~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

天気予報と賞味期限(続き)

昨日書いた記事に、更に続きがあるので、「降りて」きたものをつけ加えます。

って、書きながら自分で、「えー!続きがあったんかい!」って感じですが(^_^;


半分チャネってます(つまり、私自身に向けても伝えられている、いわば、
昨日の部分とのやりとりのような感じで「降りて」きている)ので、
昨日の記事の私のモードとの違いを
お楽しみ頂ければ、と…(エンタテイメント的に(笑))


(続き)
つまり、このことからもっとも【思い出し】たいことは、
私達の5感を使うことで、私達の内面意識と5感との繋がりを思い出すこと、

すなわち、私達が【外】に見ているもの、【外】に起きていると思っているもの、
すべて、私達の【内】側の何を反映しているのか、を
常に5感プラス6感で、感じ、気づいていくということです。

天気予報がはずれるから、人間の5感の方が優れてたんだよね、という話ではなく、
5感を活用すべきだから電化製品がいらないのではなく、
世の中【悪い】ニュースばかりだから見ない方がいいよね、という話ではないのです。

すべてが必要で起きているということ、
すべて、私達の内面の変化と連動しているということ。

【外】に、【他の人】に、何かを見て、何かを強烈に感じた時、
それが自分の中の何のことなのか、を結びつける、という感覚です。

それが、スピリチュアルとかスピリチュアルではない、とか区別する意味が
なくなっていく時代に活用される感覚。

それが、大げさでもなんでもなく、この世界から、【戦】を、
【外】を排除するものとして行なう必要はもうないと、
自然に人間が手放していく過程なのです。

すべては連動しているから。 すべてはひとつに繋がっているから。

そして、すべては、自分の【内面】の反映だから。


テレビやニュース(になること)は集合意識を象徴しています。

そこに何を感じるか、そこから何を受け取るか、は、
何が放送されているか、とはあまり関係ないのです。


昔、マスコミにいた人間として、その裏事情や、いわゆる【虚】の部分、
意図的、作為的、操作的である部分がたくさんあるのは実体験していますが、
そういうことと、自分が自分の現実に何を感じ、何を創造していくとかとは、
あまり関係がないのです。


ものごとから 何を【感じ取る】か、は、
常に、自分自身が【選択】しているものです。



なので、「天気予報と賞味期限」の話に戻ると、(戻れるのか~~笑)
漠然と日々垂れ流されるニュースに、他人事のように「反応」したり
批判したり、嘆いたり、距離を置いたりするよりも、
それが繰り返されること、それが繰り返し表現されることは
集合意識の何を示しているのか、
そして自分の内面にとっては、どういう贈物なのか、を受け取るような感覚、
答えを出すのではなく問いかけることが、5感と6感の連動であり、
それを、より開発・進化させていくだと思うのです。

そして、チャネリング情報などで知っている人も多いと思いますが、
「天気」もまた、集合意識を表しているということです。

気象は、人間の気性を表しているのです。


小さなことを見て宇宙を感じ、宇宙を見て、小さな目の前のチリの存在を感じる視点です。



え!長々と書いて、そういう話だったんかい!と自分に突っ込んでいる自分を
客観的に見ている自分が、今、この瞬間にいます・・・・(ひょえ~爆)



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する