FC2ブログ

【むすひ】の1年を写真で振り返る その4

8月頃から、物事が急にぎゅっと濃縮されて、加速し始める感じになる。

思えば、いくつかあった「帽子」絡みも面白かった出来事の一つ。


2018年9月。

IMG_2927_convert_20190101181711.jpg 

江ノ島水族館の「イワシ・イリュージョン」からインスピレーションを得たという山内利一先生の曲で、和太鼓の発表会に出演。

その「衣装」で、どうしてもイワシの被り物を被りたくなってしまって、ずっと探していたけれど見つからず、最後の手段と思い、Facebookで呼びかけたところ…

IMG_2965_convert_20190101182136.jpg 

すぐに名乗りを上げてくれた救世主は、なんと色んな意味ですぐ近くにいた!

1月にAFPティーチャーになり、アムリタ熟でも果敢に挑戦され、瞑想会も主催してくださったり美味しい手作り弁当も作られる多才な松本文子さんが!


exif_temp_image_convert_20190101182019.jpg 

文子さんは、元「ハウスマヌカン」!斬新なアーティスティックな感覚も持ち合わせておられ、山内先生からのちょっとしたヒントをもとに、こんなステージ映えする、想像していた以上に存在感のある「イワシ帽」を完成させてくれた!

exif_temp_image_convert_20190101182224.jpg 

デザイナーを囲むモデルたちのような写真♡
 
人は、色々な「ギフト=才能」を兼ね備えている。

ちょっと大変なことでも苦に感じずに何気なくできてしまうという意味でも
強みや才能だけれど、その中でも「好きなこと」、独特の感覚やこだわりがあるものこそ、
本当に、世の中と分かち合われるべきギフト=才能だと思う。

そんなギフトを見出したり、表すサポートをすることが、私の喜びの一つであり、それこそが私のギフトの一つでもあることを思い知らされた2018年でもあった。
 
そしてそういう意味では、そもそも一緒に出演する人達が最初、驚いたり消極的だった、「イワシの被り物」にこだわった私もなかなかのものだと自負!

このイワシ帽は、ステージを見ていたプロのミュージシャンの人たちからも、評判がよかったらしい!

そしてやっぱり私は、ステージ・パフォーマンス、好きだし向いていると思う。
喜びや【快】を表現するための場所としてであるなら、私が圧倒的に輝く場所の一つだと思う。



同じく9月。

IMG_3049_convert_20180916012235.jpg 

元々7月開催予定だったが、まさに今年の大災害の一つ、岡山地方での豪雨の日と重なったため延期していた岡山でのAFP2Daysワークショップを振り替えで実施。
 
主催の友好祐子さんは、かなり昔、インナーチャイルドセラピーに来てくださっていた頃からのお付き合い。これまた不思議な流れで今年1月、AFP認定ティーチャーに。

exif_temp_image_convert_20180916012001.jpg 
 
この時は、アムリタ熟にも参加して、ご自分の奥にいる本来の自然な自分自身を表に表すことにチャレンジし続けている最中。災害という、思わぬ体験から、逆に、そういう時こそAFPのようなワークが必要だ、ととても頼もしいパワフルさで人前に立つことを選択。
 
この二日間のワークショップも、私にとっては、ハワイ以来、初めて「受け取る」モードの意味深さを全面的にテーマにして繰り広げたものとなり、結果、とても深いものとなった。

exif_temp_image_convert_20180916012054.jpg 


私自身、珍しくホワイトボードを使って説明し始めたのもこの頃。

exif_temp_image_convert_20180916012032.jpg 
受け取るモード=「どうなるんだろう?」→体験(経験)をフルに受け取る


fullsizeoutput_89d5_convert_20190101205332.jpeg 



9月以降は、イベントだけでも次々とめまぐるしかったのだけど、その間はすべて準備準備準備。連日連夜の打ち合わせやオンライン・ミーティング、連続ライブ配信などなど、とにかくものすごく予定の詰まった日々が始まっていた。


そんなイベントの一つ。

_S6A1436_convert_20180927081918.jpg 

毎年恒例、今年は初めて鎌倉にて開催した、AFPティーチャー達で作る1Dayイベント、AFP秋フェスタ。
 
_S6A1493_convert_20190101212204.jpg 

今年はティーチャー達の実行委員会のチームワークでどんどん進み、また、私個人的には、このフェスタの告知案内をライブ配信で、参加ティーチャー達をゲストとして繋いで連日配信できたことが、スケジュール的には結構きつかったけれど、とても楽しく、私の中の最先端にいる感じが心地よかった!
 
集合写真1_convert_20180927082502 

今年もたくさんの方にお越し頂いた。そして、何かこの時、AFPが初めての方もたくさんいらしていたにも関わらず、とても場が深くなっている気がした…その感覚は、これ以降、色々な場で感じ続け、ずっとティーチャートレーニングに至るまで続いた。
 

この鎌倉AFPフェスタの前日にアムリタ熟の第4回目があり、フェスタの2日後には、アメリカのアリゾナ州・フィニックスへ、創始者レイチェル・ジェインの最新の週末集中ワークショップとティーチャートレーニングを受講しに飛ぶ、という、なぜこんなに連続して重なるかな、というパターンがこの後もずっと12月まで続いたのだった。
 
気づいたらそのようなスケジュールになってしまっていたのだけれど、アップアップしながらもなんとか波乗りできていたし、体調も崩さず、精神的にも圧倒されることもなかったのは、やはり「受け取る」モードを意識していたのが大きいと思うのだよな〜
 
 
いよいよ次の完結編へ続く!

******************************
<【むすひ】の1年を振り返るシリーズ>



*************************** 

<募集中のアムリタのイベント>



<Facebookライブ配信やっています>


 
<アムリタの無料メルマガ>
  

LINE@では、更新情報や、プライベートに気軽なメッセージ、ふと「降りて」来たメッセージなどを、ふわっと思い出したようにお届けしています。以下から、もしくは@vfi4220m アムリタ映蓮を検索してね♪

友だち追加


関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード