FC2ブログ

~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

「本来のフルサイズの私へと広がった」アムリタ熟 ご感想 その④

アムリタ熟に参加して

早いもので、去年のアムリタ"熟"に参加して1年が経とうとしています。 

私が"熟"に参加しようと思ったきっかけは、「表現する喜びを知りたい」「楽しみながら表現したい」 確かそのような動機だった気がします。 

アムリタ"熟"に参加してどのようになったか結論を先に言いますと、自分を表現する楽しさ、喜びを体験することができました! 

参加した当初は、「表現できるようにならなければならない」という「should」の気持ちを持ち合わせていたのですが 
"熟"の各回ごとに、どんな自分も受容するということが自然に起きていきました。 

自然に起こるのですが、それがとてもパワフルなのです。このパワフルさは同じ熟生のみんなの存在があったからこそだと感じています。

はじめにあった「表現できるようにならなければ~」という「should」の力みがだんだん緩んでいき、純粋に新しい自分に出会う楽しさ、それを表に出す喜びへと変化していきました。

「隠れていた自分」「忘れていた自分」など様々な私の側面にスポットライトが当たる、これ自体がパワフルなのですが
更にその自分を表に顕し、その自分を外側から見る。 この「見る」という行為、そして熟生のみんなを「見守る」みんなから「見守られる」という行為が あらゆる「私」という存在を本来のフルサイズへと広げてくれたのだと実感しています.。

私の場合、「バーン!」と花開いたわけではないのですが、未だに隠れていたい私も一緒にいるのですが、 「じわじわ確実に、根底に効いている」という感覚があります。 

振り返ると、その後、自然となんの力もなくAFPの1dayや人前でワークをリードをしていたり、個人セッションを始めたりしています。
先日は、たくさんの人たちと舞台に上がって歌ったり踊ったりして楽しむ体験があり、自然と表舞台に上がるような機会が増えました。 

私にとってアムリタ"熟"は、熟長のアムリタさんはじめ、みんなの存在の本質・エッセンスがブレンドされたフラワーエッセンスのようなものだと感じています。 
みんなのエッセンスによって織り成される化学反応のような、なんだかわかんないけど効いてるみたいな、、(笑)

あと、以前は自然の風景しかなかった写真ホルダーに、自分を含め人の写真が増えました(笑) 
自撮りやスピーチも楽しくなりましたね。

そう思い返すと、言葉では表現しきれないのですが、アムリタ"熟"で受け取ったギフトはとても大きいです。 

新しい自分、もっとトータルな自分として存在したい そこから新たな一歩を踏み出したいと感じている方にぜひ参加をお勧めしたいです。

音羽

23270205_1761188803905671_282759465324242111_o_convert_20180512221243.jpg 

************************************************************
ご本人の自覚はともかく、音羽さんのプレゼンテーションやスピーチは、半年間の熟成期間の後半になるに従って、最も第2期熟成/熟生達を驚かせ、「沸き立たせた」一人だったと思う。

「入熟」に当たって音羽さんは、「パートナーのそばにいるだけでなく、自分自身を表したい。自分自身で立ちたい、自分を表現したい」という希望を表現されていた。

もともとの美しさや輝きで、どこにいても常に目立ったのだろうなと思わせる存在感だったのだけれど、それは同時に、強すぎる主張をしない、光輝く優しい笑顔を放ってそこに咲いていて、「天」や見えないエネルギーや領域とも難なく繋がっているような、ふわりとした透明な美しさでもあったと思う。

その美しさゆえに嫉妬されたりしたこともあったのかなと思うほど、とても静かに「一歩引いて」観察している、見守っている感じに見えていたけれど、本来はもっともっと内側から外側の世界へと伝えたいことや表現したいことがあるのだろうな、と感じていた。
 
ところが、その感じからの〜〜〜〜!!!

という展開が、私が熟で毎回出す「お題」で、熟が後半に入るにつれて、バンバン出てきてw
 
詳しくは控えますが、音羽ちゃんからしたら、上で書いているように、もともと持っていたものにスポットライトが当たった、という感じだったようだけど、まあ、ウケたウケた。あの音羽ちゃんが?!すごい芸達者!!というようなww

ユニークで、クリエイティブで、大胆で、面白くて、ワイルドで個性的。
 
他の熟生達もそうだったけれど、このコントラストの共存とか、正反対とすら思える部分でありながら実に自然に現れるその部分について、みんな魅了されてしまうのだ。
 
ものすごく「幅のある人」。
 
そんな風に、大きく印象が変わった熟成ぶりを見せて/魅せてくれた一人だ。

22137064_1648903015162529_2499668895586790188_o_convert_20180512221330.jpg 
 
そしてそのことが、実際のお仕事にも反映されていき、自分でワークショップを開いたりとかセッションを開始するということに、自然に繋がって行ったのは、全くもって、当然の流れだったように思う。
 
「もう隠さなくていい」「全部自分であり、そのままでいい」

そんなメッセージが、音羽ちゃんが時に「体当たり」とも言える大胆さでw、体現してくれた姿から、私たちみんなに伝わってきた。

きっと今も、もちろん紆余曲折ありながらも、そして人間として常に「途上」「途中」にありながらも、その自分の幅にくつろげる人として、彼女の元にやってくるたくさんの人たちに勇気や希望を分かち合いながら、さらに熟して行っていることだろう。
 
そしてもう一つ。

私は、音羽ちゃんが、ほかの人のスピーチや表現を見守るときの眼差しにも魅了されていた。
それはそれは楽しそうに目を細めながら、そして一人一人の勇気やチャレンジに感動して涙しながら、その人の魅力やプレゼンスを感じ取っているその姿を見れば、彼女が提供するセッションを通して、多くの人の可能性が引き出されるであろうことがわかる。

音羽ちゃん、そんなトータルな自分を惜しみなく分かち合ってくれて、そして丁寧に振り返りながらの感想文を本当にありがとう!! これからも楽しみ!!

23116851_1761188370572381_6021957836383363439_o_convert_20180512231129.jpg 

******************************************


自分の感性を取り戻して、自分を表現している、
その自分自身を、あなたは「見た」ことがありますか?

どんな眼差しで自分の姿を見ていますか?

どんな思いを自分という存在に向けていますか?

 
その「自分」、「自分らしさ」。

ほんとうですか?

 

「塾」ではない、アムリタ"熟"。
2018年、第3期生 募集中。→【満席御礼にて終了しました】
早割は5月31日まで!(受講費分割払いも可能です)

→お申し込みフォームからどうぞ→【満席御礼にて終了しました】


 
 

先日開催したアムリタ"熟"無料説明会には、こちらからお願いしたわけではないのに、第1期と2期の熟生の何人かが自ら参加してくださって、アムリタ熟で得たことを分かち合ってくれました。
「いろんなセミナーがあるけれど、こんなことができるのはアムリタ熟しかない」と力説してくださった熟生さんもいて、私の方が感謝でいっぱいです。

早割は、5月31日までです→【満席御礼にて終了しました】ありがとうございました。

《お問い合わせ・お申込み》
アムリタ“熟”事務局/菅野美和(Ajanta)
mail : sugano_m☆nifty.com (☆を@に変換)
Facebook message : https://www.facebook.com/miwa.sugano




Facebookライブ配信やっています。





関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する