~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

愛のエネルギー

ああ、気がついたらこんなに間を空けてしまってました!

もうすぐ先日のグループワークの会から1週間がたってしまう~!

ということで、今日は私なりに先日の素敵な時間を振り返りたいと思います。


深いヒーリングを受けたことがある方や、高次のエネルギーと出会う体験を
したことがある方や、スピリチュアルなワークショップに
出たことがある方は、よくご存知のことかと思いますが、
しみじみとしみわたるような体験をした場合、
それをじっくりと自分の中に浸透させていくプロセスが始まるので、
顕在意識ではあまり出来事を詳細に覚えていなかったり、
いざ、体験を語ろうとしても言葉が出なかったりするのですよね。

自分で主宰しておきながらなんですが、私にとっても、まさにそれでした!


今回のテーマは、先日も書いたように、バレンタインにちなんで
「LOVE:愛のエネルギーを感じる」というものでした。

最初、この月1回のワークを「瞑想会」と呼んででいたのですが、
どうも「瞑想」だけ行なう会ではないようなので
グループエネルギーワークといったり、イメージングワークといったり
イメージワークがもたらす恩恵ということで、
「イメージング・グレース」と命名したのですが、実際に先日の会では
なぜか私の口から、「このような大会では」などと、
「大会」????という、わけわからん表現が飛び出しまして、
それが妙に皆様にウケておりました(笑)


今回は、どのようにしてこの「大会(笑)」の内容や流れが起きたのか
そのプロセスをちょっと私からシェアしてみたいと思います。


いつも、起きることへの絶対的な信頼と、自分の柔らかな確信に満ちた意図を
バランスよく携えてワークショップに望みたいと思っているのですが、
今回もみごとに、直前からいつものあの、大いなる高次のエネルギーに
包まれた状態になっており、次から次へと優しくかつはっきりと
インスピレーションが降りてくる展開になっていました。

直前になって急に「小道具」として、100円ショップに寄って
「ボール」を買わなくては!という状態になり
(その時は、なんのために使うのかよくわかっていませんでしたが
なんとなくキャッチボールをするのだろうとは思ってました)
スマイルマークの可愛いピンクのボールを一個買って会場へ。

(前回の「小道具」は、2本のペットボトルでした(笑))

そして、のっけから参加者の皆さんと「キャッチボール」(笑)

最初は普通にただ、何も考えずに参加者同士で一個のボールを
投げ合ってまわしてキャッチボール。

この時点で、お互いに知らない間柄でもちょっと打ち解けることができるという
効果もありました。

2回目は、「相手が受け取れないボールを投げる」ことが課題。
受け取る方はそれを必死に受け取ります。
高いボール、低いボール、変化球、高速球?など色々ありました。

3回目。 ボールを「愛」だと思って投げる。
今度は、途端に、相手の名前を呼んで投げたり受け取った人が
「ありがとう」と言うなど、投げる方も受け取る方も変化が。

そこで私のチャネリングソース(?)より問いかけが。

「愛する人や親しい人に、受け取れないボールを投げていませんか?」
「受け取れないボールをわざと投げていませんか?」

それを口にしている私を含め、会場がここでちょっとずし~~~ん。


この時点で、今日のワークは、いわゆる「愛の波動」を皆で
ただ「受け取る」というよりも、それを発信することや、
体感するエネルギーワークになるのだということが私に伝わってきました。

その後さまざまなエクササイズや瞑想ワーク。

ハートの中の炎を見つけ、感じ、温め、大きくするというイメージング瞑想の
後は、ハートが開いた状態になって
前よりも更に参加者の皆さんの間に温かいエネルギーが満ちていました。

すでに会場のBMYスタジオ中が、とてもとても高く暖かい気に溢れていました。

一つのエクササイズごとに、どんなことを感じたか
シェアしていく…

これがまたグループワークでとても大事であり素敵で楽しいところです。

自分の感じ方と似ている人、同じことをしてもまったく違う感覚で、
違う体験をした人。

自己探求のプロセスの分かち合いとは、誰かが誰かにアドバイスをしたり
教えたり、ということではなく、
お互いに自分がその時にどう感じたかどう反応したかをシェアするということで、
そこには,一切の判断も評価も優劣も競争もありません。

こうして、このようなグループワークで身につけたいことは、
そのようにして「お互いをありのままで受け入れる」、
「自分のありのままを表現する」ことができるようになるということです。
そしてそれはまた、必ずしも何かを発言しなくても、ただ黙ってても
いい、ということでもあります。


後半では、私の恩師の一人、ニール・D・ウォルシュ氏の世界的ベストセラー、
「神との対話」から発想した
エネルギー体験ワークも行ないました。
(ちなみにニールは来月下旬に来日して日本で初のワークショップを
行ないます)

その部分を抜粋してみますね。
(日本で出ている邦訳では「不安」となっている部分は、
原文では「恐れ(fear)で、「走る」となっているところは、
原文では「逃げる(run)」などの重要な違いがありますので、
私の摂訳で書きます)


「人間のあらゆる行動は、【愛】か【恐れ】に根ざしている。」

「【恐れ】のエネルギーとは、縮こまり、閉ざし、引きこもり、
逃げ、隠れ、溜め込み、傷つけるエネルギーである。」

「【愛】のエネルギーとは、広がり、解放し、送り出し、とどまり、
さらけ出し、分かち合い、癒すエネルギーである。」

「【恐れ】は 身体を衣服で包み、【愛】は 裸で立つことができる。
【恐れ】 所有しているすべてに執着ししがみつくが、
【愛】は すべてを与える。」

「【恐れ】は 引き寄せて抱え込み、【愛】は 愛しく抱きしめる。」

「【恐れ】は 握みとり、【愛】は手放す。」

「【恐れ】は 波立たせて苦しめ 【愛】は静めて楽にする。」

「【恐れ】は 攻撃し 【愛】は 心を育む。」

「人間の思考、言葉、行為のすべては、このどちらかの感情に基づいている。」



(ニール・D・ウォルシュ著「神との対話①」より)


ということで、エクササイズでは、この愛と恐れのエネルギーを私達はどのように
身体で体感しているのか、実際に身体を動かしたりイメージしたりして、
しっかりと体験、確認してみました。


結構、みんな、両手を大きく広げて身体を使ったり、
大の字になって寝転がったりしながら
思い思いのエネルギーの感じ方をしていたのでとても興味深かったです。

このグループワークは、先ほども書いたように、誰かが
「こう感じなさい」とか、「こう感じるべきなんです」と言うものでなく、
それぞれの感覚を探しあて、感じ、認め、抱きしめていくものです。


最後は、愛の状態になるためのもう一つのキーワード、
「敬意、または畏敬」「たたえる」という心の姿勢になるエクササイズです。

生きとし生けるものは勿論のこと、あらゆるものには「生命」の証である、
「波動」があります。
それが「存在」であり、その個別の存在に対して
私達は、その奇跡=軌跡=輝石に対して心からの畏敬の念を抱く時、
対象がものであれ人であれ状況であれ、
私達はそこに、宇宙の完璧さと、個であること両方の「美」を見出し
たたえることができます。

それが「大きな愛」の状態です。

目の前にあるものや、今回ワークでペアになった人、初めて会った人、
あるいはこの集まりそのものなど、
それぞれの参加者の皆さんが、この「敬意」を払い、愛を送る機会として
選んだ「対象」に向かって、静かに静かに
ハートの温かいところから、心からの敬意をささげ、
相手の存在していること、その日のその瞬間までたどってきた道のりなどを
「よくここまでやって来たね」、と、「ただ在る」ことへのミラクルを讃えます。

するといつのまにか、心からの感謝が自然にわきあがり、
愛でいっぱいの状態になるのです。

会場には、すでに涙や感動が溢れてていたのですが、ここで、最後のイメージングが。

「その状態のまま、その場所で、静かに目を閉じて自分の内側に
意識を向けて下さい」

「そして、今、相手に送った敬意と感謝と愛を、そのまま、
自分自身に向けて下さい」

「自分が存在していること、ここにいたるまでたどってきた道、
よくここまで来たね、すごいね、よくやったね、と
すべてのものと等しく、自分自身への愛をいっぱい送って下さい…」


以上で、ワークが終わりました。

たくさんの素敵な美しい笑顔と、たくさんの涙、
そして、ワークが終了してもいつまでもそこにとどまって
時間いっぱいまでそれぞれの感じたことを分かち合う自然なオープンさ。

そこには確かに一人一人の中から発せられている愛があり、
それをまた大きく静かに包んでいる愛がありました…


ああ…こんな風に細かく「報告」を書いたのは初めてですが、
自分で言うのも変ですが、ほんとに深い深遠な時間だったのだなと
しみじみしてしまいます…

皆さん、素晴らしい体験を可能にしてくれてありがとう。

参加者のお一人からこんな素敵な感想メールを頂きました。

「今回気付いたのは、愛は特別でなく、自然なものだということです。
自然に備わったものはほとんど愛、恐れを持たなければ、
愛でいられると思いました。
また、私だけは許されないと思っていたけど、自分も大事にしたくなりました。
皆の中に私もいるんですね。」




次回は、3月17日(土)同じ時間、同じ場所です。
テーマは、ひな祭りにちなみ、「姫エネルギー、聖母意識、女性性」です。
男性も歓迎ですよ♪女神の時代とは、男性の中の女性性が解放される時代でも
ありますから、
むしろどんどん参加して下さいね!
今回も参加して下さった貴重な殿方、素敵なカップル様♪、
ありがとうございました☆


そして、この長いブログを最後まで読んで下さった【あなた】にも!
ありがとうございました☆ミ.:*・°☆。.:*:・°★彡



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する