~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

九頭龍WS報告その2 ワーク編


前半は、声を出して解放していく、映蓮流ヴォイスヒーリング。


「歌う練習やテクニック」ではなく、「身体の中にある声」を自然に出す、
あるいは「音」を出す、気持ちをそこに乗せて外に出してしまうことを
めざすワークです。


今回は詳しくはやりませんでしたが、アナウンサーの発声訓練法も
気持ちよく自分らしい声を出すという段階としては、
いいワークになる、と自分の体験で知っているので、次回もし機会があって、
もう少し長いワークをできる時に、そのアプローチも探求してみたいと思います。


午後のワーク3時間は、あっという間です。
(ワーク中の写真はないので想像してねん☆)



声に気持ちを乗せて出すワーク後、後半は、
身体を動かして「解放」していく、エクスタシーダンス♪♪♪


今回は、「肉体上」の男性(大人)男性3名と、
「肉体上」のお子様(4歳、3歳、2歳)jumee☆kid2も 参加して下さったので、
どんな解放ダンスの場になるのかワクワクjumee☆excite1a




説明中の私~ (以下の写真、すべてよっしー撮影)

Yossy_4




熱心に参加して下さっている大人の間に、終始、とっても協力的で、
一緒に楽しんでくれたお子様達の姿もさとと-幼稚園女の子さとと-幼稚園男の子

Yossy_5





こちらも、熱心な大人参加者に混じって、お子様参加者の姿がさとと-幼稚園男の子
(ほんと、感動する参加の仕方でした<(_ _)>)

Yossy_6




あらら~もう一人オコチャマさとと-幼稚園女の子(肉体上は大人)がっ?! 
こんなことした記憶まったく無し焦る3


Yossy_7




汗びっしょりになるまで踊りまくった人も、ゆらゆら漂ったりしていた人も、
とにかく、思考の中にはまりこまないように、常に、音楽と、身体のどこかを
動かし続けることだけを意識して、最後は、吠え声も出しながら、
シャウト&ダンス!ダンスマン逆

この時、女性たちの吠え声(雌叫び?)しか聞こえなかったのは
私の気のせいでしょうか・・・?(笑)



声のワークでは、最初、か細い声しか出せていなかった人が、
思いっきり声を出す許可を自分にあげられて、とても解放された、とか、
感情と声を一致させて出していたら、不思議な「からっぽ」感で満たされ、
感情はエネルギーなんだ」と、実感した、とか・・・


ダンス(音楽に合わせて身体を動かす)なんて、自分にはまったくできない、と
思っていた人が、最後は、気持ちよく踊っている自分にびっくりしたとか・・・


そして勿論、声に出してシェアしてくれた人も、言葉にならなかった人も
いると思いますが、解放系のワークで、よく体験することとして、
「解放できない自分」を発見する、あるいは、「抵抗」している自分を感じる、という
ことが起きていた人もいらしたと思います。


それは、決して、「失敗」とか、「駄目」なのではなくて、
「解放できないと訴える声」が、内側から、「出てきた」、
「抵抗」というエネルギーが、外に出たがっている
、と
感じるようにすると、いいですよBrilliant.


そして、そうして認識された意識は、こういうワークの後も
プロセスとして続いていくことが多いので、
是非、探求し続けて下さいねclover




さあ、汗びっしょりになったところで、
A君(3歳)私のむすこの、「はい、もう終わり!」という大きな一声で(笑)、
ちょうど時間となり、この後は、みんなで、芦ノ湖の絶景風呂、
しかも、嬉しい温泉で、至福のリフレッシュ風呂



そして夕食後は、いよいよ、実は、こっちがメインかも?という
本当はとても意義深いワークである、タレントショー(余興、宴会)ですカラオケ マイク

(続く)


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する