~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

新月のクリスマスに

そろそろ年末ですが、年明けの、舞踊団のベリーダンス公演に向けて
連日、猛練習中(!)です。

ちょっと大変だし、いつもの年末とは違うけれど、
大好きなことに時間が使えること、そして、
その愛のために時間を取ることを優先できる自分が
とても嬉しいと感じてもいます。


そんな合間に、ちょっとずつ、誤って削除してしまった、
過去記事を復旧しています。
正しくは、完全に「削除」してしまったのではないのですが、
一度全部ブログ上から引き払って(?)しまったので
結構、時間がかかる作業になっています。


でも、そんな、過去記事を再アップする準備をする中で、
ふと、目に入ってきて、読んでしまう過去の記事達…

特に、「チャネリング」の記事などは、
思わずまた自分で読んで、涙してしまうことも多く…
新たな気持ちで「出会っている」ような感じで
ありがたくてしょうがありません。

何年も前の言葉でも、今はまた違う意味を持っているものも
あって、やはりこのタイミングなのだなと感動します。

また、特にチャネリングでなくても、
自分で書いたものに、はっと教えられたり、大切なことを
思い出させてもらったりもしています。


今日は、とても珍しい、新月のクリスマスだそうですが、
私は、ヒーリングスクール時代、新月のエネルギーを
内省、内向のエネルギーと学び、
今でもそう実感しています。

ちまたの、「新月に願い事をするとかなう」、というブームは、
月明かりのない静かな夜に、瞑想的になって
内側の真実の声を聞いたり、真に望んでいることを感じ取る、
というところとリンクしているのかな、と
個人的には思っています。

キリスト教徒ではありませんが、キリスト教は、
愛を説いた教え。

そんな日に、新月のエネルギーの中にひたりながら、
自分自身の内側の愛の声を聴くのって
素敵だなと思います。

今日、私に響いた、自分の内側の声は、
4年前の大晦日に書いた言葉にヒットしました。
(まだ過去記事にリンクが貼れない…汗)


(2007年12月31日の記事より引用)

「この世における真の自由とは何なのでしょうか。

魂を解放して真の自分を生きる、とはどんなことなのでしょうか。

そんな問いかけをし続けながら、来年も、いのちの喜びを享受して
生きたいと思います。

そして、これからも、「答えを与える人」ではなく、「問いかけ続ける人」、
「投げかけ続ける人」でありたいと思います。


自らの【在り方】以外に、真に提供できるものなどないのですから。

Stay in the question!!」

(引用ここまで)



これは、今でも、変わりません。

「答えを与える人」になろうとするのではなく、
「問いかけ続ける人」、探求し続ける人で在り続けたい…

自らの在り方以外に、真に提供できるものなどない…

その想いを、再確認し、再び選択します。


山羊座の新月に…

Merry Christmas!


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する