~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

月とイルカ

このところ、インナーチャイルドセラピーを始める人が続いている。

今回も、その初回セッション。
とうとう向き合おうと決心するまでに色々な道のり、葛藤があったね。

でもまずは、取り組もう、向き合おう、と思うところまで来たことに
心からの賞賛を送りたい。

それがどんなに勇気のいることか、
それがどんなに「気の進まない」ことであった時があったか、
私自身の経験でよ~く知っているから。

でも、もしかしたら、自分の「無意識」の部分に何か変化のヒントが
あるのかも、と思った時点で、
あるいはまったく漠然と、これをやらずにどうする、と思った時点で、
中身はどうあれ、すべて始まっているのだ。


前は、とっても痛々しい場面として登場したことのある「チャイルド」。
今回は、イルカに乗って月を見ていたね。

貴女の意識は、当然のように、イルカに乗ってたチャイルドに
同化できていたよね。

そのことだけでも、その時は気づかなかったかもしれないけれど、
とてつもなく大きな変容だ。


心からの喜び。はしゃぎたいほどの喜び。

そんな楽しくて嬉しい時間を制限されることの恐怖、嫌悪感、
そして悲しみ。

貴女が「インナーチャイルドに同調して泣きそうになった」と
後で話してくれたその場面で、私は、その貴女に同調して、
ちょっと前から涙が出てたのですよ。

それぞれの人の体験が、そのたびにその人らしさでもありながら、
普遍的な人間の姿を見せてくれたり教えてくれたりもする。

私の意識の中にも、イルカに乗って月を見て
大はしゃぎをしている子供の姿はしっかりと焼きついた。

その子供は、勿論、「私」の顔をして…


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する