~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

変化は進化~自分の真実を貫くとは~

これも、ここのところ、ずっと、何人かの方のセッション中に、
共通のメッセージとしてやってきています。
詳しい前後の流れは、お一人お一人のハイヤーセルフとのやりとりですが、
繰り返しやってくることから、またまたお客様達にご協力頂いて、
この部分についてのみ記憶のない私に、メモなどを送って頂いて、
共通項や、メッセージの流れに気づきました。
ここで、また降りてくるままに、シェアさせて頂きたいと思います。

このようなメッセージをシェアさせて頂く時、私が何かを「教えている」とか、
「説いている」というような感覚はまったくありません。
むしろ、私自身もとても意味深い内容を受け取らせて頂いている、
とても謙虚な面持ちです。ありがとうございます。



宇宙において、【 不変 】とは、【 変化 】のことだ。


すなわち、変化し続ける、それが宇宙の姿、存在の在り方。

変化=進化であり、それは、きわめて自然なことだ。



宇宙には、善悪の【 善 】ではなく、【 然 】、そして、【 全 】が あるのみ。

それが 【 前 】というベクトル。



その,、「変化=進化」という、【 然 】であり、【 全 】の過程において

今、大切なこと。



変化を受け入れること。

己に誠実であり続けること。

己の真実を貫き通すこと。



自分の真実を貫き通すとは、

「変わらない」ということではない。


むしろ、「変わる」ということだ。



今、人間は、そのような時期、そのようなステージにいることを、

種としても、個人としても、グループとしても、組織としても、

生き続けるための、進化のプロセスとして、受け入れる時にいる。



自分に誠実であること、

自分にとっての真実とは、

変化を受け入れること。


自分にとっての、すでに過去となる今までの真実を貫こうとして

変化に抵抗し続けていると

今、そして、これから極めていく、自分にとっての誠実/真実とは

逆のことになってしまうこともある、ということだ。



Re-member...


変化とは、進化の途中。


進化とは、神化の途中。


真価の深化、

すなわち、真我へ至る道。




【追記メモ】

後日、この中の、「神化」という、わかるようで、意味を限定したくない感じの
単語が気になったので、広辞苑で調べてみました。

 ① 神が万物をつくり、育てること。
 ② 不思議な変化。
 ③ 霊魂が神となること。

ほほぅ~~~~~なるほど~~~~(~o~)               映蓮



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する