~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

意図なき意図 操作なき創作 無意味の意味

11日(土)、12日(日)の二日間にわたって行なった、
ワークショップランドさんとのコラボ企画、
「エンカウンター(遭遇)・サークル」無事、終了しました。

このブログ経由で参加して下さった方々や、 私の個人セッションのクライアントさん、
ヒューマニティチームの繋がり(関西のメンバーも来て下さいました)、 を始め、
ワークショップランドさんを通じての、色々なご縁で、
偶然/必然に集ったメンバー達の不思議で濃密な時間でした。

この【非構成】ワークショップ、エンカウンターは、
言葉で説明するのが本当にむずかしく、体験してみなければ、
あるいは体験して初めて、その意味するところがわかる、という感じで、
そうでなければ、いくら説明しても、ますます意味不明に なってしまう気がします。

ただ言えるのは、タイトルにもあるように、
その場のプロセスを信頼しなければ成り立たないことであり、
何かの結果を、あらかじめ期待したり、要求したり、
目指したりするものとは正反対のものである、ということです。

「サークル」というものだけが、存在し、それは 人の輪/和という意味かもしれないし、
ぐるぐる循環している、という意味かもしれないし、
もしかしたら「仲良し」になっちゃう仲間、という意味かもしれないし、
でも、それよりも、個人としての自分の在り方が、
時間がたつにつれて浮き彫りになってきて、 気がつくと、
他の人との交流だったつもりが、すべて、 自分自身の内面に関連していることから、
自分自身と向き合って 座っている時間だったり、 グループとしての場、個人としての場、
それぞれのエネルギーや 「波動」などを感じながら、なんらかの「発見=遭遇」が あれば、
この参画型(参加型ではない)ワークショップは、 成立した、
と言えるのではないかと思います。

私自身、初めて、「スペースキーパー」という「役割意識」を持ちつつ 「参画」してみて、
その微妙な感じも大変興味深く体験しました。

まるで、「操作しないように操作しようと意識している」かのように 思えて、
そんな自分のことをじっくり観察してみたり、 途中で、皆で、
「試しに、輪をう~んと広げて座ってみよう」、 ということになり、
部屋いっぱいに広がった、「不自然な大きさ」の 円陣を組んでみた時は、
参加者であれば、ただ、その「変」な感じを 味わっていればいいのでしょうが、
急に、「大きなスペースをキープするって大変だ!」と、 一人一人の様子を、
一生懸命「見て」いなければ、 という意識になったり、すごく不思議で面白い体験でした。

それにしても、参加者の方達の中には、「ワークショップ」そのものが 初めて、
という方も多く、それはそれで、主催者としては ちょっとびっくり、という感じでした。

でも、少なくとも私の視点からは、自分の選択を信じて参加した方達 が、
起きることのプロセスと、その場のエネルギーを終始、信頼して
臨んで下さっていたように感じます。

一番始めの顔合わせの時の、「誰も仕切る人がいない」という、
妙な居心地の悪さが、段々にもたらす妙な快感や、 沈黙のきまり悪さが、
段々と心地よくなってくる不思議な変化や、 いつのまにか皆で座禅でもしているような、
瞑想に近い時間が訪れたり、 逆に、急に皆、快活に一つの話題で盛り上がったり、と、
【人間】が好きな方や、グループダイナミックス(力学)に 興味のある方にとっては、
自分自身を含めた人間観察や自己探求を、 意図的操作のない空間で、
短時間で極める可能性のある、 貴重な機会だと思います。

朝9時半から夜の9時半までという長時間、 共に過ごした二日間の最後には、
言葉にできない、いえ、 言葉にする必要のない「絆」が出来上がっていたように思います。

今回は、一人一人の心の中、在り方に、 どんな変化が起きたのでしょう。
どんな波紋が広がったのでしょう。

少なくとも、私にとっては、やはり今回も、 この在り方こそが、
グループでの自己探求の在り方として いま、とても必要なことではないかと確信しました。

偉大なる心理学者、カール・ロジャーズが考案したという このアプローチは、
世の中の紛争解決の場面や さまざまなグループやコミュニティで、平和実現に寄与する、と
取り入れられたりしているそうです。

今後も、色々なバージョンで、これを生かしたワークショップを おりにふれて
展開していきたいと思っています。

完全な【非構成】ではありませんが、少し雰囲気は似ているかも しれない、
「ハートサークル」を、9月22日(土)、
イメージング・グレースの前の時間に開催する予定です。

あらためて、参加して下さった皆様、ワークショップランドの龍玄、
どうもありがとうございました。

それにしても、今回の会場、よかったな~
二日目に、皆ですぐ近くの代々木公園を散歩した時は、 猛暑だったにも関わらず、
さわやかな風とともに ずっと感覚的に記憶に残るであろう、
平和で のどかで 優しい時間でした。

※追記: ていうか、「インコ」、いいなぁ~(謎)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する