~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

夜明け前

夜明け前が 一番 暗い。


渡り鳥は 上昇する前に 1回低空飛行する。


冬来たりなば 春遠からじ。



これ以上ないと思うほどのどん底にいる時、

闇の中でもがいている時、

思い出したい、思い出して欲しい言葉たち。


そういう時は 必ず 飛躍が近いから。

その状況の中にこそ 必ず 次に繋がるギフトがあるから。

私はそれを 知っているから。

忘れたくないから。

思い出したいから。



変化を望んでいるのに 変化が起きないように感じる時は

自分の中の どういう部分が変化を拒んでいるのか

自分の中の どういう部分が変化を恐れているのか

見つめてみるといい。


向き合った後は

そんな自分を 許し 抱きしめてみるといい。

それは、今の自分よりも 「小さい」自分なのだから…



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する