての 完璧な仕組みを

その傷が
その病が

本人に 何かを教えるだけでなく

その周囲の 全ての人にとって
関わる 全ての人にとって

大切な意味と 役割を
果たしているということを

讃える

讃える

ただ 得る


D53A0420_convert_20170922000931.jpg 


**********************************************
<現在 受付中のアムリタの講座、ワークショップ>(詳細とお申し込みは各講座名をクリックしてね♪)
10月3日(火)13:30-16:30 New! Facebookライブ配信講座 超初心者対象

個人セッション、随時受付中です。お問い合わせください。(レギュラーカウンセリングセッション、インナーチャイルドセッション、AFP・フェミニンプレゼンス個人コーチング)

★無料メルマガ:フェミニン・プレゼンスというアート →ご登録はこちらから

関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード