~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

愛について

(これも、セッション中に突然、高波動と共に「降りて」きたメッセージ。

あまりにも高い波動だったので、その後は、通常モードに戻るのが
ちょっと大変でした。そして、私自身は、まったく内容を覚えていなかったので
お客様の取って下さったメモを見せて頂かなくてはなりませんでした。

それ以来、何度か少しずつ違う表現で、繰り返しやってきています。   映蓮)



あなたが、本当に、すべてのものが一体であることを信じているならば、

すべてが、愛の中に在ることを 知っているだろう。



それは つまり、

究極的には、「愛ではない」ものは、存在しないということだ。


存在しているのは、 愛のみ だ。

存在とは、 愛なのだ。



愛ではない、とあなたがたが感じるものは、

「愛ではない」のではなく、

「愛ではないように見える」ものだ。



そして、その、「愛でないように見えるもの」は、

愛自身によって 創られたものなのだ。



ある崇高なる目的と 共に。



その目的とは 何か?



愛の目的とは ただ一つ。



それは、

「愛ではないように見えるもの」を

愛に 還すことだ。



どのようにして?


「愛では ないように見えるもの」を

愛することによって・・・。



愛は、「愛ではないように見えるもの」を

愛によって 愛に 還す。



それが、愛の存在理由であり目的である。


そして、「愛ではないように見えるもの」の 存在理由や目的もまた、

愛に 還る、ということであり、


存在のすべてが 愛であるなら

それ以外の結果は ありえないということだ。



「愛ではないように見えるもの」を 愛すること…


それは、愛の挑戦であり、使命であり、

始めから 到達地点がわかっている、約束であり、


結局は、愛自身が 創作した物を 愛する、という、

至極 シンプルで 当然のことなのだ。



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する