FC2ブログ

[ AFP ] 「私は 私を生きたい」

AFPジャパン・マスタートレーナー アムリタ映蓮です。

 

緑豊かな、なんていう言葉が軽く思えるほど

眩しいくらいに濃く美しく艶やかな緑に溢れるこの季節に、

比叡山の麓、修学院での1週間に渡る

アメジスト・ティーチャートレーニング、

この緑のように、いつまでも深く染み渡り続ける余韻とともに

無事に修了し、横浜に戻ってきました。

 

戻って1、2日は、いつものことですが

こんこんと眠ってしまい、

今回、後半に風邪を引いたこともあって

何もやる気がせずただ寝ていました。

 

その間に、参加していたティーチャーの皆さんの

美しい写真や素晴らしい感想記事の数々が

次々とFacebookにアップされていて、

一つ一つ読ませて頂いては、

すぐに返信コメントが書けないほど

深く頷き、内側に響き渡る大切な言葉の持つ

波動を味わい続けています。

 

 

 

今回も、また、全ての、本当にあらゆるタイミングが

完璧でした。

 

時がたてばたつほどその実感は増しているのですが、

今回ほど、このAFPというものが

他の多くの「女性性」にまつわる、

そして意識の目覚めにまつわる動きとともに

今の時代に必然に生まれたのであって

同時に目に見えない次元からの

多大なるサポートを得ているのだと

実感したことはありません。

 


京都入りが心配されるほどの豪雨、

大阪では世界のリーダーが集まる、G20の厳戒態勢の中、

時を同じくして無事に京都に集結した、

私を含む31人の女性たち。 

 


アメジスト・トレーニングは、

今回が日本語で初めての開催。

私にとって、引き受けるのに勇気を伴った、

このトレーナーというミッション。

 


その記念すべき第1回に、年齢も職業も家庭環境も様々、

北海道や四国、遠くはアメリカのセドナからも、

そして小さな赤ちゃんと共に参加された方も含めて、

総勢31人が参加してくれました。

 


最初は、半ば冗談で、「私たちG31=

Girls 31人だね」と口にしたのですが、

トレーニングが終わる頃には、

本当にまるでこのタイミングが偶然でなく

「真のリーダーシップ・ミーティングは

京都で行なわれていた!」と思わず

口走るほど、自分を表して生きると決めた女性達のための

このトレーニングの意味合いの深さを

身にしみて感じていました。

 


私達というのはつまり、女性達が

自分の女性性をフルに生きる、生かすと決めて

それぞれの内なるフェミニン・リーダーシップを表す、

それはつまり、外や他の誰にも何によっても失われない、

自分自身の深いところからの真実を、自分のプレゼンスを

生きるということです。


 

思えば、こんなふうに何度も「リーダー」や

「リーダーシップ」を口にしながら

それも女性向けのトレーナーを務めているなんて、

ほんの何年か前の私は想像もしていませんでした。

 


もっとも毛嫌いしていた概念、「リーダー」は、

AFPのワークを積み重ねるうちに、その毛嫌いしていた要素ごと、

つまり「上から目線」や「偉そう」「傲慢」「決めつける」などの

要素を私自身も持っている、としぶしぶ認めることができて、

そこから段々と、そうならないようにするために懸命に自分を

見張ったり抑える必要がなくなって、楽になりました。

 


そうすると、他のどんな自分も段々OKになってきて

見破られてもいいや、になってきて、

これまで隠すために使ってきたエネルギーを使って、

一人一人の中にそれぞれの特徴や個性を見出し

それをその人の中のパワフル・フェミニンとして引き出すような

能力が、私の中に以前よりも開花しつつあると感じています。


 

こんなにくつろいで、楽しんで、気負わずに

グループのファシリテートができるとは驚きでした。

 

 

女性性の意識と身体をあらゆる側面から探求する、

AFPの44のプラクティスのうち、後半の22のプラクティスを

カバーし、深く体験するのが今回のアメジスト・トレーニング。

 

コース全体を通しての焦点はもちろん、


Be seen, be heard, inspire change.

 

自分の姿を人前に表し、自分の声を伝えて、変化を促進する。


 

そのためには、外向きの意識のワークではなく

ほとんどの時間が、自分の内側と深く繋がって過ごす実験と実践です。

 

 

この1週間の間中、何度も、何か大きな存在とともに

「ミッション」を果たしている、と感じる瞬間がありました。


 

何度も、予定になかったインスピレーションがやってきて、

何度も、それに応じてくれて何倍もの素晴らしいことにしてくれる、

スタッフや参加していた女性達と共に

このグループでは、奇跡の連続を目撃し、創り出したと思います。

 

 

まだまだ言葉になって溢れ出してきそうなので

この余韻をしばらく分かち合っていきたいと思います。

 


今回のアメジスト・トレーニングが

初めてのティーチャー・トレーニングだった、

兵庫からご参加の仲上美和さんは、

こんな風に感想をFacebookに書いてくださいました。

(許可を頂いてご紹介しています)

 

「かねてより関心はあったものの、
私には必要ないかなぁ…と思っていました。
私、女性である自分、別にきらいじゃないし、
最低限の女らしさはあると思うし、
たとえ、かわいげ足りないと言われても、
それが私だしっ!
・・・と。


そんな私がひょんなことからAFPを体験するようになって…
私は、女性性のこと何もわかっていなかったー!
と、目からウロコの発見の連続。

 

女らしさとか、自分らしさとか、
そんな狭い枠にじぶんを閉じこめて
身動きとれなくさせていたのは、
他でもない、私自身でした。

 

女性性をフルに体感してみえてくる世界は、
広くて、自由で、美しくて、
そのうえ、安心に満ちていて。

 

私は、私を生きたい
と、心から思いました。」

 

  

 

次号に続きます。

 

 

貴女も女性性をフルに生きると決めませんか?

この新しい意識の目覚めの時代に、
人間の女性に生まれることを選んだ私達。


女性性(「女性」ではなく)が
重要なリーダーシップの鍵となるこの時代に
女性として生まれてきた私達。


アメリカで生まれたAFP・アート・オブ・フェミニン・プレゼンスは、
今や世界中で実践者増加中の
女性性意識をあらゆる側面から
体感、体験する最先端のワークです。

 

貴女も女性性をフルに生きると
決めませんか?
あらゆることが思ってもみなかったスピードと形で動き出しますよ!

 

アムリタによる、AFP初体験者歓迎のワークショップが開催されます!

絶賛受付中!

 

7月14日(日)午後 東京都内(品川区)にて

「輝く自分を生きたい女性のための体感ワーク」

講師:アムリタ映蓮

共催:(株)エルアウラ

 

詳細とお申し込みはこちら

→ アメリカより上陸!女性のための画期的な「意識のヨガ」

 

 

ウェブマガジン「トリニティ」で

AFPのことが紹介されています。

→ 女性の本質的魅力を引き出し輝かせるプログラム「AFP」とは

→ 女性性開花について〜『女性に生まれてよかった」という喜び、「満たされる」という感覚を経験するAFPプログラム

 



 

  

 

【 アムリタ映蓮 プロフィール 】
本名:早川映子。元フジテレビアナウンサー、報道記者、番組ディレクター。 存在感ある芸能人への取材やドキュメンタリー制作などを通して人の「生きざま」や「在り方」への興味を持ち続け、過労による腰痛を気功で治療したことがきっかけで「気」や意識、生命エネルギーなどの探究が始まる。 退社後、アメリカにて元獣医、マイケル・ママス博士のヒーリングスクールを卒業、2000年頃から英会話とヒーリングをミックスした独自手法で、 主に中高年の女性達と生きる喜びを分かち合う。 自らの子宮筋腫との向き合いを通じて、女性としての身体と心の対話法に出会い、同時に「神との対話」著者、ニール・ドナルド・ウォルシュ氏の元で、内なる対話を促すCWGワークショップ・ファシリテーターと認定される。 同じ頃、来るべき時代は女性性(女神)の時代と感知、タントラやエクスティックダンス、ベリーダンスなどを通して女性性や官能性を探究し始める中で、2012年、アメリカにてAFP認定ティーチャーとなる。女性性意識のヨガと位置づけるこのアプローチで、女性達が女性として生まれたこと、女性であることの喜びを探究するサポートに情熱を注いでいる。 創始者以外では世界初のAFP認定講師養成トレーナーとして、日本におけるティーチャートレーニングを開催。また近年は、さらにそこから「開花のその先へ」、と銘打って、在り方や存在感を「熟す」という角度からアプローチしていく、6ヶ月間のプレゼンス熟成コース、アムリタ【熟】も好評開催中。 スピリチュアル英会話という独自の英会話習得講座も、不定期ながら好評継続中。
 
 
 
 
<アムリタの無料メルマガ>


  

アムリタから完璧なタイミングで、「ふと」不思議なメッセージが届きます♡

LINE@ご登録ください。

友だち追加もしくは@vfi4220m アムリタ映蓮

 
関連記事

コメント

非公開コメント

Amrita Eiren

貴女らしさという女性性開花プログラム、アメリカ発のアート・オブ・フェミニン・プレゼンス(AFP)の、日本初の認定講師でありマスタートレーナー。創始者以外では唯一のAFPティーチャー養成トレーナー。年に1度、講師養成トレーニングを開催しています。

元フジテレビ・アナウンサー、報道記者。
90年代末頃から、エネルギーヒーリングとカウンセリング、
精神世界関連の通訳、翻訳業をはじめる。

通訳実績は、ニール・D・ウォルシュ(「神との対話」著者)来日講演、
クリムゾン・サークル・ワークショップなど。

アムリタオリジナル英会話学習法・ハートを通して英語コミュニケーションができるようになる、スピリチュアル英会話/ハートDEイングリッシュ講師。

インナーチャイルド・セラピーやハイヤーセルフ対話セッションを行っている横浜の個人サロン・オーナー兼セラピスト。

趣味:ダンス、和太鼓。



個人セッションご予約や詳細は以下へお越し下さい。
【天空の抱擁】アムリタ映蓮

インフォメーション



アムリタのセミナー、レッスンの日程一覧はこちらから http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/1953

無料メルマガ

ワンポイント☆スピリチュアル英会話☆(無料レッスン)
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

QRコード

QRコード