FC2ブログ

~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

2018年をどんな年にし【たい】?

以下は、アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】の配信記事からです。

無料メルマガご登録は→こちらからお願いします。



AFPジャパン・講師養成トレーナー・アムリタ映蓮です。

 

先日から、FBのAFPジャパンのページにて、「自分の女性性と繋がるミニワーク」と題した

シリーズを無料でライブ配信しています。

ちょうど、1月の清里でのトレーニングの早割締め切りの23日まで

毎日、もしくは1日おきに配信していきますので、

ぜひ、ページにいいね!、もしくはライブ配信のお知らせのリマインドが

受け取れるよう設定して頂けたら嬉しいです。

 

1月のトレーニングに参加できるできないに関わらず、

私自身も含めた、また、AFPティーチャーを始めとする、AFPマニアたちも含めて

とてもいい、日常で実践するワークのリマインドとなっていると思いますので

ぜひ一緒に実践していきましょう!

 

Facebookの公式AFPジャパンのページは →こちら


これまでのライブ配信動画の一覧は、この記事の一番最後に!


(先日、あるところで出会ったキティちゃんの…

これ、なんだと思います?!答えは最後に!って引っ張るほどのことではありませんがちょっとやってみたいという「たい」が来たのでw)

 

さて、AFPでは、

 

身体と繋がり

身体で感じて

身体を通して表現する、

すなわち、体現する、

 

ということを、ひっじょーーーに ひっじょうーーーに

非常に大切にしています。

 

 

何をしたいのかわからない、という状態にも働きかけて、

その「たい=WANT」が身体の中から湧き上がってくるように、

また、湧き上がったものを、身体の中で丁寧に感じる、

ということも大切にします。

 

ここからの内容は、今後のライブ配信でもお伝えしようと思っているのですが、

例えば、今の時期、これからお正月にかけて、

来年、2018年をどんな年にしたいか、ということを

公にであれ、プライベートであれ、

色々考えたり宣言したり、書き留めたりする機会が

多いと思うのです。

 

その時、大抵、「頭」、もしくは

頭の「外」とか「上」とかからやってくるものを

書いたりしていませんか?

 

いわゆる「インスピレーション」として感じるものは

「降りてくる」という表現で、よく私も使いますし

やっていますが、そういう感覚かと思います。

 

これを、この次元で、この世界で、そして今生、

この人生で、すなわち、この「自分」という人間の

肉体を持って、この物理世界で

現実化していく時のリアルな感覚を

身体に落とし込んで感じていくことが

大事なのです。

 

「大事なのです」って、どういう意味で大事なのか、が

大事なのですw

 

よくいう引き寄せ、現実化、具現化、なんでもいいのですが、

AFPでは、クリエーション(創造)という言葉を

よく使いますが、すなわち、「創る」という「作業」、」「行動」であり

これは、「肉体を持って」「行なう」、そして「行なう」前に

「肉体で感じる」ということが、

この次元に生きる「生きる喜び」になるから、です。

 

よく聞く、「もうかなったつもり」になるのも

気持ちが良いことでしょう。

「ありありとそれをしているところを思い描く」のも

楽しいことでしょう。

 

それらも全てパワフルなことでしょう。

 

でも、AFPで大切にしているのは、

いわゆる、「ワクワク」のパワーであり、

「情熱」や「パッション」のパワーであり、

生命エネルギーのパワーです。

 

これは、どういう時に感じられるかというと、

今まさに現実になろうとしている瞬間、が

最もパワフルに感じられるのです。

 

その時に、情熱も、ワクワクも、

そして肉体で感じるDesire(強い願い、望み、WANT)も

MAXになるからです。

 

具体的には、実際のAFPのティーチャートレーニングや

私、アムリタのオリジナルワーク、「〜たい」を感じるワークショップで

行ないますが、

身体で、ぐわーーーーっとジューシーさや、

込み上げて来て、身体中に広がる悦びを感じることのできるような

WANTこそが、真のWANTであるかどうかのバロメーターになります。

 

なので、まずは、身体で気持ちよく悦びを感じる練習が日々、「必要」になります。

「必要」っていうと硬いし、「べき」に聞こえちゃうけど、

それ自体、気持ち良さを感じる練習だから、気持ち良いのよねっ♪

 

その、ジワー〜とか、ぐわーーーを感じるスペースを持つことの方が、

具体的にそれを実現するステップとか戦略などを考えることなどよりも

ずっとずっとずっとズーーーーーっと大事だと、

AFPの創始者であるレイチェルは、強調しています。

 

すでに全てが可能な次元や領域と繋がって、

自分の思い描いていることが「可能」なのだと完全に知っている状態になったら、

それを心から、いえ、身体からも、欲していることを

思い切り、気持ちよく込み上がらせる!

そして広げる!

 

そのために、それが、現実になる1歩手前、まさに直前のところを

ありありと思い描く!

 

そのパワフルさと言ったら!!

 

 

なのに、、、

 

私達は、それをしようとすると、途端に、


「無理じゃないか」とか

「失敗したら」とか

「過去にもできなかったし」とか

「頭」のおしゃべりやストッパーやら、リミッターやらが

働きはじめ、

前々回のメルマガにも書いた、

本当のリスクや恐れと直面したくないがために、

「感じても安全な問題」を作り出して、

フォーカスを「不可能」という方に向けてしまう。

 

それか、可能にするためには戦略が大事、などと言って、

自分の情熱のパワーそのものを感じる前に、

すぐに人の意見を聞いたり、情報収集したり、

逆に、いつまでも、その思い描いたことに執着して

エネルギーを落としてしまう…

 

 

戦略や手段や方法や道具、それらのことは、

その自分に備わった、原動力である、WANTのパワーを

十分感じてから、後からついて来させるものだ、と

レイチェルは強調していました。

 

 

さて、


2018年、どんな年にし「たい」ですか?


 

「たい」が見つかったら、ぜひ、それを

身体の中で、じわー、ぐわーっと

できれば子宮スペースとヨニ(女性器、膣)で、

それをうんと、気持ち良さと共に感じて広げてみてくださいね。

 

もし、1月の清里のトレーニングにいらしたら、

新年に向けての「〜たい」のワークの中で、一緒にやってみましょうね!


 

【早割延長!12月23日まで!】あと3日!

アムリタにより日本語でのAFPティーチャー養成トレーニングと

週末集中ワークショップ、詳細とお申し込みはこちらから。


よくある質問は、上のページの下の方にあります。

個別にご質問がある方、どうぞ遠慮なく

support@afpjapan.com までお寄せください。



追伸) あ、そうそう!さっきの写真は、

キティちゃんの携帯用、綿棒ケースでした〜〜〜!

とても可愛くて感動してしまったのでした♡

 

IMG_7886_convert_20171221000603.jpg 


✨アムリタ映蓮の公式アカウント、「アムリタ映蓮」のページより、

毎週金曜日の10時半前後から

【アムちゃんねる!】のライブ配信をしています。

次回のゲストは、AFP認定ティーチャー、藤本有美さんの予定です。

 

***************************************

Facebookの公式AFPジャパンのページは →こちら


現在配信中のライブ配信シリーズ

「自分の女性性と繋がるミニワーク」

第一回:12月15日配信

「今この瞬間、ここで感じていることに気づき、それを踏まえて今、自分は何を欲しているのか湧き上がらせる練習!」
https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2134431950119159/

第二回:12月16日配信
「一瞬でもいいから「〜たい」を【感じるための】時間を取る!」
https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2134973946731626/

第三回:12月18日配信
「〜「浮かんだ」WANT(〜「たい」)を、パワーセンター(子宮スペース)で感じてみよう♪(「感」滋養♪)」

https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2136040086625012/


第四回:12月22日配信

「パワーセンター(子宮スペース)から(「〜たい」を)表現する」

https://www.facebook.com/feminine.presence/videos/2138311899731164/


***************************************

アムリタ映蓮発行の無料メルマガ、【フェミニン・プレゼンスというアート】

ご登録は→こちらからお願いします。


You Tubeチャンネル登録もぜひお願いします♪ →Amrita Eiren


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する