~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「感じない」ことが強くあること?

「感じない」ようにすることが、「平気でできる」ということ、
強さとは、「感じない」ことだ、と、子供の頃、いつの間にか思っていた。


熱い?
熱くない!


寒い?
寒くない!


痛い?
痛くない!


寂しい?
寂しくない!


悲しい?
悲しくない!


傷ついた?
傷ついてなんかない!平気!


怒ってる?
怒ってなんかない!にっこり。


欲しい?
欲しくない!



最初は、本当に感じてることを
隠すため。

バレないようにするためだった。



そのうち、
本当に感じなくなってた。
 
 
自分が自分でないような、
身体の外側に出てしまっているような
離人感覚も始まった。

しかも特に家で。



ピアノも弾くのは好きだったけど、
レッスンは地獄。


「貴女は何も感じないの?」
と言って、私の手首をピシャッと
叩いた先生のところに行くのが嫌で嫌で、
とうとうある日、
ピアノに行くのが嫌だ、と親に訴えた。


その時、
小さい頃に
股を開いて閉じて、してリズムを取って遊んでいたら、
親戚の叔母さんに、「膝を閉じなさい!下品な子!」と
笑いながらピシャッと叩かれ、繊細な柔らかいところに、ぐさっと刺さって
ジワーーッと涙が滲んで
一生懸命泣いてないフリをしようとしたことを
思い出して、
泣かないようにしながら、もうあの先生に習うのは嫌だ、と訴えた。


泣いてよかったのに。


で、結果、そのピアノの先生のところには行かなくてよくなった。



感情を感じて伝えてもいいんだ、というところまでは
取り戻した出来事だったなと、今になって思う。



そこまで「感じる」ことに関して色々あったということ、

特に、「感じる」「感じない」で傷つくことが
たくさんあったということは、


私のギフトの1つが
感じる、ということだからだ。


私のギフトは
感性だからだ。


すでに持っているギフトだから、
それにまつわる色々な経験をしたくて選んだんだ。



何かあるたびに思い出す。


自分には何も取り柄がないとか、
価値がないとか
ダメなやつだと 
いまだに思って苦しい時、
最後にそこに戻ってくる。


これを感じていることこそが
宝物なのだ、と。


IMG_0712_convert_20180428235345.jpg 


*****************************

自分の感性を取り戻して、自分を表現している、
その自分自身を、あなたは「見た」ことがありますか?

どんな眼差しで自分の姿を見ていますか?

どんな思いを自分という存在に向けていますか?
 
その「自分」、「自分らしさ」。

ほんとうですか?

 

「塾」ではない、アムリタ"熟"。
2018年、第3期生。募集始まりました。







✨当面の個人セッションの受付可能日程、出ています。

→ ご予約はこちらから♪



現在人気の個人セッションメニュー◆

女性性開花メニューより

💖AFP個人セッション(120分、150分)

💖AFP3回連続個人コーチング


 

スピリチュアル英会話

💖単発レッスン(ZOOM使用)

💖継続レッスン(3回、6回)


 

💖インナーチャイルドセラピー(初めての方もどうぞ)

💖レギュラーヒーリング/カウンセリング(リピーター様の定期メンテナンス)


 

ほとんど全てのメニューは、ZOOMやSkypeを利用した、ビデオカメラによる顔出しオンライン・セッション(レッスン)に対応しています。遠方の方や多忙な方のみならず、お気軽にオンラインセッションとしても活用してください。
  
◆個人セッション/レッスンは、基本的に、火水木の曜日に行ないます。

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する