~ 天空の抱擁 ~ Celestial Embrace

人は誰でも心のあるがままで天に抱擁されている…
0

エクスタシーダンス1Dayマラソン?!

ブログではお久しぶりです…汗

次回のダンスワークはいつですか?と、
ありがたいお声を頂きつつも、
年末のダンスイベントのインパクトが
あまりにも大きく、また、この年越しから1月にかけての
パワフルな変容のウェーブが心地よくもあり、
「次」のインスピレーションを信頼して、待っている状態でした。

それが一度やってきたものの
修正が入る、ということを経て、
今日の段階では、まだすべてを明記できないのですが、
自分でも、びっくりの、まったく考えもしなかった、
壮大な?!ワークの啓示?!がやってきたので
一応、今の段階の流れを今日、お知らせしておきます。

あ、いま、「流れ」って書いた、ね。

流れ、なんだね。流れがあるのです…一連の…(^_^;)


それで、結論から言いますと、

今年6月くらいまで、つまり、この1年の前半にかけて、
エクスタシーダンス1日ワークのマラソン?!!みたいな
感じになります…え!なるの?! そう、なるんだ!


ご存じの通り、
今年は2011年です。


それが何を意味するか、それぞれ色々な、
知識やら感覚やら情報やらお持ちでしょう、
2012年の前の年になります。


それが何を意味するか、に意味があるのではなく、
それが何を意味するにせよ、
今、何なのか、今をどう生きるか、
2011年をどう位置付けるか。


いつも個人セッションやグループワークを通じて、
また私自身の人生を通じて受け取ってきた、

【二元性を抱きしめる】
【二元性を味わい尽くし、愛しみ、超えていく】
【二元性を内包する、円の意識】

これらを、キーワードとして、

エクスタシーダンスの真の意味である、
「あらゆる感情を抱きしめ、あらゆる状態を味わい、
全身全霊で今ここに存在することの、
そしてそれを抱擁する、
至福の喜びを味わう。」

の、一連の1Dayワークショップを

全3回。

ほぼ3週間くらいの間隔で行い、

この、「3(次元)を超えて」4回目にあたるパートで
6月に2日間の合宿でしめくくる流れになりそうです。


現時点ではっきりしているのは 
(とはいえ、これもまた後日あらためて詳細をアップしますが)
一回一回のワークは、短時間ではなく1日かけて
じっくりゆっくり。
参加者の皆さんのいつもの素晴らしい誠実なシェアの時間を
なるべく多くとっていきたいと思っています。



【春のE-Danceマラソン:二元性を抱きしめ超えていけ】(仮)

パート1:3月13日(日)午前~夕方までの1日WS。
場所:横浜市、男女共同参画センター「フォーラム南太田」
テーマ(仮):セクシュアリティとスピリチュアリティ
    聖母とマグダラのマリア、淑女と娼婦
    聖なるものと、性なるもの

パート2:4月3日(日)同じく1日WS。
場所:横浜市磯子区杉田劇場
テーマ(仮):オープンとクローズ
(開いていること、閉じていること)
    受け取り与えること、ハレとケ、
開放することと内包すること
    静と動

パート3:4月29日(祝・金)同じく1日WS。
場所:横浜市港南区・あーすぷらざ
テーマ(仮):大人と子供。 
    アダルトチャイルドとインナーチャイルドの世界。
    自立することとよりかかること。
    愛することと愛されること。
    守ることと、守られたいこと。
    表現する自由と表現しない自由


パート4:6月ごろ神奈川近郊にて
    2日間の合宿が、ハプンする予感。
テーマ(仮):あるがまま 男性性と女性性(陰と陽)
    ただし、この合宿では、テーマというよりも、
    非構成的要素を、というより、もうそのまんまの、
    非構成的エンカウンターグループの要素を
    濃くしたいと思っています。
    (後日発表します)



ん?なぜか会場がだんだん、南下していってる・・・



上記は勿論、すべて参加でなくても大丈夫ですが、
一日じっくりやるため一回の参加費は、いつもの短時間に比べると
かかってしまいます。
パート1~3までの全参加のお申込みを早く頂いた方は、
少し割引をさせて頂きます。
(単発参加9000円。3回だと計24000円の予定。)

後日詳細をあらためてご案内します。




ふと、気づきました。

いや、前から気づいていたのですが。


私の人生に、Eという文字がとても重要な意味を持っていることを。

Embrace
Ecstasy
Enlightenment
Enjoyment
Evolution
Expression
Encounter

English
Eiren

En…縁・円(サークル)


なんというか、
とにかく、すべてをEmbrace(抱擁)し、される瞬間に
Enが存在するというか。

今年は、そんな感じで進んでいきます。

さっきも書きましたが、2011年。
2012年の前の年です。


色んな枠をはずし、超えていく中で、
今あるものを抱きしめて、バンジージャンプ。

世の中、断捨離という素敵な流行?もありましたが、
手放すことにやっきにならずとも
バンジージャンプする時は、やってきます…


では、ひとまず、大まかな、ほんっとに、
おおざっぱなまんまを、ひとまず書きました。


もう少し具体的なことは、また後日あらためて。

この旅を、縁ある皆さんと、
必然のタイミングでご一緒できるのを
楽しみにしています。

アムリタ_映蓮

※エクスタシーダンス(映蓮バージョン)とは:
基本的に各自が音楽に合わせて、自分の内面と外の両方を感じながら
自由に踊る(動く)スピリットダンス。
特に、自身の官能性/感応性を意識して、自分の奥にある内なる声や女性としての個性や
セクシュアリティを表現することを探求するのが特徴の、ダンス・メディテーションです。
人に「見せる」ための踊りではなく、自分が自分のために心地良さ、気持ちよさ、
内面の状態や、身体が望むことを感じて心身の解放をしていくもので、
基本的にはほとんどの時間、「目を閉じて」踊ります。
自分の好きな装いでいることや、好きなものを身につけたり、何か(小楽器など)を
手に持って踊るなどして、女性エネルギーの自己表現を探っていきます。
ダンス経験はまったく不問。(特定のステップや振り付けなどは一切ありません。)
参加者のご感想などは、ブログをご参照ください。


関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する