~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

江ノ島ダンスワーク感想シェア☆

感動の江ノ島ワークから、早くも1週間以上過ぎてしまいました。

その間、龍神大暴れ?!と思うほどの暴風などなど
天気含め、内面でも穏やかではない波風が立つような余波があったようですが
ようやく、そろそろ桜も開花し、春の訪れをかみしめつついられるように
なってきました。

本当の解放はこれからですね!


さて、江ノ島での体験や意味を、言葉にするのは
私にとってもとても難しく、それだけ今回もまた今まで以上に
色々な次元にまたがって訪れたシンクロや象徴的出来事が多く、
また自分の内面で起きていることが大きく深かったということだと思います。

私自身にとっても、今回のワークショップと太鼓のライブ、そして
自分がベリーダンスを踊る、などということは
とても大きな挑戦でした。


たくさんあった重要ポイントのうちの大きなものの一つに、
今回は、「個人個人がそれぞれ自分の内面にフォーカスしている」グループとしての
意識、という、個人の意識とグループの意識の重なりがあったと思います。

そのことから、「私はあなた。あなたは私。」
「グループに起きていることは私に起きていること。
私に起きていることはグループに起きていること。」
「私とあなた、そして、私達、という3つの存在」

というような意識への働きかけがたくさんありました。

いつも、大体の流れは組み立てていくものの、
その瞬間にならないと、具体的に何をするか、降りてこないのですが、
今回は、その中でも、グループとしてのカードを一枚皆が思いを込めて
シャッフルしてまわした後に引いたことが、衝撃的インパクトをもたらしました。

出たカードが、なんと、「Crisis:危機」。あるいは「危機的状況」だったのです!

このことをきっかけに、グループが一気に、ずどーーんと、
何かと向き合う、深いモードに突入しました。

カードは、「あなたか、あなたの愛する人、そばにいる人が危機的状況にあるはず」と告げ、
「それがもし自分のことであるなら、危機にあることをまず認め、
そして、人に助けを求めなさい。」

「もし、自分以外の人であるなら、その人に手をさしのべなさい。ただし
その人の人生を背負う必要はありません。自分を責めなくていいのです。」

「危機という私(女神)を通り抜けていきなさい。
私を通り抜けた先に、素晴らしい機会が舞っていることを知りなさい」

というようなメッセージでした。


これは勿論、グループとして引いたということは、個人、グループ、もっと大きな
集合意識のことにもあてはまるわけで、どこにフォーカスするかも様々です。
そんなはずはない、というような否定的反応が起きた人もいるでしょう。
この次元における現実をしっかりと見つめ、地に足をつけて対処していく、という
意味も大きいですね。


それをじっとかみしめた後に踊ったグループのエネルギーは、
ものすごく高次元のそれを迎え入れ、それと一つになったようでした。


どんなワークでもそうなのですが、グループの課題が大きければ大きいほど
やはり、ギフトも大きい。そして、そこから果たしていく使命や意味も
大きいと感じますし、今回もそうでした。

そして、余裕さえあれば、このすべてが、どこか「ユーモア」を持って
もたらされていること、笑ってしまうような象徴と共に
届けられていることに気づけることで
いつのまにか、グループの一体感も生まれているのです。

以下に続く皆さんの感想文の中に出てくる、「危機的状況」や「危機」という言葉は
このカードから端を発しているとご理解ください。


それにしても、このテーマは、私にとっては、やはり、このイベントそのものに
数々の準備や後片付けについての物理的時間的な「危機的」要素、波乱含みの要素が
あったわけで(笑)、それを認め、助けを求めることによって、様々な手助けを頂き、
おかげで乗り切ることができました。


もう一つ、私から皆さんにシェアしておきたいことがあります。

今回のプログラムのもう一つのポイントは、
二日間、女性だけで過ごし、徹底的に女性性ワークをして、ハートをオープンにして
一体感を感じつつ、「Be It!」と、なりたい女性/女神(自分)像そのものになって
終了した後に、あえて、突然、男性だけで構成された龍神の皆さんに
同じ部屋に入ってきてもらい、太鼓ライブをお願いした、ということで、
そのエネルギーの違いを味わい、
自分に起きる反応や変化を各々で観察すること、というものがあったのです。


ところが、私は、といえば、自分でそれをセッティングしておきながら、
いざ、ベリーの衣装を着て、踊る直前に会場を覗いたら、
たくましい男神の皆さんが、一番前にずらっと座っていらして、
そのエネルギーの強さと場の変化に、自分でものすごく動揺してしまい、
それが、あの、「ぎゃーーーー!!!」と
叫び声をあげて、いったん会場に入ったのに引っ込んでしまった、
私の中の、怖がりの小さな女の子が現われた瞬間でした(^^ゞ
自分でも予想外の反応に、びっくりでした(笑)


・・・ということを告白して、ここからは、いよいよ、
参加者の皆さんから頂いたメール、あるいは、
ブログやミクシィでの日記などに書かれたものの中から、
全文または一部を、許可を頂いて、ここでご紹介させて頂きます。


今回は、皆さん、終了後も個人的に深い体験をしていらっしゃるようで
なかなか書けなかった、という人も多く、いまだに気づきがやってきている、
と言う人もいらっしゃいます。


皆様、貴重な感想文のご紹介をご快諾くださり、本当にありがとうございました。

(挿入写真は、すべて、スタッフの絹ちゃん撮影。)

***************************************************

altar


『 週末の江の島でのワークショップから、早4日。

私にとっては、久しぶりに高次元エネルギーに満ちた2日間だった。

こんなに涙を流したワークショップは、初めて・・・

そして、そこに参加している人々を、こんなに愛おしいと感じたのも ・・


今までにもあったけど・・・あの感覚は、初めて。


人はみな、繋がっていると・・・知っていたけど、感じたのは初めて。


体験することの素晴らしさ、強烈さを改めて感じた。

ジャンベライブのときの、下から突きあがる歓喜のエネルギー!

生きてる!という喜び。


あんなに踊り狂ったのも初めて。

普段、運動していなくて、1日目から筋肉が悲鳴をあげていたけど・・

江の島散策のとき、限界を超えたと思ったけど・・・

最後のジャンベで踊り狂い・・・

大した筋肉痛になっていないって・・・すごくない?

もう4日たったし、

いくらなんでもこれから筋肉痛にはならないよね?(笑)


思い返すと、たくさんの体験をした。ここに書ききれないほど・・・

帰りには、言葉が出ないような状態で、グラウディングに時間がかかっ

た。家に着いても戻りきれずにいたとき、「お帰り」といわれて、

なんだか、すご~く嬉しかった!帰ってきたんだと!

最後に輪になって、みんなで感じたあのエネルギーは、私の胸の中心に

今も感じられる。温かくて、力強くて、壮大なあの感じ。

「危機的状況」はあるけれど・・・

自分の声に従って、通り抜けていこうと思う。

そして、私の中で、「表現したい」と叫んでいる子と共に、これから

私らしく表現していこうと思っています!』

(Tomoさん・お名前も内容も、Mixiの日記より許可を頂いて転載)




eiren



映蓮さん、そして皆様、素晴らしい時間を本当にありがとうございました。

女性の可愛らしさや官能美を教えてくれた映蓮さんの舞い、
凛とした女神そのものだった優子さんの舞いに魂が震え、
自分の中の女性をもっと愛して花開かせていこうと決めました。

眠っていたものを呼び覚ましてくれた太鼓ライブ、躍動感いっぱいで楽しかった~!!
ふとあの時の音楽がよぎると踊り出したくなる程です。

そして…、
どんな思いにも真摯に向き合い、シェアして下さった一人ひとりに心から感謝しています。
信頼に満ちた輪の中にいることが光栄で、幸せで、かけがえのない時間でした。

最後に、きぬちゃん、いつも素敵な企画&推進役をありがとう。
私達がこうして集えるのは映蓮さんときぬちゃんのおかげです。
いいこといっぱいありますように��

(Hさん)



9f4c_convert_20100323015722.jpg


土日は楽しくて、発見のあるワークショップに参加出来ました。
ありがとうございました。
「危機的な状況」で「激変」でスタートした流れは、
もしかしたら「変」に変わったかもと感じている私がいます。
課題はありますが、私も他のメンバーも流れにそって逆らわずに、
それこそダンスのリズムに乗るがことくに軽やかに変則ステップを踏みながらい
けるといいですね。

今回は私にとっては初めてのお泊まりワークでしたが、
とても濃厚な時間を過ごせたと思います。

面白かったのは夕食のテーブルに座ったとたん、
「あなた、このテーブルに座るということは
修道女の過去がありませんか?」と言われたことです。

いまいち思い出せませんが、ただ複数のキーワードをあげて貰った時に
「聖フランチェスコ」がなんとなく気にかかりました。
もしかしてやっていたかも?!
私も含めて皆さん「禁欲」から「官能」まで知り尽くしているすごい女性の集ま
りなのかもしれませんね。。。

2日目のジャンベとオーストラリアのディジュリドゥの演奏にのって
踊る場面では私、とんでもない発言をしていましたね。
「脱ぎたい」だなんて。。。結構変な人になっていたと思います。
ただ、解放したい、素に戻りたいといったような気持ちで言葉を発していました。
でも冷めた目で見ている他の人からは、
危なくて怪しい人に見えたかも知れませんね。
ちょっと反省していますと一応書いておきます(笑)。

最後、撤収の時に、映蓮さんの「男は女のサポートするためにいるのよね」
という発言を聞いた幼い男の子が、おぼつかない歩きをしながらも
小さな手をキャリアケースの取っ手に掛けて
映蓮さんをサポートしている姿に感動を覚えました。
さすが、新しい魂の子は違いますね!!!
世間に溢れているおじさん達にこの子を見習ってほしいと思うと同時に、
自分に男性諸氏にサポートして貰う価値があるのだと日々言い聞かせることにします。

5月の戸隠のダンスワークに引かれます。。。検討しようと思います。

(Aさん)



709e_convert_20100323020157.jpg



先週末の江ノ島ワーク、楽しかったです。
江ノ島に行く橋を渡ると日常生活から離れた気がしたし、
ゲストも参加者も良かったと思います。
映蓮さんの神がかったダンスも最高でした。

(Yさん)


ba1e_convert_20100323021814.jpg


あの地に再臨した18人の女神たちに
畏敬の念を抱いてやみません
女神はこの地球にリアリティをもたらします
まず、しっかりと大地に根付くこと
だからこそのcrisisだったんですね
今までとは真逆に、地上に引きずりおろしていきます
そのとき、しっかりと大地に根を生やした女神たちは
大きな希望となるでしょう
大きな慰めになるでしょう
大きなやすらぎとなるでしょう

本当に素晴らしいワークでした

私がしっている限りの中では
世界最高峰のワークだと思います
正直であり、率直であり
そこには揺るぎない力強さがありました

ありがとう
本当にありがとう

あぁ
ティッシュぷり~ず!

(Rさん・Mixiでのコメントレスより、許可を頂いて転載)



82a6_convert_20100323020451.jpg




二日間の江の島ワーク、開催して下さいまして本当にありがとうございました('∇`)
こんなに素晴らしいワークを開催できるのは映蓮さんしかいらっしゃらないと思います。
映蓮さんのダンスはインチャイちゃんが大喜びしてるのがよ~く分かりました。
優子さんのダンス、神がかっていて、感動しました。
ベリーダンスレッスンも本当に楽しかったです!

龍神と女神が融合するクライマックスで私が感じたものは、「混沌としても良い」でした。
それまである意味、女性という均一なエネルギーが心地良く女性の素晴らしさを
感じきったところでして、良い感じでライブを迎える状態でした。
龍神たちと一緒になると、場に女性とは違う、異質なエネルギーが入り交じり、
混沌としはじめたように感じました。

私は男女のドロドロ劇が苦手でした。それは混沌としてしまうことへの恐れでもありました。
混沌の中から創造が生まれるのだから、それを避けて通ることは違うと気がつきました。
大きな変容が始まりそうです。

それから、夜のレストランの「危機的状況」(爆笑)も
大きなメッセージだったことに気付きました。
私は料理する時に味見をしないのです~ぅ!
正確には自信がなくて、味見できないのです(笑)。
注文したのは大好きな彼の好物のトマトパスタでした。
彼との関係において、料理が不味い女でいるのは危機的状況だと分かりました(笑)。

本当に本当に楽しかったです。

いつも、本当にありがとうございます!!

(Iさん)



d772_convert_20100323021045.jpg



清水の舞台から飛び降りる気持ちで参加した
ダンスワークでしたが、結果として
「参加して良かった!!」です。

ほんのちょっぴりだけど、自分を解放できたような気がします。
でもまだまだ「自分を出しちゃいけないっ」という理性の子?なのか
それとも恥ずかしがり屋の子?なのか・・・が必死になっているようでした。
あと、気づいてはいたけど、今までクローズアップされてこなかった
チャイルドを見つけることもできました。

ワークの前日、そしてワーク当日13.14日も体調は今一つ、
特に昨日はライブの直前から、どうしよう・・・と思うくらい頭痛がひどくなり、
ライブを心から楽しめなくなってしまいました。

でも最後の曲になり「最後だから・・」と思い、鈴を置いて席を
立ち踊り始めました。
私は運動音痴かつリズム感もなく、エアロビの教室でも
周りの人よりリズム、ステップが3テンポ程ずれていて、
人前で踊る、それも男性の前で踊るなんてホントに
とんでもないっっというヒトなのですが、
踊っているうちに、だんだんと無意識にミョ~に軽快な
ステップをふんでいる自分に気づき、ホントに驚きました。

きっと私の本質の「THIS IS IT」のガイアガールが
目覚めた瞬間だったのかも・・・

映蓮さんの踊り、素晴らしかったです。
水を得た魚のように、生き生きとしてましたね。
私の知っている「セラピスト 映蓮」ではなく、
私が今まで見たことのなかった
「神の踊り子 映蓮」が舞っていました。

5月のお泊りワークも事情が許せば、ぜひ参加したいなぁと
思ってます。

ありがとうございました。
 
(Eさん)



c13b_convert_20100323020730.jpg



********************************************************

あらためて、皆様、ありがとうございました。

この他、ワーク中、あるいはワーク直後、
鏡を見て自分の表情の明るさに驚いた、とか、
肌がつやつやしている、とか、
体重が減ったとか(←私=映蓮は、いつもWS後2kg近く減ります⇒すぐ戻ります(爆))
急に習い事を始めたくなったとか
運動/ダンスを始めた、などなど
直接、身体に表れる変化が多いのも
エクスタシーダンスの女性性ワークの特徴ですね。



さて、来る5月22、23日の長野のエクスタシーダンスのワークショップのテーマも
また、これまでと趣が少し変わって、更にまた進化し続けるテーマが
「降りて」来ています。

詳細は近日中にアップしますが、
今度の長野でのテーマは、

【自分に触れる・・・自然に触れる・・・宇宙に触れる・・・
宇宙とのコンタクトダンス・星降る夜のコズミック・エクスタシー】
!!


ですっ!!!きゃ~~~!自分で書いてて興奮!!乞うご期待!!



関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する