~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

お客様の感想アップ☆(レギュラーヒーリング)

何度か書いていることではありますが、
私独自の表現なのですが、【グラウンディング】とは
【今ここの自分の存在と感覚を、完全肯定している状態】と定義しています。

それは、グラウンディングのエクササイズを懸命にすることでも、
地に足をつけるための瞑想のことでも
現実のことをちゃんとやらなくちゃ、と頑張ることでも ないのです。

それらは勿論、グラウンディングの状態に、きっと大切な部分を占めているかも
しれませんが、グラウンディング「しなくちゃ」、と思うこと自体、
私の感覚では、自分自身の肯定感と離れていく感じがします。

特に、スピリチュアルなことを自然に感じとる人々、
いわゆるサイキックな人々、
目に見えない世界のことを、なんとなく自分なりの感じ方で
知っている人々、
などは、通常の三次元での「常識」や、「価値観」や「判断・評価」などで
「変」だ、と思われるのを恐れるあまり、
そういう自然な自分自身を強く否定したり見ないようにしようとして
結果、いつも居心地が悪く感じていたり、
不自然な感じがして辛かったりしていることが多いと思います。

霊的な感覚に酔っていたり、自分のイマジネーションの世界で
フワフワしてると言われたとしても、そこから戻ってくる限り、
それはつまり、今ここ、この次元に生きているということ自体が
すでに、グラウンディングを選択した結果なのですから、
そういう独特の感覚を持つ自分を、自分らしいと思えたり
自分らしい自分を、うんと肯定してあげられるようになることが
【今ここ】にいる自分を心地良く感じられる、
つまり、グラウンディングと言えると思います。

逆に、スピリチュアルな世界に「逃げ込んでいる」とされる場合にも
それが本来の自分にとって居心地の悪い、この社会、三次元の現実に
いることが心地良くないから、なので
そっちに行ってはいけない、と「言われる」方向に逃げ込んでいる感覚、
「いけないことをしている」、という罪悪感にも似た快感が、余計にフワフワ
を引き起こして、戻りにくくしているとも言えるのです。

とはいえ、その状態がどんなものか、それぞれの個人差はありますが、
ありとあらゆる面において、今ここにいる自分自身、
今ここで感じていることのすべてを受容し、肯定できる、
たとえネガティブと言われる状態であっても、
それを感じていることを肯定でき、向き合うことができる、
そのことこそが、ここで生きている喜びになり、
「アセンションはもうすぐだ」などと唱えながら
今ここでない世界を夢みて過ごす、よりも
今ここでしか味わうこのできない肉体の感覚を愛しむことに
繋がっていくと思います。

私から見て、そんな素敵なプロセスを歩んでいらっしゃる方、
ご自分の独自のスピリチュアルな感性を肯定し保ちつつ、
ちゃんと社会に根を張っていきていく、大切な歩みを
進めていらっしゃる方が、そのメンテナンスのために、
レギュラーヒーリングという形で
定期的にいらしているケースも結構あります。

そんなお客様の、レギュラーヒーリングの感想をアップさせて頂きました。
いつも、素直で素敵な感性をシェアして下さって本当にありがとうございます。


サイトの⇒トップページからどうぞ♪



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する