~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

選択が創る銀河の架け橋

私がセッションでカード・リーディングをよく活用するわけは、
ん~~~、なんといっても、楽しいから!(^o^)

「遊び」感覚の大切さが実感できるから。
「占い」と思ってやってもらっても大いに結構。

セッション中は、いつも、クライアントさんよりも私が先に
「へぇ~!」とか、「すごいねぇ~!」などとうなっていることが多い。

今はすごい時代になったもので、本屋さんにも
オラクル・カードが平積みになり、今日の一枚、などと皆が
遊び感覚で引いたりしている。

その昔(?)、私がカリフォルニアのヒーリングスクールに
通いだした頃は、カードといえば日本ではタロットカードか
花札(←一緒にするんかい)、あ、トランプもあったか、
くらいのもので、初めてカリフォルニアのオラクル・カード専門店のような
ところに迷い込んだ時、(この「迷い込む」という感覚が結構、
スピリチュアルな贈物が待っている時だ)山ほど積まれたエンジェルカードや
パワーストーンカード、パワーアニマルカードなどを見て
狂喜乱舞し、ワクワクしながら両手で抱えきれないほど買い込んで
お店の人に、「どこに開店するの?」などと聞かれたものである。
(ちなみに、昔、大酒飲みだった頃、近所の酒屋さんにも
同じ質問をされたことがある…あはは(^_^;;;))

今でもひそかに自慢でもあり、ちょっぴり情けなくもあるのが、
私は恐らく、まだ日本語になってないオラクル・カード達を大量に日本に持ち込んだ
最初の数少ない日本人の一人だということだ。
(これがなぜ情けないのかはまた今度)

とにかく、たくさんあるカード達の中から、
どのカードをやりたいか、私だけでなく必ずクライアントさんに
見てもらい、最終的に選んでもらうことにしているし、
実際のカードを引くにもクライアントさんであるのには、
重要な理由がある。

それは、私がカード・リーディングを活用する理由が、
「カード」自体がパワーを持っているのではない、と
理解してもらうためだからだ。

パワーを持っているのは、あくまでも、「あなた」であり、
カードはツールである。

「当たった」「当たらない」は大変に楽しいし、実際に、天使や妖精、
宇宙人を始め、目に見えない意識体たちの存在は私自身よく知っているので、
それらとカードを通してと繋がれることは、否定しないばかりか当然のことである。

でも、「選択」は、あくまでも「あなた」なのだ。

もしもセラピストさんがリーディングするセッションであっても、
占いであっても、最大にして最愛なる敬意を込めて、
彼らが「出してくれる」結果をどう受け止めるかは「あなた」であるだけでなく、
そのような結果を引き出す現実を創ったのが自分自身だという気づきに
いたってもらいたいのである。

セッションで、目の前に置かれたカードが、強烈に「当たって」いると
「感じる」あなた自身の選択を祝ってもらいたいのである。

あるいは、「ぴんと来ない」結果がそこに出ているのであれば、
あなた自身の内面に入って、なぜ「当たらない」現実を創る必要が
あったのか探求してもらいたいのだ。
そのプロセスは勿論、私も一緒に行なう。

そうすることによって、私達が日々選んでいる【無意識の選択】に
意識的になる練習をして活用してもらうためだ。

そうして、自分の「無意識の選択」をする部分と繋がりを持ち、
それが高次の自分であれ、低次層(=悪いという意味ではない)の自分であれ、
意識的に「対話」のできる状態を経験してもらうためだ。

だからセッションは、カードを引いて意味を感じて終わりではなく、
当たった、当たらないで充分楽しんだ後に、

「そして今、この結果を見てどういう反応が起きていますか?」とか
「どうして、このカードを選んだのだと思いますか?」という質問をする。

その時、人は、もう一歩深く内面にアクセスしてずし~んと来たり、
う~んとうなったり、首をかしげたり、目を閉じてじっと感覚を探していたり、
素敵な素敵な自己探求の展開が始まるのだ。

だからこれは別に、カードでなくてもできるので何でもよいのだ。
でも、カードは、要は、楽しいから使うのだ~!ヽ(^。^)ノ
つまり、カードを使うセッションをするというのは、私の「選択」なのだ。

こうして、私達が日々、朝起きた時から繰り広げる無数の無意識の選択にも
瞬間瞬間の意味や動機があり、それが次の選択に繋がって、
その結果が今現在であり、次の瞬間を創る、という意識的現実に
変容させていく。

そのもっとも純粋なる動機は、「ん?」というクエスチョン。
好奇心であり、知りたいという願望であり、遊び心であり、愛である。

無数の選択は、無数の出逢いに、【出愛】に、繋がっている。

つまりそうした無数の選択が、生命を、意識を、星を、誕生させた、ということだ。


******************************************************

~銀河の架け橋~ (過去の自作詩より)


この宇宙の片隅で生きる私達の

ほんの小さな選択

小さな勇気 小さな決心


選ぶ時には気づきもしない

新しい可能性の扉が

その瞬間に

どこかで

静かに開く



小さな息を吸い

小さな息を吐き 


歩み続ける その先で


あなたが扉を開き

私が扉を開き


そこに 現れる 銀色の架橋



繰り返す行為が

生み出し

出会い
 
創り


それぞれの道が

ほんの少しずつ

豊かになる



大切なことを

ほんの少し勇気を出して

もっと大切にしてみると

心に決めれば



決して消えることのない光が

今いる場所を照らし

次の扉を 開き

橋を 創り続ける



小さな小さな 選択が

少しずつ 確かに 

宇宙を 近づける



無数の小さな決心の価値を 

慈しみながら


今日も  橋を  渡る



少しずつ… 


あの場所へ… 



一緒に…



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する