FC2ブログ

「安全な問題」を持ち続ける私達

以下の記事は、先日配信したアムリタ映蓮発行の無料メルマガ、「フェミニン・プレゼンスというアート」より

(メルマガ登録はこちらから)




AFPジャパン講師養成トレーナーのアムリタ映蓮です。

 

先日2回に渡って行なわせて頂いた、

オンラインでのAFP説明会/お話会。

 

2回目の時は、2人の認定ティーチャーが自主的に参加して下さって、

たくさんご自分の経験談を分かち合って下さいました。

 

少人数でしたので、参加されてた皆さんの多くが

"天の岩戸"からお出ましになりw、

お顔をお互いに見ながら、打ち解けてお話しできました。

 

もちろん、リアルでお目にかかってお話しするのが一番ですが、

今は対面とほぼ近い形で、

あのような場が持てるって素晴らしいですね。

 

全国各地からのご参加が可能になって本当に良かったです。

ありがとうございました。

 

来年は、このようなオンラインで

双方向でお話しする機会を始め、

Facebookライブ配信も継続していきますし、

オンラインでのAFPワークショップや個人セッション

(今でもやっていますが)も、

以前から構想のあった3回コース、5回コースなど

もっと充実させていく予定です。

 

AFPのプラクティスは、

最もパワフルなものの中には

対面でないとできないものがありますが、

違う意味で、パワフルだからこそ

オンラインでも分かち合えるものがあります。

 

今まで、物理的に遠くて参加できなかった皆さんや、

実際のワークショップには遠方からいらしても、

そのあと近くで機会がないため継続が難しかった皆さんも、

どうぞこれからどんどん増えていく、

オンラインでの機会を楽しみにしていて下さいね。

 

そしてその上で、もちろん、実際のトレーニングなどに

足を運んで頂くことができたら最強だと思います!


 

【早割締め切り12月12日!】12月23日まで延長決定!

日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

(よくある質問集もページの下の方にありますので迷っている方は

見て下さい。ご質問も遠慮なくどうぞ♪)

 

さて、タイトルにある、「安全な問題」を持ち続ける私達、についてです。

 

これは、

「長いことやりたい/なりたい、と思っているけれど現実にならないのはなぜだろう」

という意識や状態でいる人達に対して、AFP創始者のレイチェルがよく指摘することです。

 

「みんな、次々と実現していっているのに私だけがなぜ…」

「自分なりにトライはしているのに、もうずっとこんな感じが続いている。」

「どうしたらそうなれるんだろう、そうできるんだろう」

 

世の中、この手のことに対する「答え」のようなもので溢れかえっていますので、

ある1つの見方として、そして、一歩踏み出せる可能性の扉として

お聞きいただければと思いますが・・・

 

上のようなことを言っている人達、もしくは状態にいる時、

相談すると大抵、「本当にそれをしたいのですか?なりたいのですか?」と

言われると思うのですが、それに対して多くの人が、

「したいんです。本当に望んでいるのです。

でもお金が…」

「時間が…」

「家族が…」

 

などと、

「望んでいるのに、できない」ということを

強調し始めます。

 

 

それらのできない理由は、

本人にとって、「その問題があるからできない」ということになっていて

それが理由だという状態が、もう何年も続いていたりします。

 

 

状態が何年も続いているのが悪い、とかではなく、

望んでいるのにできない、という気持ちを

長いことそのままにしている、ということです。

 

 

それが、もしかしたら、

「その望みが実現する」となると、

直面しなくてはならない

別の本当に恐れていることがあるから、

本当は他に、見たくないことがあるから、

 

その問題があるからできない、と自分を納得させられるような

「安全な問題」として自分が選択して持ち続けているのかもしれない、という

視点を持ってみたら、何が出てきますか?

 

ということなのです。

 

 

例えば1つの例として、

 

「AFPがとっても好きだ、興味がある。

多くの女性に幸せになってもらう手伝いがしたいから

ティーチャーになりたい」

 

という気持ちを

もう何年か持っていたとして、

その気持ちが出てくるたびに、

 

「お金がないから」「時間がないから」

「家族が」「仕事が」「年齢が」「私の性格/容姿は向いてない」などなど

自分に馴染みのある理由を持って、

自分には無理だ、と言い聞かせることを繰り返していたとします。

 

実際に、この例はAFPティーチャーでなくても全然いいので

ご自分の身近な例で想像して欲しいのですが。

 

自分に関係のないことであれば、

さっさと手放して、次なる他のことに進むこともできると思うのに、

もうずっと長いことこれを繰り返している、

この「安全な問題」を持ち続けていると、

どんな恐れと向き合わなくて済むんだろう…

 

もしかしたら、それは、

「人前に立つ」ことかもしれない。

そのことで、人から評価されたり嫌われたりすることを恐れているのかもしれない。

「自分に自信がないとバレる」と感じていることかもしれない。

「他の人達より劣っている」、と判断されることかもしれない。

 

もし、そういう「本当の恐れ」が見えたとしても、

それを「解決しようとして」セラピーにまた延々と通い続けるのも、

「安全な問題」に作り上げる手段かもしれないのです。

一歩踏み出すことを避けるための。

 

AFPのプラクティス、特にティーチャートレーニングでは、

そのような恐れと向き合うことも出てきますが、

同時に、そこから優しく一歩踏み出す可能性を探究していきます。

 

それは本当に、目から鱗のやり方で行なったりします。

 

そんなに簡単に…?と、いつの間にか、進んでいってたりします。

 

でももちろん、AFPをやりながらも、上記の状態で

ずっと、い続けることだって可能なので(!)、

全ては、本人の選択です。

 

少なくとも、私は、特に、ここ最近は、

なんであれ、間違った選択などないけれど、

どんな状態であれ、どんな現実であれ、

目の前の現実(と感じられること)は、

自分で選択したのだとすれば、

次の瞬間からまた【感じ方を】選べる、という

意識や状態になれる、ということが鍵だと思っています。

 

 

いつでも、「今この瞬間」から始まるんです。

 

それを、焦らず、くつろいだ状態で、

「ない」「ダメ」などの、ダメ出しや否定からの出発でなく

満ち足りた、喜びに満ちた状態で、

「〜〜たい」を感じることを許せる、選択できる、

その経験を繰り返しすることができる1つの

非常によくできたシンプルな「セット」、「パッケージ」が

AFPのプラクティスと瞑想だと思っています。

 

本当に色々なところで書いて来ていますが、

今日現在でも、

これほどまでに、自分以外の、1人でも多くの女性に

これを取り入れて欲しいと感じたものはありません。

 

 

さて、もしも、ですが、

貴女がAFPのトレーニングに参加したくてもできない理由が

「安全な問題」状態である、と認識したならば、

本当の恐れを知っても、それを「怖いと泣いている小さな子供」を

優しく抱っこするように、小脇に抱えて

どうぞバンジージャンプしてきてください。

 

逆に言うと、そこまで持ち続けた「強い望み」であったことを

認めて、大手をふって、自分のために望みを叶えてあげると決めてください。

 

そうしたら、次の瞬間、今までも多くの女性達に起きている「ミラクル」が

やってくるということも起きる、「かも」しれません…

(実際、そういうことが起きたと言う方達が次々、お申し込みになっています。)

 

 

 

そして、今度はご自分が、悩める他の女性達を勇気付けてあげられるような、

幸せの鍵となるようなエクササイズをティーチャーとして

シェアして頂くこともできるのです。

 

 

 

【早割締め切り12月12日!】12月23日まで延長決定!

日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

(よくある質問集もページの下の方にありますので迷っている方は

見て下さい。ご質問も遠慮なくどうぞ♪)

 

注意) アメリカ本部に申し込んで頂く形を取っていますので、

ギリギリまで迷って夜中とかに申し込んで、「エラー」が出たりすると

結構、焦ることになりますので、なるべく余裕を持って申し込まれることを

お勧めします。

 

あ!

 

そして、この1月の清里でのワークショップかトレーニング、

どちらかに参加されますと、

5月20日からハワイ島で予定されている、

AFP創始者レイチェルが日本人のために開催する、

「AFPジャパン・ハワイリトリート」への

参加資格が手にできるのですよ〜〜〜〜!

 

 

お問い合わせ、ご相談も、上記のお申し込み先からできますので

お気軽に!

 

再度貼っておきますね!

 


日本語で受けられるAFP認定講師養成トレーニング(ティーチャートレーニング)と

週末集中ワークショップのお申し込みはこちらから。

 

 

 

清里でご一緒できるのを

本当に楽しみにしています!

 

アムリタ




アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、「フェミニン・プレゼンスというアート」より

(メルマガ登録はこちらから)

関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード