FC2ブログ

大阪 秋の陣 男女参加AFP+円坐の二日間

このブログにも何年も前から何度か登場している、橋本久仁彦さんという素晴らしい方が大阪にいらっしゃいます。ご本人は世の中の「肩書き」らしきものではとても語れない存在感ですが、あえて言うなら、以前はカウンセラーなどをしていらして、カール・ロジャーズの非構成的エンカウンターグループを盛んに開いていらした頃にお会いしました。その筋の通った独特の視点や物言い、率直で、でもどこまで深い大きな愛を携えながらも、私の大好きな「反骨精神」や「少年ぽさ」を今でもすごく感じる方です。

今は、その頃やっていらしたエンカウンターグループやコンタクトダンスなどを、独自の日本人的な感性で再創造された「円坐」や「影舞」に発展させ、全国の男女問わず多くの方に慕われていらっしゃいます。


543341_405647826154727_1687169785_n_convert_20171108131544.jpg 

(2012年6月 熊野での円坐合宿にて)


そのクニちゃんと今年の5月に共同開催させて頂いた、「クニちゃん&アムちゃん・なんか妖怪、非構成の旅 in 出雲」でのご縁の結び直しがきっかけで、橋本氏直々に私を大阪に呼びたいとおっしゃってくださり、来週、男女参加AFPを始め、円坐、影舞、対談など盛りだくさんの、おそらく2度とないであろう(?)「AFPのアムリタ」と、「円坐・影舞のクニちゃん」のとても特別な二日間を企画してくださいました。


18922540_1366760430075509_4503873746026673575_o_convert_20171108130102.jpg 

(今年6月出雲にて 撮影・戸高源太郎氏


関西、西日本の方はもちろん、関東からもいらしてくださるとのことで、とても楽しみにしています。

まだお席があるそうですので、タイミングの合う方とご一緒できたらとても嬉しいです。



以下は、少し長いですが、このイベントについての私の思いです。(イベント参加お申し込み先などの詳細は、一番最後にあります)


IMG_4659_convert_20171108134911.jpg 


音の中に 静寂を
静寂の中に 音を 聴く
  

闇の中から 光を
光の中から 闇を感じ取る
  

ミクロの中に マクロを
マクロの中に ミクロを
   

一瞬に 永遠を
永遠の中の 瞬間を
   

永遠の中で 紡がれる
今という瞬間を 慈しむ
  

若い時から、
常にこんな感じの感覚や意識を持っていた私だが、
かつて、宮本武蔵の「五輪書」の中の言葉、
「兵法は、遠きところに近きを見
近きところに遠きを見」
という言葉との出会いで
膝を打ったことを思い出した。
   

クニちゃんこと橋本久仁彦さん(以下、クニちゃん)との「出会い直し」は私にとって、色々な意味でそれと似ているかもしれない。


18920896_1366760596742159_7497686219507336170_o_convert_20171108130012.jpg 

(撮影・戸高源太郎氏)


クニちゃんと初めて会ったのは、
2007年のことなので、ちょうど10年前。
  

清里でのクニちゃんの1週間の円坐(その頃は、「非構成的エンカウンターグループ」という名)に初めて参加して「こんな感覚を持っている人が日本にいたのを知っていたら、わざわざアメリカまで探究の旅になど出なくてよかったのに!」、と叫んでいたのを覚えている。
  

その頃の私は、どちらかと言えば、何も言わなくても、何をしなくてもいい場所、ということに安心・安全をトータルに感じていて、(言葉での)発言は少なかったと思う。
  

クニちゃんと、この「場」、すごいなーって思っていた。
  

でもクニちゃんの方も、「アムリタは関東で僕が自信を持って紹介できる数少ないセラピストだ」、「アムリタという人が、『場所』なんだ」と私の円坐での数少ない言動から感じ取ってくださり、実際、その後、何人かのクライアントさんをご紹介頂いた。
  

ありがたいな~光栄だな~とは思ったけれど、どちらかと言えば、その頃の私は、当然のようにクニちゃんを自分より「上」に置こうとしていたかもしれない。
  


時は過ぎて、アメリカ生まれの女性向けプログラム「AFP」を日本に持ち帰り、日本にも私以外の認定ティーチャー達が誕生した。
  

女性であることの探究とはすなわち自分である、【在る】ことの探究。
自分で在るということの中に、身体の【性別】はどのような意味を持つのか。
  

そんな視点で続けていく中で、ファシリテーション未経験のティーチャー達、グループを開催したことのないティーチャー達がいて、どうしたらいいのか、困っているらしいと聞いた。
   

また、AFPのような「プログラム」的なものは、ともすると「導く立場にある者」がその「プログラム」に注意を取られてしまったり必死になってしまい、そこにある、「到達点のない自由さ」や「一人一人の持っている本質が自ずと泉のごとく湧き出てくる」ような自然な成り行きを止めてしまったり、気づかなかったりする。無意識のうちに、沈黙が続くことを怖がったり、相手をコントロールしたり操作しようとしたりしてしまうこともある。
  

そんなこともあって、AFPティーチャーとして場を持つなら、プログラムも操作も鉄板のファシリテーションもない、そして自分の感じていることやあり様が、よーく見える「円坐」というものから学ぶことが大きいのでは、と提案したのが、認定ティーチャー達が多く円坐に参加するようになったきっかけだ。
  

最初のうちは、皆んな、円坐とAFP、影舞とAFP(の瞑想)に多くの共通項を見出して感動したりしていたようだ。
  

しかし、そのまま円坐にはまって行った人たちの中には、途中で気づいたら、円坐とAFPの間に矛盾を感じたり真反対のものだと感じて困っていると言っていたりすると言う。
   


私は、あーなんともったいない!と正直、反応した。真反対や矛盾は、自分の中に存在しているものであり、その両方が自分のものだと認めることができたら、キャパが広がるのだ、と。
   

遠きところと近きところは、自らの意識の中に存在しているのであり、自らの意識が存在しなければ、その相反する場所は存在しないのだ。それを相反するものとしてそれぞれの中にもう一方が内包されていることが見えた時、それらを内包する大きな輪が完結する。
   

な~んてことを、ムラムラと、メラメラと、表現したくなってしまった自分がいた。
  

それが、今年6月、出雲でクニちゃんと「非構成の旅」をする中で出てきたのだった。


どんなに矛盾を含んだもの同士であろうとも、
この宇宙で「出会う」ことは、「引き合う」ことであり
それは奇跡的ではあっても、偶然ではない。
  

そう。出雲でクニちゃんと舞った、『ジュピター』の歌詞のごとく。


18954643_1366759180075634_974898374745913684_o_convert_20171108130437.jpg 
  

真反対に見えるものの中に、
圧倒的な真/芯の共通性が存在するのだ。


真反対(に感じられるもの)は、
両方が1つのセットでこの(3次元の)世界に存在する。
  

その場合、「対」は、「たい」と読むのでなく、「つい」と読む。
  

この美しい「対」を、感じることなくして「ワンネス」などというものはあり得ない。


そして、これらを内包する意識、
観測している意識がなければ
この美しき「対」は存在しないのだ。
  

光と闇。
  

静と動。
  

東と西。
  

男と女。

 
ここへきて、そんな「星々」が引き合うかのように、
魂の家族のリユニオンでもあるかのように、
ある点において同じ感覚を分かち合うもの同士、
縁のあるもの同士が、
引き寄せられて集まってきている感じがする今日この頃。


クニちゃんとの出会い直し
クニちゃんとの手仕舞い、手合わせ、仕合わせは
そんな意味合いがあるのかなと思っている。


18951194_1607216302636256_7766323992794536910_n_convert_20171108130302.jpg 


な~んて、そんな風にも言えるようになった私として

10年来知っていて一度も訪れることのなかった、
Cave にお招き頂いたこと、
そのタイミングこそ、
何よりも完璧なのだろう。


きっと この二日間という「一瞬」にも
宇宙のどこかで
星々が命を終え
星々が新たに生まれている。
  

私達の身体の細胞もまた。
  

今ある細胞総動員で逢おう!
  

あふ阪、逢う阪
秋の陣
  

楽しみです。


*************************************


18921663_1607216442636242_4007865094612741785_n_convert_20171108130036.jpg 


「アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。」 ←イベントのタイトルですw

(イベント概要)
■ 日にち
2017年11月15日(水)12:00から
2017年11月16日(木)18:00まで


■ タイムスケジュール
【1日目】
12:00〜14:30 アムリタ くにちゃん 対談
14:30〜15:00 休 憩
15:00〜17:00 AFP 男女混合(アムリタ)
17:00〜18:30 晩ごはん 休憩
18:30〜21:00 ライブ配信!CAVEの夜/影舞三昧(橋本)


【2日目】
10:00〜12:00 女だけの秘密のAFP体験会(アムリタ)
12:00〜13:30 お昼ごはん 休憩
13:30〜16:30 3時間の円坐(橋本)
16:30〜17:00 休 憩
17:00〜18:00 クロージングセッション「くにちゃん&アムちゃん なんか妖怪!?タイム」


■ 参加費
2日間通し参加の場合 18000円
どちらか1日のみの参加の場合 10000円

※ 2日間通し参加で男性の場合は16000円となります。

※ 2日目のみの参加で男性の場合は13:30からの開始となり、参加費は8000円となります。

※ 本イベント2日目10:00からのAFP体験会は女性対象プログラムとなりますが、トランスジェンダーの方もご参加いただけます。詳しくは下記メールアドレスへ個別にご相談ください。

※ 参加費は当日受付けにてお支払いください。

※ キャンセレーションポリシーとして
開催日7日前のキャンセル・・・参加費の50%
開催日前日または当日のキャンセルの場合・・・参加費の100%がかかります。
  

■ 会 場
studio CAVE(大阪市西区千代崎2-2-13)
http://www.fenceworks.jp/
access.html
  

■ お申込み・お問い合わせ
・お名前
・お住いの都道府県
・当日の連絡先(携帯番号)

を明記の上、

fenceworks2010@gmail.com(担当 田中 聡)
までご連絡下さい。


■ 企画・主催
フェンスワークス 田中聡
AFP認定ティーチャー 菅野美和(アジャンタ)


18953407_1366760490075503_9055816378496855587_o_convert_20171108130347.jpg 

企画・世話人(?!)アジャンタと

18839292_1607216495969570_5920946192482405005_n_convert_20171108133807.jpg

おまけのクニちゃんお茶目写真ww

*******************************************


そして、このスペシャル大阪AFP&円坐二日間の直後、先日川崎で開催されて大盛況だった、AFPフェスタの関西版が京都で開催されます!個性的魅力溢れるAFP認定ティーチャー達で作る1Dayワークショップ。私、アムリタのトークライブとミニワークもあります。ぜひ、この大阪二日間と合わせて!そのまま!京都までご一緒しましょう!! →  AFPフェスタ(京都)詳細とお申し込みはこちら♪ 



<受付中のアムリタ関連イベント>

詳細とお申し込みは、リンクをクリックしてね♪

 

◆11月11日 Yukiya Music School 第1回発表会 【残1席】【満員御礼】

 

◆11月15-16日 アムリタとくにちゃんが出会い直した、ということで・・・ 男性も参加できるよ → AFPと円坐の2日間、やります。(←これイベント名ですw)

 

◆11月17日 AFPフェスタ(京都)with AFP認定ティーチャーズ!


◆11月22日 美食+AFP 最終回!スペシャルなレストランでフルコース!

 

◆11月25-26日 【たい】ワークハーフディとAFP1Dayワークショップ in 岡山


2018年1月12日(金)〜1月17日(水)AFP ティーチャートレーニング(清里)





関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード